1台あるとスマホ撮影の全てに使える三脚・一脚・スタンド4in1のBluetooth自撮り棒【おすすめレビュー】

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スマートホンに内蔵しているカメラ性能が日々進化し続け、観光地ですらコンデジを使っている人が少なくなってきました。
当ブログでも撮影した画像をPCに同期する簡単さから、スマートホンで撮影した画像を使っています。アナログズームが必要な場面以外では、スマホ撮影で十分間に合ってしまいますね。

しかし、そんなスマホ撮影で困る事がスタンド(三脚)問題。今まで百均のスマホスタンドから始まり、ミニ三脚類などを幾つも渡り歩いて来ました。
それでも高さが足りなかったり、不安定なモノが多く、納得のいく三脚を見つける事ができませんでした。
そんな中、ダメ元で買った4in1のBluetooth自撮り棒が予想に反してスグレモノでした。当初、ブログでご紹介する予定は無かったのですが、使う程に便利で良い品でしたので急遽製品レビューを投稿する事にしました。

スポンサーリンク

IEASY Bluetooth 自撮り棒

最長延長:68cm
材質:アルミ合金 プラスチック
スマホホルダー幅:3.5インチから6インチまで
重量:150g
耐荷重:2kg
充電時間:約20〜30分間(充電環境より異なります)
Bluetooth 3.0
対応:iOS6.0以上/Android4.2以上
使用距離:10メートル(30フィート)

取説などは一切なく、裏側の英語説明欄だけ▼

 

製品レビュー

小さく畳むギミックが秀逸で、ペンライト程しかありません▼

 

手に取ると小ささが分ります▼

 

アルミフレームでできていますので、重さも約150gしかありません▼

 

使う時はスマホホルダーを立てます▼

 

このホルダーには6インチのスマホまで挟めます▼
※重さ2kgまでの荷重に耐えられるとありますが、さすがに2キロは無理だと思います。手元にある激重スマホは楽勝でしたので、市販されている端末はほとんどイケると思います。

 

Bluetoothのリモコンシャッターは収納式で取り外せます▼

 

リモコンはMicroUSBで充電▼ボタン電池不要が良いですね

セルカ棒として使う

伸ばすと自撮り棒として使えます▼

 

リモコンでシャッター撮影▼

 

三脚として使う

自撮り棒の下部分を割ると三脚として使えます▼

 

重いスマホを装着しても安定しています▼

 

最長で65cmくらい▼

 

リモコンを使えば集合写真も撮影できちゃいます▼

 

 

一脚として使う

伸ばして三脚を開かなければ一脚としても使う事ができます▼

65cmしかないので地面につけての撮影はできませんが、机や物を使った撮影は安定します。ただしロック機能が無いので、強く下に押し付けると棒が縮んでしまいます。やさしい力加減が必要。

 

スマホスタンドとして使う

三脚にすれば動画鑑賞用のスマホスタンドとしても使えます▼

机で椅子に座って観る時には目線と合って良い高さ▼

 

まとめ

最近、今回ご紹介したようなギミックの4in1自撮り棒が主流のようで、Amazonでは大量に販売されていました。選んだ基準は、アルミ製で軽い事、Bluetoothワイヤレスリモコンである事、コンパクトに畳める事、三脚で60cm以上に伸びる事の4点。
最終的には3製品まで絞られましたが、セールで安かったという理由だけでコレにしました。ネジ式雲台付きの製品も販売されていますので、コンデジやGoProなどでも三脚として使いたい場合、そちらが良いかもしれません。

ちなみに先日エントリーしたドローンの撮影でも活躍しています。プロポを操縦しながらのリモコン撮影が出来て便利でした▼

動画撮影でも三脚として機能しています▼


結構な高さの三脚になりますので、ユーチューバーなどの動画投稿者の予備・サブ端末用としても良さげです。

最後まで悩んだ類似製品も載せておきますね▼

ネジ式雲台付き▼

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 1台あるとスマホ撮影の全てに使える三脚・一脚・スタンド4in1のBluetooth自撮り棒【おすすめレビュー】"

 - ガジェット/端末レビュー ,