『白黒画像のカラー化』はスマホアプリよりフリーのWEBサービスの利用がオススメ!

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

先日 「白黒画像をカラー化」するという高価なiPhoneアプリが無料セールされていました。しかしながらアプリを試してみたところ、期待したようなカラー化ができなかったのでセール記事を見送りました。

そこで今回は、白黒写真を手軽にカラー化するWEBサービスを2つご紹介します。アプリを使ったカラー化より綺麗です。

スポンサーリンク

ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け

世界にはディープラーニング技術を利用し、白黒の写真をオートでカラー化するという研究プロジェクトが幾つか存在します。今回ご紹介するのは、技術をWEB上で公開している2つのカラー化サービスです。
2つのサイトの技術に それぞれに特色がありますので、両方のサービスをブックマークする事をお勧めします。
ディープネットワークを用いた色付け技術に関しては、こちらに分りやすく解説されています。
http://hi.cs.waseda.ac.jp/~iizuka/projects/colorization/ja/

 

早稲田大学プロジェクト

早稲田大学の助教授らによるプロジェクト。使ってみた感じでは、オールマイティにカラー化できる印象です。

使い方はサイト上に書いてありますが補足しておきます(PC、スマホ共通)

「ファイルを選択」をクリック▼

 

ローカルフォルダーやネットストレージなどから白黒画像ファイルを選択▼

 

「色付け!」をタップ▼

 

これで元画像の後にカラー化画像が表示されます▼

変換した画像はTwitterに投稿する事も可能です

 

Colorize Black and White Photos – Algorithmia

こちらのサイトは、人物の肌の色のカラー化が得意です

こちらもPC,スマートホン共通です

「UPLOAD」をタップし白黒画像を選択▼

 

「Colorizing your Photo…」と表示されるので数十秒待ちます▼

 

仕上がった画像は、スライダーで元画像とカラー化画像を対比してみる事ができます▼

完成画像のダウンロード方法は、画像の「DOWNLOAD COLORIZED IMAGE」
スライダー付きの対比画像は「DOWNLOAD COMPARISON」で保存する事ができます。

 

白黒画像の完成度チェック

白黒画像の完成度をチェックするために、今回は「世界の歴史的に有名な白黒画像」を有志達がカラー化しているプロジェクトの画像と比較してみます。

History in Color

都会の風景

1947年のタイムズスクエア

 

カラー化プロジェクト画像▼

 

早稲田画像▼

 

Algorithmia画像▼

どちらも赤以外の原色は薄いですが、早稲田の方が再現カラーに近いですね。

 

街中の人間

勝利のキス

 

カラー化プロジェクト画像▼

 

早稲田画像▼

 

Algorithmia画像▼

 

3枚を比較してみます▼
Algorithmiaは余計な所が赤く、レッドカーペットのようになっていますね

肌色カラー化

肌色のカラー化をテストしてみます

オードリー・ヘップバーン▼

カラー化プロジェクト▼

 

早稲田画像▼

 

Algorithmia画像▼

 

3枚比較▼

早稲田の画像は、肌の一部がグレーになる傾向があります。水着の写真は半分鉄人間のようになる事もありました。
人の肌が多く写っている画像は Algorithmiaを使うと綺麗に変換される事が多いです。

 

セピア画像のカラー化

セピア色の画像は、自動的にグレースケール化の後にカラー化されます。

自然系+人間の画像でチェックしてみます▼

 

カラー化プロジェクト▼

 

早稲田画像▼

Algorithmia画像▼

これは比較するまでも無くAlgorithmia画像がコケが生えたゾンビのようになっていますね。

 

まとめ

私は白黒画像をカラー化してみる時には, 今回ご紹介した2つのWEBサイトを使っています。しかしながら、ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け技術は、まだまだ発展途上の技術です。何となくカラー化はできますが、はっきりした複数の原色を特定して塗らない感じです。

たとえばジャイアンツのエリザベス・テイラー(1959)の写真の顔を例にしてみます▼

 

Algorithmia画像は口紅や目の色も曖昧になっています▼

カラー化プロジェクトの画像は口紅と緑の目を綺麗に塗っています▼

 

ディープラーニングでカラー化した画像は、低確率ですが「何故?その色だとわかったの?」と驚かせてくれる事があります。自動で色付けされた成功カラー写真と出会うので止められません。

何故そこがピンクだと分ったの?
本当にピンクかどうかは不明ですが 見事なカラー化でしょ▼

 

画像の検索ワードについて

世界の白黒画像をカラー化した画像を見たい場合、Goolgeで「famous black and white photos restored」と検索すると、まとめサイトが多数見つかります。

素材となる白黒画像は、Google画像検索で「famous black and white photos」「old black and white photos」、または年代を指定して「1960 photo black and white」「1970 photo black and white」と検索する方法もあります。1970年代として「1970’s photo black and white」でも違う画像が引っ掛かります。1970’Sは1970Sでも変わります。Era(時代)を付けると年代の文化の画像が見つかります「1960’s era

直接年代で「1950」「1960」「1970」で調べると、カラー画像も混ざりますが日本の画像も見つかりやすくなります(こちらも「’s」を付けてもでも変わります)。さらに年代と地名を指定して「1950 東京」「1960 原宿」など特定した検索方法もあり 、こちらも「1950 tokyo」とローマ字にすると違う画像が引っ掛かります。
「1970 ビキニ」「1970’s photo black and white bikini」とファッションを指定したり、「1970’s photo black and white familly」として1970年代の家族写真を探す事もできます。白黒画像遊びは飽きませんよ。

 

 

今回ご紹介したカラー化サービス▼

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 『白黒画像のカラー化』はスマホアプリよりフリーのWEBサービスの利用がオススメ!"

 - サービス , ,