スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

国内キャリアフル対応の低価格3眼カメラ端末「UMIDIGI X」発売!スペックレビュー

中国スマートホンメーカーUMIDIGI(ユミデジ)より、ミドルレンジクラスの新端末「UMIDIGI X 」が発売となりました。

今回発売された「 UMIDIGI X」は、MediaTek社製プロセッサーのHelio P60を搭載したミドルアッパーレンジの端末です。
しずく型ノッチの大画面ディスプレイを搭載し、Samsungの4,800万画素 イメージセンサーを採用したトリプルカメラを搭載しているのが最大の特徴です。
UMIDIGI製スマートホンの一番の魅力の、日本3大キャリアのバンドにフル対応は健在です。
ハイエンド端末には手が届かないが、高画質カメラを搭載した端末が欲しい人には嬉しいスペックと価格設定になっています。

UMIDIGI Xスペック

OS Android 9.0(Pie)
SoC MediaTek Helio P60
GPU ARM Mali G72 MP3
ディスプレイ 6.35 インチ
1548 x 720 Pixcels
RAM 4GB
ROM 128 GB
カメラ フロント:16MP
リア:21MP+8MP+5MP
microSD
スロット
最大 256 GB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋/顔
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 4.2
バッテリー 4,150 mAh
対応バンド 2G: GSM
2 /3 /5 /8
3G: WCDMA
1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: TDD-LTE
38 /40 /41
4G: FDD-LTE
1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19
20 /26 /28A /28B /66
インターフェイス USB-C
防水
 サイズ 158.6× 75.6 × 8.1 mm
 重量 202 g
その他 Glonass, Beidou, Galile

筐体レビュー

6.35 インチで1548 x 720のHD+の有機EL(AMOLED)ディスプレイ。アスペクト比は19.5:9 の縦長画面。
“しずく型(ウォータードロップ)” を採用しています。

認証方法はフェイスアンロックに加え、G​​oodixの最新の光学式画面内指紋センサーを採用したインディスプレイ認証方式▼

NFC対応でGoogel Payなどが使えます。FeliCa(フェリカ)は未対応です▼

インターフェイスはUSB-Cを採用(画像では表記が間違えているようです)
最近省かれる事が多い3.5mmオーディオジャックは、しっかりと実装されています。

カラーバリエーションは、クリスタルとバーニングブラックの2色▼

内部性能レビュー

SoCにMediaTek Helio P60を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.1)は約13~14万のミドルアッパーレンジ端末です。
MediaTek Helio P60チップセットは同社が「Mobile APU」と呼んでいる AI演算基内蔵というのが特徴のプロセッサーです。AIタスクを CPU・GPU・APUを活用し、それぞれシームレスに処理するように設計されており、GPUで駆動するAI処理と比較して1/2の低電力で実行できます。ゲームなどにおいては、最大25%の電力効率化としていますのでバッテリー消費を抑えながらプレイできるのが特徴です。
さすがにグラフィック処理が重いゲームには向きませんが、ほとんどのアプリでストレスを感じる事なく操作できるレベルのプロセッサーです。

バッテリー

4150mAhの大容量バッテリーを搭載しており、18Wの高速充電をサポートしています。省電力のAMOLED画面とAI電源管理機能をがバッテリーをセーブするので、24時間以上は電力を供給できるとしています。

カメラ性能

リアカメラの構成は、メインにSamsung GM1イメージセンサー採用の4800万画素(F1.79)のレンズ、サブには800万画素(Samsung S5K4H7)の120°超広角レンズ、500万画素の被写体の3D情報を収集する深度センサー「ToFレンズ」のトリプルカメラ仕様となっています。

メインカメラのイメージセンサー「Samsung GM1」は、1/2インチ4800万画素という超高解像の積層型CMOSセンサーです。1.6μmの大画素サイズで4-in-1 Light Fusionをサポートし、低照度および夜間の写真撮影も得意としています。

120°の超広角撮影が可能▼

フロントは、AIビューティ機能搭載の16MP(F/2.0)カメラ▼

対応バンド / SIM

UMIDIGI Xは DSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。※ SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19、および3G帯のFOMAプラスエリア(B6)に対応していますので、都市部はもちろん山間部や郊外でも電波を拾えます。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEバンドB1,18(26)に対応しており、スペック上は VoLTE SIM での利用が可能となっています。但しAUの場合には実際に使ってみないと分かりませんので、対応状況は未確認です。

【対応バンド】
2G: GSM
2 /3 /5 /8
3G: WCDMA
1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: TDD-LTE
38 /40 /41
4G: FDD-LTE
1 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19
20 /26 /28A /28B /66

まとめ / 価格

UMIDIGI Xは、低価格で高解像度の3眼カメラに加えて、画面内認証機能を採用し、さらに128 GBの大容量の内部ストレージを搭載しています。さらに国内の携帯キャリアにフル対応しているので、日本では人気がでそうな端末です。
この端末の残念な点は、ディスプレイ解像度が1548 x 720ピクセルのHD+画質と低めな点です。せめてFHD+は欲しかったですね。


UMIDIGI Xの発売日は8月26日から、価格は$249.99。発売当初はUMIDIGI公式ショップとアリエク(Aliexpress)内の公式ショップのみでのみの取り扱いとなっています。
UMIDIGI公式ショップでのプレセールでは、最初の1万台限定で同社のワイヤレスイヤホン「UMIDIGI Upods」がプレゼントされます。

【Aliexpress内公式ショップ】UMIDIGI X
【UMIDIGI公式ショップ】UMIDIGI X

海外ECサイト各社から割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top