6,080mAhバッテリー内蔵!モバイルバッテリー変わりにも使える中華スマホ『OUKITEL K6000 Plus』【実機レビュー】

      2017/10/19

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

海外ガジェット通販サイトTOMTOPの方からAndroidスマートホン『OUKITEL K6000 Plus』をご提供頂きましたので、実機をレビューしてみたいと思います。

こちらのスマートホンは、2万円を切る価格帯にも関わらずRAM 4GB、ROM 64GB搭載、そして最大のウリが6,080mAhもの大容量バッテリーを内蔵したミドルレンジ端末です。巨大バッテリーを内蔵した事で数日間の無給電使用が可能で、更にはモバイルバッテリーとして他の端末にも給電する事ができますので、外出先でのガジェット類への充電などにも便利です。

今回は開封から基本性能についてレビューしてみます

スポンサーリンク

OUKITEL K6000 Plusスペック

 

CPU MTK6750T Octa Core 1.5GHz
GPU Mali T860MP2
OS Android 7.0
RAM 4GB
 ROM 64GB
画面サイズ 5.5インチ
1920 x 1080 Pixel(FHD)
 カメラ画質 リア: 16.0MP
フロント:8MP
micro SD スロット ○最大256GB
SIMカード nano × 2
(DSDS対応)
Bluetooth  v4.1
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
GPS GPS/GLONASS/BEIDOU
 バッテリー 6,080mAh
 入出力端子 MicroUSB
 サイズ 15.70 x 7.60 x 0.98 cm
 重量 208g
ネットワーク 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE Band 1/3/7/20(B1:2100, B3:1800, B7:2600, B20:800MHz)
カラー グレー/ゴールド

OUKITEL K6000 Plus」は前機種の「OUKITEL K6000 pro」よりほぼ全ての仕様が増強されています。ROM32GB64GB、RAM3GB4GB、CPUはMediaTek MT6753 (Cortex-A53) オクタコア 1.3GHz1.5GHz。カメラ性能はソフトウェア補正1600万画素ハードウェアで1600万画素にアップグレードされています。バッテリーに関しては80mAhだけ増えています。

 

開封レビュー

【セット内容】

OUKITEL K6000 Plus本体、取扱い説明書、MicroUSBケーブル、MIcroUSB→USB変換ケーブル、SIM取出しピン、画面保護フィルム(予備)、専用クリアカバー

別に日本コンセント用のアダプターも付いて来ました

 

外観レビュー

保護シールを剥がすと保護シートが装着済でした▼

 

ホームボタンを兼ねた指紋認証部が前面に付いていてiPhone7 plus風です▼

 

背面はメタル加工(上下部はプラスチック)▼

 

16MP、F2.0のシングルカメラとデュアルフラッシュ▼

 

頭にはイヤホンジャック▼

 

右側面はボリュームと電源ボタン▼

 

左側面はSIMスロット▼

 

ラウンドエッジ2.5Dガラス(旭硝子)▼

 

底はMicroUSBコネクタとマイク、スピーカー▼※ステレオではありません

 

 

左右のべゼル幅は約4mm▼

上べゼル幅:17mm/下べゼル幅16mm

 

重さ約208g▼※5.5インチ端末の重さの目安は180g前後ですが、この容量のバッテリーを搭載しているにしては軽量化できていると思います

 

付属のスマホケースを装着してみました▼

 

 

基本性能レビュー

画面の発色は鮮やかで綺麗です。

他の5.5インチ端末と比べてみます
右側が「OUKITEL K6000 Plus」▼

 

バンドルアプリは、ファイルマネージャーとカメラアプリ以外ほとんどGoogle純正アプリのみ▼

 

画面でショートカット起動できるランチャー「Float gesture」
iPhoneの「Assisitive Touch」とほぼ同様の機能▼※設定よりオフにできます

 

ほぼピュアなAndroid7.0で、上の「Float gesture」を含めジェスチャー類のみ独自の設定項目があります▼

 

ナビゲーションキーは画面外のホームボタンの両脇▼

 

ベンチマークテスト

AnTuTu Benchimark (v6.2.7)を使って処理能力をテストしてみます

スコア42,722。3Dスコアは7,541▼

 

端末の情報

 

 

センサー類

 

SIM/MicroSDカード

この端末は、MicroSIM x2のDSDSに対応しています。
LINEモバイルとDocomoのSIMを挿してチェックしてみます▼

 

4Gデータ通信・3Gの音声通話でつながりました

 

 

MicroSDカードはSIM2側を使って挿入します▼

 

内部ストレージとしてマウントする事はできませんでした▼

内部ストレージが64GBありますので、外部SDとして使っても問題ないでしょう

 

バッテリー周りレビュー

最近の中華スマホの流行で、こちらの端末も独自の急速充電方式になっています。
付属のUSB充電器は5V/7V/9V/12V ,2Aという仕様でQuick Charge3.0には対応していません

 

日本のコンセント用のアダプターを装着する事で使用できます▼

 

9.81V 1.98A▼

 

5Vの急速充電器を使ってもあまり充電速度はでませんでした。
5.03V 1.22A▼

純正充電器を使うと19.42Wの超急速充電できるのに対して、5Vの急速充電器では6.13Wとかなり遅いです。
純正のUSB充電器は5分の充電で2時間連続通話とされています。容量が6,080mAhもありますので、空っぽの状態から充電する時には純正充電器を使いたいですね。
※Quick Charge3の充電器を使っても変わらない電圧でした(5V/1.25A程度)

 

この端末の真骨頂は、自分自身がモバイルバッテリーとして使える事!
付属の変換ケーブルを使えば他のガジェット類に充電できます▼戦闘機の空中給油のようですね

 

カメラ部

VIDEO/Photo/美顔モード/Advance(半マニュアルモード)

 

Advanceモードはホワイトバランス、ISO、露出が調整できるセミマニュアル▼

 

設定から無音モード、手ぶれ補正なども可能▼

 

撮影時のフィルターも豊富です▼

 

グリッド表示が無いのが残念ですが、この端末のカメラ性能は優秀だと思います。
ピント合わせが早く、ZSDをオフにしていていもシャッターが切れずにイラつく事がありません。明るいレンズで明暗のある画像でも暗所が潰れてしまう事もなく、暗い場所での撮影もソコソコこなしてくれます。自動的に彩度とコントラストが高い画像を撮影しますので、暗部、ダークカラーの部分は潰れてしまう事があります。

OUKITEL K6000 Plus撮影▼

 

iPhone7撮影▼

 

まとめ

最近の中華スマホは大容量バッテリー搭載されている事が流行で、日々より大きい容量の端末が次々発売されていいます。私も数台使ってみましたが、バッテリー切れの心配が無い事の快適さは素晴らしいです。その中でも当端末「OUKITEL K6000 Plus」の容量は最大級なので、節電しなくとも3・4日は余裕で使えてしまします。

数日間使ってみた印象はAntutuスコアはミドルレンジクラスですが、数値以上にサクサク動きストレス無く使える印象です。g07あたりの端末と価格やAntutuスコアがほぼ同じですが、こちらの方が端末が熱を持たない分モタつく事がなく快適です。強烈な3Dグラフィックを使ったゲームでもプレイしない限り、通常使いでは全く問題ないスペックだと思います。

次回はカメラ性能、ゲーム起動、バッテリーなど、機能についてレビューしてみます。
「OUKITEL K6000 Plus」レビュー2

中華スマホ『OUKITEL K6000 Plus』実機レビュー【その2】カメラ性能、バッテリーの持ち、アプリ起動実験編
前回は6,080mAhバッテリー搭載の中華スマホ『OUKITEL K6000 Plus』の実機の基本性能レビューをしました。今回は一歩踏み込んでカメラ性能、バッテリー実働テスト、アプ...

現在TOMTOPではフラッシュセール開催中で19,549円で販売しています

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 6,080mAhバッテリー内蔵!モバイルバッテリー変わりにも使える中華スマホ『OUKITEL

 - ガジェット/端末レビュー , , ,