スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

インテル Core m3 プロセッサー搭載しDTMにも使える4万円台の超コスパラップトップ「Teclast F6 Pro Notebook」発売【スペックレビュー】

中国タブレットメーカー『Teclast 』より新製品のラップトップパソコンTeclast F6 Pro Notebookが発売になりました。
このラップトップパソコンは第 7 世代インテル® Core™ m3 プロセッサーを採用し、 8GB DDR3 RAM、128GBのSSDを搭載、更にTouchID(指紋認証)を採用しているにも関わらず5万円を切る価格設定で販売されます。またタッチスクリーンを採用しておりヒンジが360°回転可能でDTM用途にも使えるスペックになっています。

 

スポンサーリンク

Teclast F6 Pro Notebook

Teclast F6 Pro Notebookスペック

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core m3-7Y30 Dual Core
RAM 8GB DDR3 RAM
内部ストレージ  128GB SSD
グラフィックス Intel HD Graphics 615
ディスプレイ 13.3インチIPS液晶
1920 x 1080(FHD)
MicroSDスロット ○最大128GB
カメラ フロント:20万画素
バッテリー容量 5,000mAh
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth v4.2
インターフェイス USB 3.0*2,USB-C*1, miniHDMI,オーディオ、DC
指紋認証 あり
サイズ(W×D×H) 31.50 x 20.80 x 1.60 cm
重量 1,388g
カラー シルバー
その他 M.2 2242 SSD Slot搭載

 

筐体レビュー

筐体はアルミボディで最近の主流のデザイン▼

 

インターフェイスは、USB 3.0*2,USB-C*1, miniHDMI,オーディオ、DCジャック▼USB PDに対応していない点が残念ですね

 

重さ1.38Kg▼

TouchID採用▼

 

ヒンジは360°回転可能▼

タッチスクリーンを採用しており、タッチペンで簡単なDTM作業も可能です▼

なめらかな書き心地としています▼

Windowsタブレット的な使い方もできますね▼

 

ヒンジは25000回の開閉テスト済み▼

 

内部スペック

搭載されている第 7 世代インテル® Core™ m3 プロセッサーは、エントリーモデルのマックブックやSurface Proにも搭載されている高性能CPUです。

 

8GB DDR3 RAM、128GBのSSDを搭載しています▼

 

内蔵SSDが128GBありますが拡張スロットも付いています▼

グラフィック・チップセットはIntel HD Graphics 615▼ちょっとしたゲームをプレイするには十分な性能です

マイクにはノイズリダクションを採用しているので、Skypeや動画配信にも使えそうです▼

 

Wifiは5G帯にも対応しています▼

 

まとめ

日本国内で5万で販売されているラップトップパソコンは、ネットブックに毛が生えたCeleron N3450プロセッサ程度しか買えません。内蔵ストレージもeMMcが精一杯でしょう。この価格でIntel® Core™ m3 プロセッサーを採用し、 8GB DDR3 RAM、128GBのSSD、タッチIDというスペックですから驚きです。同様な性能のWindowsタブレット「Cube Mix Plus」が人気ですが、画面が10.6インチと小さく書類作成などには厳しかったです。一方 Teclast F6 Pro は13.3インチと、書類作成作業などに使えますので非常に魅力的な端末となっています。

Teclast F6 Pro は現在GeraBestの独占販売となっており、100台限定で$429.99(4,9394円)でプリセールが開催されています。また100台が売り切れになると次の200台は$449.99での販売になります。最終的に1月15日には$499.99まで戻ります。

割引端末が売り切れましたら、GearBestの割引クーポンが発行される事もあります。
チェックしてみてください▼
毎日更新GearBestクーポンページ

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top