スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

メモリー8GB+Celeron N4100搭載14インチ中華ノート「Teclast F7 Plus」性能・発売日・価格・スペックレビュー

中国のタブレット・ラップトップPCメーカー  ”TECLAST”より「Teclast F7 Plus」が発売となりました。スペックをレビューしてみたいと思います

Teclast のデバイスは、廉価ノートパソコンからYogaタイプの2 in 1デバイスまで日本でも人気のメーカーです。今回発売された「Teclast F7 Plus」は、CPUにインテル第9世代の Celeron N4100 を搭載した14インチノートパソコンで、キーボードのキーピッチが広く作業がしやすい事が特徴です。

Teclast F7 Plusスペックレビュー

【Teclast F7 Plus 仕様】

OS Windows 10 HOME
CPU  Intel Celeron
Gemini Lake N4100
GPU Intel UHD Graphics 600
ディスプレイ 14 インチ
1920 x 1080 (FHD)
IPS液晶
RAM 8GB LPDDR4
 内部ストレージ 128G SSD
カメラ 2.0MP
microSD
スロット
あり
Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
バッテリー 6,500 mAh
 インターフェイス Micro USB
USB3.0 x 2
Micro HDMI
DCジャック
イヤホンジャック
 サイズ 33.10 x 22.00 x 1.49 cm
 重量 1.5kg
その他

筐体レビュー

筐体はフルアルミボディのMacbook Airオマージュのデザイン。
商品画像ではロゴが光っているように見えます。どうなんでしょ?▼

ディスプレイはIPS液晶の 14インチ1920 x1080ピクセル (FHD)▼

8mmの狭ベゼルで、ディスプレイは2.5Dカーブガラス採用▼

 

端末の重量は1.5Kgと、ファンレスタイプの14インチのラップトップは、1.2Kg程度の端末が多いので少し重めです。

インタフェースまわりは、USB 3.0 ポート x 2、ミニHDMI、3.5mmステレオジャック、MicroSDスロット▼

内部レビュー

搭載されているプロセッサー(CPU)は、インテル第9世代の Celeron N4100 。Gemini LakeのNシリーズで、格安ノートパソコン向けに開発されたWi-Fi内蔵 CPUです。性能は抑えめだが消費電力が少ないというメリットがあります。 前世代のApollo Lakeに比べ35%処理能力が上がり、YouTubeやNetflixといった動画視聴が快適になっています。
エントリーモデル向けプロセッサーなので、決して高スペックではありませんが メール・ネットでの調べ物、資料作成などのビジネスユース・動画視聴なら十分なスペックです。
メモリーは8GBも搭載していますので、複数のソフトを同時に開いて作業したり、Chromeで大量のタブを同時に開いておく事も可能でしょう。

内部ストレージは128GBのSSD搭載。外部 MicroSDカードにも対応しています。ちなみに旧モデルのF7はeMMCの64GBで発売されましたが、その後、モデル名は据え置きのまま128GBのSSDにマイナーチェンジしていました。

M.2のSSD拡張スロットも実装されています▼

 

搭載バッテリーは6,500 mAh。ちなみに昨年春に発売された旧モデルの F7は4,900 mAhでした。
駆動時間は約8時間の稼動が可能としています▼

キーボード・タッチパッド

キーボードのベゼルを極狭に絞り込むことで、21 x 21mmと広めのキーピッチを実現しています。

キーボードはバックライト付き▼

タッチパッドは125mm x 78mmと旧モデルのF7 に比べて20%アップしています。
左のモデルと比べると横のベゼル幅が狭いのが一目瞭然です▼

Teclast F7 Plus まとめ / 販売サイト

最近では、内部ストレージ容量が64GB以上は無いとWindows UPDATEを実行する事が難しいことから、廉価モデルでも128GB 搭載のノートパソコンが主流になりつつあります。Teclast F7 Plusは、SSD 128GB搭載に加えて 8GBものメモリーまで搭載しており、スペック的にはCPUが少し非力という事以外は文句なしの仕様です。
また最近では街中にWi-Fiが増えて電波干渉が多発していますので、ac(5GHz帯)に対応している事も嬉しいですね。5Ghz帯は電子レンジを使っても途切れないのも強みです。

ちなみに現在、同社の「Teclast F6 Pro」が中華ノートでは一番の売れ筋ですが、こちらはF7 Plusとは全くタイプが異なるノートパソコンです。
Teclast F5やF6 Proは、Yogaタイプのタッチパネル式のタブレットとしても使える2 in 1端末で、スタイラスペンにも対応しており、お絵かきPADとしても使える事から人気のデバイスです。

F6 Pro▼

「Teclast F7 Plus」の発売日は2019年 1月20日で標準価格は約$500です。GearBestでは1月21日-27日までプリセールを実施中で $329.99で販売します。

GearBest販売ページ:Teclast F7 Plus

● セール終了後も割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top