LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【iPhoneアプリ】epub電子書籍,青空文庫形式テキスト、PDFファイルを読み上げ朗読してくれる神アプリ「Voice Dream Reader」使い方レビュー

今回は、私が日常的に一番使っているアプリ「Voice Dream Reader」をご紹介します。

もともとiPhoneには、画面上の文字を音声で読み上げてくれる機能が搭載されています。ブラウザに表示したニュースや、テキストファイルを読み上げてもらい “ながら聴き” ができて便利な機能です。

しかしながら、少し長い文章は途中で止まってしまうので、小説などの長文を読み上げてもらう方法としては使えません。
自炊した本やテキストを朗読してくれれば便利なのですが、数時間にわたる文章をページ送りしつつ読み上げてくれるという芸当は到底できません。

私は Amazonの朗読サービスAudible (オーディブル) にも入っていますが、ラインナップが限定的で、月額料金も高額なので入会・退会を繰り返しています。

私は、自炊した小説のPDFファイルや、長年コレクションしている青空文庫形式の本やePubの電子書籍を大量に持っています。Kindleに最適化して文字でも読んでもいますが、最近は忙しくて音声で朗読してもらって聞く事の方が圧倒的に多いです。

Voice Dream Readerは、複数の音声読み上げエンジン(iOSエンジン、他にAcapela社、HOYA社、Ivona社)を採用しており、自然な読み上げが可能です。NeoSpeechはHOYAのVoiceTextがそのまま使え、モヤモヤさまぁ~ずでお馴染みのSHOW君の声、ニコニコ動画のMisakiに朗読してもらう事なんかもできます。

仕事中やジョギング、散歩、運転中は、音楽配信サービスやPodcast、ラジコと並び、本の朗読を聴いています。

Voice Dream Reader

開発: Voice Dream LLC
評価(4.3/5) ¥2,440※アプリ内課金あり
 

 

対応ドキュメント形式

  •  PDF、プレーンテキスト、MS Word、MS PowerPoint、RTF、Google Docs、Apple Pages
  • ウェブ記事
  •  DRMフリーのEPUB eBook
  •  Bookshareブック
  •  DAISYテキストベースブックおよびオーディオブック
  •  MP3、MP4、ZIP MP3形式のオーディオブック
  •  すべてのドキュメントでリッチテキストおよび画像に対応(試行中)

Voice Dream Readerの使い方

アプリを起動してメインで使う言語を選ぶと、日本語では3種類の声から1つ選択する画面になります。

女性の声はMisaki(みさき)とSakura(さくら)、男性の声はShow(ショー)が用意されています。有料となりますが、後から追加で購入する事も可能です。

男性の声のショーは自然で良いのですが、私はテレビの印象が強くて没入できずに購入していません。

 

本の追加方法

ライブラリ画面で、右上の+アイコンをタップして本を追加します。

ファイルやクリップボードに加えて、iCloud、Dropboxなどのオンラインストレージも指定できます。

iPhone内に保存されているファイルを読み込みたい場合、「このiPhone内」を指定すると、他のアプリで読み込んでいるファイルを取りこめます。
普段、私は ComicShare でePub形式の電子書籍を読んでいるので、読書中の本の続きを朗読で聞く事も多いです。

※ちなみに青空文庫形式のファイルは、画像を同胞したzip形式は非対応です。Textファイルのみを読み込むようにして下さい。

 

しおり、目次機能の使い方

しおりは、1冊に何箇所でも挿す事ができます。右上のアイコンをタップするだけ▼

読み上げモード画面で、左下の目次アイコンをタップ。すると「しおり」「目次」「ハイライト」から、読み上げ箇所を指定して飛ぶ事ができます。ちなみに目次はePubファイルでのみ使えるようです。

 

発音辞書機能で読み上げ最適化

デフォルトで読み上げてもらっていると、不自然な箇所が多数あります。
例えば「お父さん」➡「おちちさん」、「お兄さん」➡「おあにさん」、「お姉さん」➡「おあねさん」と任侠映画のようになってしまい没入できません。
「あ~~っ」という文章は、「あ から から つ」と読み上げます。

酷い例をあげると、麻緒(まお)を「あさいとぐち」と発音します。漢字を部首で分解して読んでしまうのには参りました。
この読み違いは、音声辞書機能で読み方を指定する事で改善できます。

音声アイコンをタップして「発音辞書」を開く▼

 

例えばお父さんを「おとうさん」と読み上げて欲しい場合、「お父さん」を一致「任意の位置」に指定して「おとうさん」と入力して保存をタップします▼

読み違いを気が付く度に追加する事で、使い込む程に、精度が上がります。先ほども「海パン」を「うみぱん」と読んでしまうので、「かいぱん」と追加しました。

また青空文庫形式の本を読み上げてもらうと、ルビや字下げなどの指定も読み上げられてしまいます。

↓では、工面≪くめん≫の箇所に差し掛かると「くめん くめん」と二度読んでしまいます。

 

この発音辞書機能では、正規表現(RegEx)も使用可能ですので、一括で≪≫で囲われたルビをスキップする事ができます。

一致:《[^》]+》スキップに指定して保存するだけです。

また置き換え前[[^》]+]として置き換え後を空欄にすると、[]内の指定文字が削除されます。

Voice Dream Readerまとめ

最近では、ジョギングや散歩以外でも AirPods 3で一日中聞いていますね。文字で読むには敷居が高い 青空文庫の純文学でも、朗読してもらうと入って来やすいです。青空文庫形式の電子書籍は結構入手しやすいです。ちなみにePub書籍はDRMを解除(回避)するか、DRAMが設定されていないファイルを用意する必要があります。

声優さんが朗読するAmazonのオーディブルには敵いませんが、私が愛用している Misakiの音声も自然で聞きやすくて気に入っています。
上でご紹介したように、読み方を指定することで不自然さも薄れていきますし、どんどん学習していく感覚も気に入っています。

とにかく私の生活には無くてはならない神アプリです。

開発: Voice Dream LLC
評価(4.3/5) ¥2,440※アプリ内課金あり
 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top