スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【LINE】トーク内に貼られたリンクをSafariで開く方法とミニブラウザ機能

LINEのトーク内に送られてきたリンクを開くと、LINEのアプリ内ブラウザでWEBページを表示していました。
しかしながら7月30日のアップデート(LINEバージョン9.12.0)より、Safariで開く設定が可能になりました。

Safariでリンクを開く方法

設定を開き「LINE Labs」をタップ▼

「リンクをSafariで開く」をオンに切り替える▼

これでリンクをタップするとSafariがデフォルトで開くようになります▼

Safariに変更するデメリット

iPhone版のLINEでは6月3日のアップデートより、「ミニブラウザ」機能が追加されています。
ミニブラウザとは、ラインのトーク内に縮小したブラウザを取り込んで表示する機能です。トーク内にブラウザを表示し続ける事で、WEBページ内の情報を参照しながらのトークが可能となり、わざわざトークとWEBページを切替えて参照する必要がなくなる便利な新機能です。しかしながら、この機能はLINEのアプリ内ブラウザでしか機能しません。そのためミニブラウザを利用するには、リンクをSafariで開く設定にしていては機能しません。

ミニブラウザ機能の設定方法は、設定を開き「LINE Labs」をタップし「ミニブラウザを利用」をオンにする▼

リンクをタップして開いたページをロングタップして下にスワイプする。
トーク内に取り込み完了です。

このミニブラウザは移動する事も可能で、ミニブラウザをタップして表示される「X」から終了できます。またアイコンをタップすると標準表示に戻ることができます。

小ワザ

LINEのアプリ内ブラウザで開いたWEBページは、右上の共有アイコンからSafariで開き直す事ができます。

デフォルトでSafariを使うか、ミニブラウザを利用するためにアプリ内ブラウザを使うかの2択になりますね。
しかしながら、Safariにブックマークしたい時などは、↑の方法で開き直せばよいので、個人的にはミニブラウザを優先しています。

※ 「LINE Labs」は、正式リリース前の試験的に運用している機能です。利用できなくなる可能性もありますのでご注意ください。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top