スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

期待の新端末「ZenFone 5 (ZE620KL) 」がECサイトで取り扱い開始!iPhone X風ノッチスクリーン採用スマホ【スペックレビュー】

台湾のASUSから4月12日に発売となりました新端末『ZenFone 5 (ZE620KL)』がいよいよ海外通販サイトで取り扱いが開始され日本でも入手が可能となりました。Zenfone5 (ZE620KL)はディスプレイ6.2インチの大画面ベゼルレスモデルで、今流行りのiPhoneXオマージュのノッチ(切り込み)を採用した端末です。
今回、海外ECサイト2社で取り扱いが開始されましたので、スペックをレビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ZenFone 5 (ZE620KL)スペック

【ZenFone 5 (ZE620KL)仕様】

OS Android Oreo(8.0)
ZenUI 5
SoC Qualcomm Snapdragon 636
Octa Core 1.8GHz
ディスプレイ 6.2インチ
1080 x 2246 Pixcels
IPS液晶
RAM 4GB /6GB
ROM 64G
カメラ フロント:8.0MP
リア:12MP+8MP
microSD
スロット
最大2TB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 3,300mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
4G: FDD-LTE
B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18
B19/B28
TDD-LTE
B38/B39/B41
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 15.30 x 7.56 x 0.78 cm
 重量 155g
その他  Glonass, BDS, GAL,QZSS
OTG, NFC

筐体レビュー

6.2インチの大画面モデルとなっていますが、前端末の5.5インチとサイズが同じです。一番驚かされたことが端末の重量が155 gの超軽量ボディに仕上がっており、iPhone Xの174 gを遥かに下回っており、むしろ4.7インチのiPhone 8の148 gに近いです。

ゴリラガラスの2.5D曲面デザインで背面とディスプレイがシームレスに結合されています▼

ディスプレイは6.2インチのIPS液晶を採用しており、画面占有率が90%のベゼルレスデザイン。アスペクト比19:9の縦長デザインで1080 x 2246 Pixcels(FHD+)となっています。

認証は背面の指紋認証に加え、フェイスロック解除機能によりロックを解除することができます。ZenFone 5のNFC機能と組み合わせることで、Google Payなどのサービスのセキュリティ認証にも利用可能です。

SoCにSnapdragon636を採用しており、AnTuTuベンチマークスコアは約112,000のハイスペックに片足を突っ込んだ処理性能です。しかしながらSnapdragon660搭載の前機種(Zenfone4 ZE554KL)比べて少しだけスペックダウンしています。

インターフェイスにはUSB TYpe-Cを採用しており、内臓バッテリーは3,300mAh。ASUS BoostMasterテクノロジーにより高速な充電が可能です。
ZenFone 5ではAI電源によるインテリジェント充電を導入しており、充電レートが動的に調整されてバッテリのエージング処理が遅くなりバッテリの寿命を伸ばします。

スピーカーは上下のデュアルスピーカーを搭載しており、ハイレゾ音源に対応(ハイレゾイヤホン付属)しています。動画視聴や音楽鑑賞などでも外部Bluetoothスピーカーを使わずに済むレベルに仕上がっていますね。

 

カメラ性能

最近のZenfoneシリーズはカメラ性能に力を入れており、今モデルでも相当な技術を詰め込んでいます。リアカメラにはSonyのフラッグシップセンサーSony® IMX363を採用し、F1.8レンズを採用することで低照度の中でも従来の5倍の撮影性能を実現しているとしています。さらに120°の広角のサブカメラを搭載し、ナイトモードのHDR撮影も可能です。光学ズームこそ搭載されていませんが、コンデジ不要なレベルまでカメラ機能が充実しています。
フロントカメラにはF2.0の800MPのレンズを採用し、AIシーン検出機能と美顔モードで美しいセルフィー撮影が可能です。

対応バンド / SIM

ZenFone 5 (ZE620KL)はDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。
またドコモのプラチナバンド4G帯のBand19、3G帯のプラスエリアに対応していますので純正Docomo端末と変わらないパフォーマンスが望めます。
またSoftBankのバンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありませんね。AUに関しては3G回線(CDMA2000)に未対応なので使えません。

対応バンド
3G: WCDMA
B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19
4G: FDD-LTE
B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18
B19/B28
TDD-LTE
B38/B39/B41

まとめ

ZenFone 5 (ZE620KL)はモンスター級のハイスペックを目指さず、お手頃なミドルハイスペックに仕上がっています。6.2インチの大画面に最初は引きましたが、実際には5.5インチのサイズ感のままで 155gの超軽量に仕上がっており、何よりカメラ性能が魅力的です。個人的に欲しい端末ですね。
次期Android Pでは正式にノッチをサポートすると発表されていますが、ZE620KLに採用されているAndroid8.0(Oreo)は未対応です。ZE620KLではAndroidをベースに独自のOS(ZenUI 5)によりノッチディスプレイを実現しています。
今後も続々と登場が予想されるiPhone X風の「ノッチ(切り欠き)」Android端末ですが、他社に先駆けAndroidノッチの標準に近づいた感があります。
安定のASUS端末ですから、他の中華端末に比べケースや画面保護ガラスが豊富に発売される事が予想されるのがポイントが高いですね。

カラーはブラックとシルバー、ETRENではブルーも発売されています。

価格は4GBモデルで標準価格は 52,624円ですが、GearBestでは発売を記念して4GBモデルが50台限定で48,909円の割引クーポンが発行されています。
ETRENでは4GBモデルが49,158円、6GBモデルのプリセールは開始前のようです。

【 GearBest】
割引クーポン:HRAsus1205
限定数:50台
価格:52,624円 → 48,909円
Asus ZENFONE 5 ZE620KL

【ETOREN】
【ETREN】 Asus Zenfone 5 ZE620KL 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top