スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

新「iPhone SE(第2世代)」はゲーミングスマホとして使えるのか?検証レビュー

SNSやネットニュースでは、Appleから発売された、iPhoneのSEシリーズの最新モデル「iPhone SE(第2世代)」(以下新SE)の話題でもちきりですね。

新SEは、低価格モデルにも関わらず、Appleの最新最上位のプロセッサーA13チップを搭載した高コスパ端末です。

先日、実機レビュー記事を投稿しましたが、今回は新SEはゲーム用端末として使えるのか?改めて処理性能について検証をしてみました。

iPhone 新SE(第2世代)スペック

最初に処理性能についてのみ、簡単にまとめてご紹介します。
カメラや筐体・スペックなどの詳細につきましては端末レビュー記事をご覧ください。

OS iOS 13
SoC A13 Bionic
ニューラルエンジン 第3世代
ディスプレイ 4.7 インチ
1,334 x 750
RAM 3 GB
ROM 64 GB / 128 GB /256 GB
バッテリー 1,821mAh

 

処理性能

新SEは、SoCにiPhone11シリーズと同じ「A13 Bionic」を採用したハイエンド端末です。
A13 チップは、高性能な処理に使うCPUが2コア(Lightning)と、消費電力が低く性能が求められない処理に使う高効率CPU 4コア(Thunder)を組み合わせて動作しています。この高効率コアにより、iOS全体の処理による消費電力が大幅に減少しているとしています。
またGPU性能は、A12より20%高速なグラフィックス性能を備えています。

 

AnTuTuベンチマーク

最初にAnTuTu ベンチマーク (v8.1.0)の処理能力テスト結果を紹介しておきます。

ベンチマーク総合スコア:  48,6658 ポイント

CPU: 151,167 ポイント
GPU: 188,924 ポイント

iPhone11/11 Proでは、総合スコア約52万から56万ポイント。GPUスコア約20万から23万ポイントとなっています。11シリーズはメモリ4GB積んでいるのに対し、新SEは3Gなので仕方ないのでしょうが、思ったより差が開きました。
11シリーズと同じCPUを小型ボディに詰め込むので、クロック数を落としているという噂もありますが、真偽は不明です。

ちなみにiPhone8までは、メモリ2GBでしたが 新SEからは3GBへと増量されました。
内部ストレージ容量は 64GB/128GB/256 GBの3モデル。レビューで使っている端末は、iPhone8では無かった 128 GBモデルです。

 

充電・バッテリー

バッテリーの容量は、iPhone7/8から据え置きの1,821mAh。18W(9V /2A)までの急速充電とQiワイヤレス充電にも対応しています。
急速充電は、別売りのPD(PowerDelivery)対応ACアダプターが必要で、クアルコムのQuick Charge規格には未対応となっています。
ちなみに付属のACアダプターは5V / 1Aと相変わらずの遅さです。
しかしながらバッテリー容量そのものが少ないので、充電速度はあまり気にならない項目でもあります。

 

ゲーム検証

A13チップを搭載しているので、どんなゲームをプレイしても処理性能に関しては、満たしているはずです。しかしながら、CPU以外はiPhone8とほぼ同じスペックです。冷却システムやバッテリーにしわ寄せが来ないのか疑問を持ちました。

前回、ベンチマークアプリを3回連続で回して、端末に負荷を掛け続けて検証した時には、端末の温度が約42℃まで上がりました。
この時、Antutuベンチマークスコアは、回すごとに落ちて48万➡45万➡39万ポイントまで下がりました。

端末パワーを求められる3D処理グリグリのゲームをプレイして、実際にゲーミングスマホとして使えるのか検証してみます。

 

PUBG

そこそこグラフィック処理が重いゲーム「PUBG mobile」をプレイしてみました。

「グラフィック」は、最高で「HDR」「極限」まで設定が可能でした

この高精細設定で、ゲームをプレイしてみました。

 

1プレイ約20分後の端末温度は 37.7℃▼

今回はグラフィック設定を最高にしましたが、少し落とせば、端末の負担が減って熱も軽減されると思います。

ゲーム自体は快適で、その後もプレイを続けましたが37℃以上には上がりませんでした。
熱により画面がカクカクしたり、描画が遅れたりする事もありません。PUBGは、非力なスマホでプレイすると、遠くの描画が遅れてしまいがちですが、新SEでは全く問題なくパッパと描画されます。
しかしながら、やはりディスプレイが小さいので、FPSには少し厳しいです。

【バッテリー】
気になったのがバッテリー容量。20分で約13パーセントも減ってしまいました。
A13チップで省電力化されているとはいえ、約1,800mAhでは3Dグラフィックがぐりぐりのゲームプレイには少し寂しい気がします。

 

NBA 2K20

プレステ4でも人気のバスケットボールゲーム「NBA 2K20」を息子にプレイしてもらいました。
こちらも3Dグラフィックの描画には、端末性能が求められるゲームです。

 

こちらは長時間プレイしても 31.9℃までしかあがりませんでした。

ゲームも全く問題なくプレイできますし、描画のカクツキや遅れなども一切なし。

 

新 iPhone SEゲーム検証まとめ

新SEは、iPhone11シリーズと同じプロセッサー「A13 Bionic」を、ミドルレンジ端末iPhone8のボディに詰め込みました。
その事で熱暴走などの不具合が出そうだと考えていましたが、処理能力が求められるゲームを長時間プレイしても、何も不具合がありませんでした。むしろ快適にプレイできたほどです。結局は「A13チップの性能が優れている」という結論に至りました。
疑ってごめんなさい🙇

それでいて4.4万円から買える低価格モデルとは、素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。

ただし、バッテリーの減りが早いのが気になります。またディスプレイが小さいので、バフ・デバフなどのアイコンが良く分かりません。同じゲームを大画面でプレイすると「あぁ、こんな意味だったのか」と再確認する程です。
それでも熱暴走も無く、長時間快適にプレイできる事は確認できました。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top