LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

QSD865搭載8Kビデオ撮影対応のハイエンド機「Xiaomi Mi 10T/10T Pro 5G」発表!性能・スペックレビュー

中国メーカーXiaomi (シャオミ)は、5G通信対応のフラッグシップスマホ「Mi 10Tシリーズ」を発表しました。

一見フラッグシップモデルの「Mi 10」の後継機のようですが、実質別シリーズのハイエンド端末となります。

 

Xiaomi Mi 10T/10T Proスペック

  Mi 10T Pro Mi 10T 
OS MIUI 12
Android 10.0ベース

SoC Qualcomm Snapdragon 865
GPU Adreno 650
ディスプレイ 6.67 インチ
2400 x 1080
RAM 8 GB
LPDDR5
6 GB / 8 GB
LPDDR5
ROM 128GB / 256GB
UFS 3.1
128GB
UFS 3.1
外部ストレージ
リアカメラ 1億800万画素(F/1.69):通常
1,300万画素(F/2.4):超広角
500万画素(F/2.4):マクロ
6,800万画素(F/1.7):通常
1,300万画素(F/2.4):超広角
500万画素(F/2.4):マクロ
フロントカメラ 約 2,000万画素(F/2.2)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac /ax
Bluetooth 5.0
バッテリー 5,000 mAh
対応バンド 2G/BGSM:
B2/3/5/8
3G/BWCMA:
B1/2/4/5/8
4G/BFDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/20/28/32
4G/BTDD-LTE:
B38/40/41
5G/Sub6G:
n1/n3/n7/n8/n20/n28/n38/n41/n77/n78
GPS GPS/ A-GPS / Galileo/ GLONASS / Beidou
インターフェイス USB-C
 サイズ 高さ:165.1mm
幅:76.4mm
厚さ:9.33mm
 重量 218 g 216 g

 

Mi10T Liteというエントリーモデルもリリース予定です

 

筐体レビュー


1080 x 2400解像度の6.67インチの有機EL液晶画面。アスペクト比は19.5:9

ディスプレイはパンチホール型ノッチを採用しており、画面左上に配置しています。最高144Hzのリフレッシュレートに対応しており、一番の特徴はフラット画面という点をアピールしています。
144フレーム/秒のリフレッシュレート駆動は、最先端ゲーミングスマホで採用されるレベルで最速クラスです。

 

ディスプレイ及び端末背面は、Gorilla Glass 5コーティングで保護されています。カラーバリエーションははProがコスミックブラック、オーロラブルー、ルナシルバーの3色、無印Mi10Tはオーロラブルーを除いた2色構成です。

 

生体認証は端末側面にある指紋センサーと顔認証の2通りに対応しています

 

 

内部スペック

 バッテリー

5,000 mAhの大容量バッテリーを搭載しており、急速充電は有線33W。ワイヤレス充電は非対応。
バッテリーセルを2系統に分割するする事で、効率的な急速充電が可能としています。

 

プロセッサー/メモリー

SoCにはクアルコムのハイエンド向けチップセット「Snapdragon 865」を搭載しています。
QSD865は、旧世代モデルのSnapdragon 855と比べCPUで25%、GPUで25%の性能が向上しています。AnTuTuスコア(v8)は約 56万ポイント。iPhone 11 Pro Maxの約53万を超える性能となっています。

無印10Tと10T Proでは、メモリー構成の組み合わせも異なります。
無印10Tは(RAM / ROM )6 GB + 128 GB /8 GB + 128 GB 、10T Proは 8 GB + 128 GB / 8 GB + 256 GB
メモリは最新の29%高速な新世代LPDDR5規格、ストレージはのUFS 3.1規格を採用しています。

 

カメラ

無印10Tと10T Proの違いはリアのメインカメラ。10T Proは Samsung のイメージセンサー「HMX, 1 /1.33” 」採用の1億 800万画素(F/1.69)標準レンズのメインカメラに対して、10TはソニーのイメージセンサーSony IMX682採用の6,400万画素(F/1.7)を採用。
10T Proは光学手ぶれ補正(OIS)を搭載していますが、無印10TはOISに対応していません。

サブカメラは、1300万画素(F/2.4)128°の超広角レンズ、200万画素(F/2.4)のマクロレンズ、の合計3眼レンズ構成となります。
シャオミとサムスンが共同開発したメインカメラの108MPセンサーは、高解像度な写真と明るい写真が撮れるのが特徴です。超高解像度を活かして、最大50倍のデジタル望遠が可能です。

【動画撮影モード】

解像度 フレームレート
8K 24 /30fps
4K 30fps / 60fps
1080P 30fps / 60fps
720P 30fps

 

ディスプレイ内にパンチホールとして配置されたインカメラは、 両機に共通で2,000万画素(F/2.24)のポートレートレンズを採用。Ai美肌・美顔モードを搭載しています

 

対応バンド

Mi10Tシリーズは、2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE/デュアル5G待ち受けも可能です。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。またプラチナバンドB19には非対応なので、高い建物の影や地下、郊外での通信で若干弱くなります。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴み難くなります。5G帯に対しては、Sub6のn77、n78に対応しています。ミリ波は非対応です。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。
5G帯に対しては、Sub6のn77に対応しています。ミリ波は非対応です。

AU:LTEバンドB1とプラチナバンドB26(18を内包)に対応しており、 VoLTE SIMが利用可能となっています。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。ミリ波は非対応です。

【 対応バンド 】
2G/BGSM:
B2/3/5/8
3G/BWCMA:
B1/2/4/5/8
4G/BFDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/20/28/32
4G/BTDD-LTE:
B38/40/41
5G/Sub6G:
n1/n3/n7/n8/n20/n28/n38/n41/n77/n78

 

価格・販売

【Mi 10T】

  • RAM 6GB+容量 128GBモデル:€499(日本円で約6万1600円)
  • RAM 8GB+容量 128GBモデル:不明

【Mi 10T Pro】

  • RAM 8GB+容量 128GBモデル:€599(日本円で約7万3900円)
  • RAM 8GB+容量 256GBモデル:不明

10月中にヨーロッパにて発売開始の予定です

 

ECサイト/割引クーポン

発売後は、割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top