スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

自転車に乗りながら合法的に音楽を聴く方法とお勧めチャリ音楽ガジェットまとめ

818-sBCkJYL._SL1500__R

2015年6月1日より、自転車の危険運転についての「改正道路交通法」が施行され、危険な自転車運転をする人に安全講習を義務づけられる罰則が設けられました。東京都は「片耳イヤホン」ならセーフで、他の県ならアウトなのか?などという事でも大きな話題になりました。
また、傘をさして自転車に乗る事も「危険運転」とみなされるので、今まで以上に慎重になっている人も多いと思います。
しかし、筆者をはじめ「自転車に乗りながら音楽が聴きたい!」という衝動が抑えられない方も多いと思います。そこで今回は、自転車に乗りながら合法的に音楽を聴くオススメ方法をご紹介します

スポンサーリンク

サイクルスピーカー

「改正道路交通法」以来、サイクルスピーカーというジャンルが確立されつつあり、様々なサイクルスピーカーが登場しています。

ロードバイクなどのボトルホルダーに装着できるボトル型スピーカー▼

こちらもボトルホルダーに装着できるボトル型スピーカーの防水型▼

ハンドル装着型バッグの表面がスピーカーになっているタイプ▼

自転車用ツールケースにモバイルバッテリーとスピーカーが一体になっているタイプ▼

シンプルなサイクルスピーカー▼

ライト・Bluetoothスピーカー・カメラシャッターリモコン内臓のBTスピーカー▼

 

サイクルスピーカーを使う際に注意して欲しい点は、イヤホンを使用していなくとも、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態まで、大きな音を発しながら運転した場合に違反となります

「道路交通法第71条(運転者の遵守事項)第6号により、東京都道路交通規則(東京都公安委員会規則)第8条5号に、「高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。」

 

ネックスピーカー/着衣系

音楽を鳴らしながら移動できる「ネックスピーカー」もチョイスの一つです。家事をしながらネックスピーカーで音楽を聴いている主婦も多いようです。

「改正道路交通法」施工以来、人気のネックスピーカー▼

BOSEからも発売されています▼

ニット帽にBTスピーカー内蔵した変わりダネ▼

超小型Bluetoothスピーカー

私は、小型の防水ブルートゥーススピーカーをバックパックのベルト部分(胸の前)にカラビナで付けて、自転車に乗っています。もともとは、お風呂で音楽を聴くために買ったのですが、これが意外と快適で気に入っています。サイクルスピーカーに特化した商品を買う事に抵抗がある方にオススメです。

追記:最近ではリュックの肩ひも部分に超小型Bluetoothスピーカー(非防水)を装着しています▼2016-11-25-08-38-27_r_r

55.5 x 55.5 x 55.5 mm / 87g▼

サイズ:約54x54x33mm / 82g▼

サイズ:8.5 x 8.5 x 4.5 cm / 231 g▼

サイズ:8.1 x 8.1 x 4.6 cm / 231 g▼

吸盤が付いているので、お風呂場でも便利な小型Bluetoothスピーカー▼

超長時間再生ができるが少し大型(12.4 x 11.3 x 5.8 cm / 372 g)▼

ぶら下げるタイプ▼

耳元スピーカー

ヘルメットに付けたり耳元に付けるタイプのスピーカーも選択肢の一つです

ヘルメットスピーカー▼

骨伝導ヘッドセット・イヤホン

道交法改正より見直され始め、観光地では「レンタル自転車」+「骨伝導ヘッドホン」によるガイド音声という組み合わせが公式に採用されています。一点注意して欲しい事は、耳の中に入れるカナルタイプはアウトになりますので「耳フリー」タイプを選ぶようにしてください。

追記:骨伝導ヘッドセットを購入して使用感・警察官の反応などをテストしてきました

自転車に乗って骨伝導ヘッドホンで音楽が聴けるのか?ホントに合法的なのか警察官の前をウロついて検証【レビュー】

2015年の「道路交通法改正」より、自転車に乗りながらイヤホン音楽を聴く事が正式に禁止になりました。同時に自治体によって対応が違った片耳イヤホンならOK?という論…

 

サングラス付きのスポーツ向け骨伝導ヘッドホンも人気です▼

※骨伝導イヤホン・ヘッドホンは骨に音を伝えるのですが、実際にも若干音が鳴っていますので、スピーカーのように音漏れもします。

耳の穴を塞がないイヤホン

骨伝導以外にも耳の穴を塞がない片耳のBluetoothイヤホンという製品もあります。

後記

私は、片耳型のBluetoothイヤホンを使って自転車を乗っていましたが、「改正道路交通法」の改正後は自転車音楽は諦めていました。
しかし、長時間サイクリングや綺麗な景色の中では、どうしても音楽を聴きたくなります。そこで、色々調べたのですが、結局はお風呂場で使っていた小型のBluetoothスピーカーを持ち出して、バックパックに付けただけで満足してしまいました。
今回ご紹介した自転車音楽ガジェット類は、どれも全く違ったタイプですので、ご自分に合った方法を探すのも面白いと思います。

追記:リュックのショルダーベルトに小型スピーカーを付ける方法についてご質問を頂きましたので、私の付け方をご紹介しておきます。
色々試行錯誤した結果、今は付属のストラップをリュックの持ち手に付けて降ろし、ショルダーベルトに裾バンドに巻きつけて固定しています▼

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. バックパックには、どのように取り付けましたか?

    • >みーさん
      コメントありがとうございます。
      私のバックパックのショルダー部にはリングが付いていましたので、カラビナで留めました。
      リングが付いていないバックパックは、百均で売っている結束用のマジックテープを使っています。

  2. こんにちは。
    バックパックのショルダーにスピーカーを固定するとは、思いつきもしませんでした。
    これはボトルホルダーや車体に付けるよりもスピーカーが近くて、小音量でもよく聴き取れそうですね。
    早速試してみたいと考えたのですが、周囲への音漏れが気になって躊躇しているところがあります。
    走行時は大丈夫だと思うのですが、交差点などでの停車時もあまり気にならないものでしょうか?

    • >目からうろこさん
      コメントありがとうございます。
      私も最初は音漏れが心配でしたが、考えていた以上に周りには聞こえていませんでした。
      友人と一緒に走った時には、止まって休憩するまで私が音楽を聴いている事すら知りませんでした。
      交差点では、車道はもちろん歩道でも余程静かな住宅街で無いかぎり周りに気が付かれませんね。
      もちろん接近して意識的に聞こうとすれば聞こえますが、それでも遠くで音楽が聴こえている感じです。
      ご心配でしたら胸のポケットにスマートホンを入れて、音楽を軽く聴きながらテスト運転してみては如何でしょう?

  3. こんにちは。3つほど質問させてください。
    ①リュックの肩紐部分に取り付けているとのとこですが、スピーカーのストラップホールに何かを通してカラビナとつなげているのでしょうか?②この場合スピーカーが下を向いているということでしょうか?接続部分のアップの写真が見たいです。③走っていて揺れたりしましませんか?

    以上、よろしくお願いします。

    • >まっつんさん
      コメントありがとうございます。
      以前はショルダーベルトのリングを使ってカラビナを付けて固定していました。
      しかしながらリュックによってデザインが違うので、常に同じリュックを使っていました。
      そこで今は、裾バンドを使って画像のように固定しています。ほぼ全てのリュックに安定して付いています。
      少し遊びはありますが、ブラブラして気になる事はありません。スピーカーの向きは付け方次第ですが、ほぼ横向きになっています。
      ご参考になるか分かりませんが、記事の最後に今の取り付け方法を追記しておきました。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top