缶ビール自作Wifiブースターで簡単にスマホの速度を上げる方法

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ビール缶wifiブースター

後少し速度が出れば、途切れる、遠くまで飛ばしたい、、とイロイロ電波を増強したいwifiですが皆さん何か工夫されていますか?筆者もアンテナの角度を変えたり、コードの届く範囲で置き場を移動したりと「少しでも速度が出てほしい」と常に考えています。

今回はビール缶一つで簡単に速度を上げる事ができる「ビール缶wifiブースター」というwifi速度を上げる小技をご紹介します

スポンサーリンク

ビール缶ブースターとは

みなさんは八木式アンテナをご存じでしょうか?八木式アンテナとは、テレビアンテナに採用されている棒を組み合わせたアンテナです。

アンテナの一番外側の長い棒は、真ん中の受信部に電波を反射させる為だけに存在しており、この棒の存在でアンテナの感度が画期的に向上した発明です。

この「ビール缶ブースト」ではwifiルーターは飛ばす側ですが、反射板を付ける事で電波をブーストできるのではないかという発想のアイデアです。

ビール缶ブースターの作り方

作り方は簡単で350mlのアルミのビール缶を下図の点線のように切ります

点線を切る

飲み口の部分を残して切り下図のようにして完成

完成ケイ

ルーターのアンテナを飲み口に挿し込んで完成
2015-08-19 12.39.57_R

ビール缶ブースターの速度計測

さっそく、缶ブースターが本当に電波を増強するのかテストしてみました

ノーマルのルーター計測

ノーマル状態

最初に何もつけないノーマル状態のルーターで計測

ルーターは1階に置いて、鉄筋の建物内2階と3階で計測してみました

2階「-67dBm」3階「-75dBm」

ノーマル計測

ビール缶ブースター装着

もう一つオマケに下にもビール缶を装着して、缶ブースターを計測

ブースター装着

2階「-58dBm」3階「-74dBm」

2階は明らかに速度が上がりましたが、3階は気のせいレベル

計測結果

ついでに更に大きなアルミ反射板を追加してみました

アルミ反射板

これは野外でコンロを使う時用のアルミ風防です

2階「-58dBm」3階「-74dBm」アルミ缶だけの時と全く同じ

 

変わらず・・

アルミ缶ブースターまとめ

筆者は4・5年前から装着していますが、アンテナの向きがピタッと合った時には効果が実感できました。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - テクニック, 工作・実験 ,