スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【実機レビュー】次世代ルーター「ASUS RT-AX56U」最大48台接続Wi-Fi 6(11ax)対応機!超快適でお勧め!

2020年 4月24日、ASUSよりWi-Fi6(802.11ax)対応のエントリーモデル・ルーター「RT-AX56U」が発売となりました。

新iPhone SE(2020)をはじめとした最新端末では、次世代の高速無線LAN規格「Wi-Fi6(11ax)」に対応したスマートホンが主流になってきました。それに比例してルータも、新規格対応機への買い替えが加速しています。
私も発売日直後に予約をしていましたが、品薄が続いており先日ようやく手元に届きました。

このRT-AX56Uは、AX1800クラスの高速WiFiで, Wifi6規格対応に加えてメッシュWi-Fiにも対応しています。更に、低価格機にも関わらず 最大48台のデバイスの同時接続が可能という盛沢山なスペックです。
我が家では最近、テレワークでWi-Fiの接続台数が増えたことで、WIFI回線が不安定になっていましたので、発売と同時に飛びつくように買い替える事にしました。

数日間使ってみてのレポートと、製品のレビューをエントリーしてみます。

ぶっちゃけ最高です!買って良かった 😀

 

Wi⁻Fi6(11ax)のメリットについて

まず簡単にWi-Fi 6(11ax)について解説をしておきます。
Wi-Fi 6(11ax)の最大の魅力は 通信速度の速さ。理論上の最大通信速度は、「Wi-Fi 5(11ac)」と比べて約1.5倍も高速です。
今後、4K, 8K対応の動画配信サービスも予想されますし、ゲームではコンマ何秒を争うFPSのプレイなどで有利にプレイできそうです。

またWi-Fi 6(11ax)は「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術によって、多くのデバイスが同時にWi-Fiに接続されている状態でも、通信の順番待ちが発生しないため、快適にWi-Fi接続を維持する事ができます。

さらにWi-Fi 6は、スマートフォンなど子機側のバッテリー消費を抑える「TWT(ターゲットウェイクタイム)」という技術が採用されているので、バッテリーを長持ちさせることができます(TWT対応スマートフォンが必要)

 

ASUS RT-AX56Uスペック

データ帯域 802.11ax (5GHz) : 最大 1201 Mbps
802.11ax (2.4GHz) : 最大 574 Mbps
802.11ac (5GHz): 最大 867Mbps
802.11n : 最大 300Mbps
802.11g : 6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps
802.11b : 1, 2, 5.5, 11 Mbps
802.11a : 6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps
間取り目安 戸建 3階建て/ マンション 4LDK
PS4、ニンテンドーSwitch対応 対応
ゲームブースト (Adaptive QoS) 対応
ビームフォーミング 対応
メッシュ機能 対応
スマートコネクト あり
最大接続台数 48 台
簡易NAS機能
(Samba共有)
対応
ポート数 有線LANポート x 5
・WAN側(RJ-45)×1、
・LAN側(RJ-45)x 4
USB 2.0 x 1
USB 3.1 x 1
アンテナ 外付けアンテナ×2
アンテナ仕様 MU-MIMO技術対応
2.4 GHz (2 x 2)
5 GHz (2 x 2)
CPU 1.5GHz、クアッドコア
メインメモリ 512 MBメインメモリ
256 MBフラッシュメモリ
セキュリティ機能 WPA3-Personal, WPA2-Personal
WPA-Personal, WPA2-Enterprise
WPA-Enterprise
サイズ 幅 223.5
高さ 47.5
奥行き 129.3 mm
重さ 456 g

 

開封レビュー

 

【セット内容】
 RT-AX56U本体
 ACアダプター
 LANケーブル(1.5m)
 取扱説明書・簡単セットアップガイド
 簡単セットアップガイド

 

 

筐体レビュー

ルータ本体は、横置き型でアンテナ2本タイプ。何だか「触覚を広げたアリの頭」とか「仮面ライダー」みたいな感じです▼

 

インターフェイスは、WAN側(RJ-45)×1、, LAN側(RJ-45)×4、USB 2.0×1、USB 3.1 Gen 1 x 1。
リセットスイッチとWPSボタン、電源ボタンが背面に配置されています。

 

裏面には壁掛け用の穴が開いています▼

 

LEDは白色8灯で状態を確認できます▼

 

Sambaサーバ機能が付いていますので、USBポートに外付けハードディスクなどを差し込むだけで、簡易的なLAN内ネットワークドライブとして利用する事が可能です。

 

設定・機能

設定は、ブラウザを使ってASUSルータお馴染みの画面から行います。Wi-Fi6になった事でメッシュノード(AiMesh)項目が増え、WPA3-Personalに対応したりと色々と増えていますね。

 

Wifiに接続後は、スマホアプリを使っても設定が可能です▼

 

初期設定は、詳細設定を使わずともウィザード画面からもできるので、ASUSルータ初心者や機器に詳しくない方でも簡単です▼

 

AiProtection機能

ASUSルータの魅力の一つに「AiProtection」機能があります。AiProtectionでは、トレンドマイクロの技術を採用しており、マルウェアやウィルス、不正アクセスをブロックし、安全なネットワーク運用が可能となります。
またペアレンタルコントロール機能が付いているので、子供のWIFI端末などのアクセス制限が可能です。

 

ネットワーク保護

ここではウィルスや、セキュリティ状態をスキャンする事で、現在の危険な設定項目をチェックする事ができます。
悪質危険サイトへのアクセスブロックや、脆弱性をついたランサムウェアからの保護など、是非オンにしておきたい有用な機能です(デフォルトではオフです)

 

ペアレンタルコントロール

ルータのペアレンタルコントロール機能を使う事で、子供のパソコンやタブレット端末などを、危険サイトやアダルトサイトへのアクセス、該当アプリの通信を制限する事ができます。
スマートホンのペアレンタルコントロールは、サービスや端末の機能を使う事で掛ける事ができます。しかしWi-Fi専用端末では、デバイスに機能が付いていないとお手上げなので、子供が居るご家庭ではルーターの必須機能ですね。

メニューの「AiProtection」から「ペアレンタルコントロール」を選択▼

 

「クライアント名」のプルダウンを開くと、Wifiに接続した機器が一覧で表示されます。「Show offline client list」をクリックすると、現在はログインしていない端末も表示可能です。

ここからWEB閲覧を制限したい端末を選択し、「コンテンツのカテゴリー」よりブロックする項目をチェックを入れ「+」をクリックして登録します▼

 

ペアレンタルコントロールの「時間制限」機能を使うと、子供がインターネットに接続できる時間の制限も可能です。

使用を許可する時間を塗りつぶす事で、指定した端末は、スケジュール以外の時間にネットにアクセスする事ができません。

 

スマートコネクト機能

RT-AX56Uにはスマートコネクト機能が搭載されています。
スマートコネクト機能とは、デバイスのスピード性能、混雑状況に応じて2.4GHz 、5GHzの帯域を自動的に割り当てる機能です。
この機能を有効にすると、SSIDが1つにまとめられシンプルに管理する事ができます。

しかしながら、私の環境では規格が古いデバイスでSSIDが表示されない不具合や、接続が安定しないデバイスもありましたので、オフにしています。

 

回線の接続・スピードについて

最近では在宅ワークやオンライン授業の影響で、慢性的なネット渋滞が続いており、ネットワーク自体のスピードが出ません。
そのためWi-Fiの速度が上がっても、超高速を体感していませんし、数値で実測する事もできていません。

また電波の届く範囲については、以前使っていたルーターとあまり変わりませんでした。しかしRT-AX56Uは、電波が微弱な状態でも明らかにスピードが速く、安定して通信できます。

またWifi6の威力ですが、ルーターから離れてWi-Fi5(11.ac)とWi-Fi6(11.ax)を比べてみると、むしろWi-Fi5(11.ac)の方が少しだけ遠くまで電波を掴めます。

試しにルーターを1階に置いて、屋上(地上4階)でもWifiにつながりましたが、11.axのiPhone SE(2020)では電波が掴めませんでした。

iPhone7は、Wifiアンテナが2本立っていますが、iPhone SEは電波を掴めず4G接続▼

 

PS4などのゲーム用のモニターは、2階のリビングの隅に設置しているのですが、今までは接続が不安定で途切れる事が良くありました。
新ルーターに替えてから「スプラトゥーンをプレイしても、電波が切れて負け判定される事が無くなった」と息子が一番喜んでいます。

 

最大接続台数が魅力

新ルータに変更した事で、Wi-Fi6対応機器に限らず、全ての機器が明らかに速く・安定して快適になりました。

特にRT-AX56Uの機能で助かっているのが、最大の同時接続台数が48台もつながる事。他のWifi6ルーターと比べても突出しています。オフィス向けルーター並みですね。

以前使っていたルーターは、最大18台までしか同時接続できなかったので、接続台数が増えると、途切れたり重くなったりWi-Fiが不安定になっていました。
スリープ状態のデバイスでも、ルーターの「DHCP リース」には暫く残っているので、18台なんてスグに一杯になっていました。

直前まで使っていた縦置き型ルータと並べてみます▼

ちなみに今まで使っていた「ASUS RT-AC68U」は、まだ現役で販売されている人気モデルですが、我が家の過酷な接続台数では限界でした。

家族がそれぞれスマホとノートPCを1・2台持っており、更にタブレット、iPad、kindle、ゲーム、プリンター、Chromecast、Fire TV、スマートスピーカー3台、TVBox、スマート家電類…レギュラー機器だけで約19台近くあります。たまに接続する大型タブレットやアクションカム、ミラーレス一眼、ハードディスクレコーダーなんかを加えると、トータルで40台以上になると思います。

特にテレワークが始まって以来、家族それぞれが接続するデバイス数がグンと増え、夜になるとWifiが不安定になり、毎日のようにルーターをリセットしていました。

しかしながらRT-AX56Uは、接続台数が増えても途切れたり遅くなる事もありません。一週間近く使っていますが一度もリセットしていません。

その中でもWi-fi6接続しているiPhone SE(2020)は、接続デバイス台数が増えた時には一番Wifiが安定しているのが実感できます。

RT-AX56Uを購入してから、Wi-Fiの重い・途切れる・つながらないトラブルから解放されました。

 

ASUS RT-AX56U・価格・販売まとめ

RT-AX56Uは、ASUS独自のWi-Fiシステム機能「AiMesh」を使えば、複数のルータを使ってメッシュネットワークを構築する事も可能です。メッシュネットワークは、Wifi中継器を使うより強固で、安定した接続が得られるのが魅力です。

RT-AX56Uの価格は、1万4,000円。
RT-AX56Uは、Wi-Fi6対応メッシュルータとしては最安値クラスだと思います。1台約1.1万円なので、2万強からメッシュネットワークが構築できますね。

 

ASUS RT-AX56U
AX1800デュアルバンドWiFi 6 ( 802.11ax )
The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top