自転車に乗りながら合法的に音楽を聴く方法とお勧めチャリ音楽ガジェットまとめ

      2017/03/24

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

818-sBCkJYL._SL1500__R

2015年6月1日より、自転車の危険運転についての「改正道路交通法」が施行され、危険な自転車運転をする人に安全講習を義務づけられる罰則が設けられました。東京都は「片耳イヤホン」ならセーフで、他の県ならアウトなのか?などという事でも大きな話題になりました。
また、傘をさして自転車に乗る事も「危険運転」とみなされるので、今まで以上に慎重になっている人も多いと思います。
しかし、筆者をはじめ「自転車に乗りながら音楽が聴きたい!」という衝動が抑えられない方も多いと思います。そこで今回は、自転車に乗りながら合法的に音楽を聴くオススメ方法をご紹介します

スポンサーリンク

サイクルスピーカー

「改正道路交通法」以来、サイクルスピーカーというジャンルが確立されつつあり、様々なサイクルスピーカーが登場しています。

 

ロードバイクなどのボトルホルダーに装着できるボトル型スピーカー▼

こちらもボトルホルダーに装着できるボトル型スピーカーの防水型▼

ボトルホルダーに装着型できるスピーカー▼

ハンドル装着型バッグの表面がスピーカーになっているタイプ▼

自転車用ツールケースにモバイルバッテリーとスピーカーが一体になっているタイプ▼

シンプルなサイクルスピーカー▼

ライト・Bluetoothスピーカー・カメラシャッターリモコン内臓のBTスピーカー▼

ライト・Bluetoothスピーカー・MP3プレイや内臓の多機能BTスピーカー▼

サイクルスピーカーを使う際に注意して欲しい点は、イヤホンを使用していなくとも、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態まで、大きな音を発しながら運転した場合に違反となります

「道路交通法第71条(運転者の遵守事項)第6号により、東京都道路交通規則(東京都公安委員会規則)第8条5号に、「高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。」

 

ネックスピーカー/着衣系

音楽を鳴らしながら移動できる「ネックスピーカー」もチョイスの一つです。家事をしながらネックスピーカーで音楽を聴いている主婦も多いようです。

「改正道路交通法」施工以来、人気のネックスピーカー▼

ニット帽にBTスピーカー内蔵した変わりダネ▼

着るスピーカーという発想の商品▼

こちらも着るスピーカー。サイクルスピーカーというよりウォーキング・ジョギング用かもしれません▼

Bluetoothスピーカー

私は、小型の防水ブルートゥーススピーカーをバックパックのベルト部分(胸の前)にカラビナで付けて、自転車に乗っています。もともとは、お風呂で音楽を聴くために買ったのですが、これが意外と快適で気に入っています。サイクルスピーカーに特化した商品を買う事に抵抗がある方にオススメです。

追記:最近ではリュックの肩ひも部分に超小型Bluetoothスピーカー(非防水)を装着しています▼2016-11-25-08-38-27_r_r

55.5 x 55.5 x 55.5 mm / 87g

サイズ:約54x54x33mm / 82g▼

サイズ:8.5 x 8.5 x 4.5 cm / 231 g▼

サイズ:8.1 x 8.1 x 4.6 cm / 231 g▼

吸盤が付いているので、お風呂場でも便利な小型Bluetoothスピーカー▼

超長時間再生ができるが少し大型(12.4 x 11.3 x 5.8 cm / 372 g)▼

ぶら下げるタイプ▼

 

 

耳元スピーカー

ヘルメットに付けたり耳元に付けるタイプのスピーカーも選択肢の一つです


ヘルメットスピーカー▼

 

 

骨伝導ヘッドセット・イヤホン

道交法改正より見直され始め、観光地では「レンタル自転車」+「骨伝導ヘッドホン」によるガイド音声という組み合わせが公式に採用されています。一点注意して欲しい事は、耳の中に入れるカナルタイプはアウトになりますので「耳フリー」タイプを選ぶようにしてください。

追記:骨伝導ヘッドセットを購入して使用感・警察官の反応などをテストしてきました

自転車に乗って骨伝導ヘッドホンで音楽が聴けるのか?ホントに合法的なのか警察官の前をウロついて検証【レビュー】
2015年の「道路交通法改正」より、自転車に乗りながらイヤホン音楽を聴く事が正式に禁止になりました。同時に自治体によって対応が違った片耳イヤホンならOK?という論...



※骨伝導イヤホン・ヘッドホンは骨に音を伝えるのですが、実際にも若干音が鳴っていますので、スピーカーのように音漏れもします。

後記

私は、片耳型のBluetoothイヤホンを使って自転車を乗っていましたが、「改正道路交通法」の改正後は自転車音楽は諦めていました。
しかし、長時間サイクリングや綺麗な景色の中では、どうしても音楽を聴きたくなります。そこで、色々調べたのですが、結局はお風呂場で使っていた小型のBluetoothスピーカーを持ち出して、バックパックに付けただけで満足してしまいました。
今回ご紹介した自転車音楽ガジェット類は、どれも全く違ったタイプですので、ご自分に合った方法を探すのも面白いと思います。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - まとめ記事, ガジェット/端末レビュー, テクニック ,