LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

穴あきモデル終了?!ソニー新ながらイヤホンLinkBuds S(WF-LS900N)発売

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S(WF-LS900N)」発売となりました。「LinkBuds」シリーズとして2月に発売された「LinkBuds(WF-L900)」は、完全ワイヤレスイヤホンなのに穴のあいた“リング型デザイン”を採用し、装着したまま周囲の音が聴こえるというコンセプトでヒットしました。

ニューモデルの「LinkBuds S」は、穴のあいたデザインではなくなり、一般的な完全ワイヤレスイヤホンと同じような形状になっております。

LinkBuds S(WF-LS900N)

LinkBuds Sは、ソニーのフラッグシップTWSの「WF-1000XM4」と同じ総合プロセッサー「V1」を採用。ノイズキャンセリング機能と新開発の小型5mmドライバー、そしてLDACコーデック対応のハイレゾワイヤレス伝送、DSEE Extremeという機能が全て搭載されています。
価格もソニー直販ストアの発表時の価格が26,400円と、「WF-1000XM4」に次ぐ高価なモデルです。

外音取り込みモードとノイズキャンセリング機能を切り替えて使う、常時装着というコンセプトのための小型・軽量ボディを実現したとしています。本体は完全ワイヤレスイヤホンとしてトップクラスの小型化しており重量も4.8gと軽量です。

 

肝心の外音取り込みの部分は、「LinkBuds S」では単純に外の音を取り込む量が増えています。来モデルよりも信号処理における外音取り込み量を増やすことで、より自然な外音取り込みを実現したとしています。

ノイズキャンセリング機能も充実しており、没入感が欲しい時にはこちらを利用することも可能。ユーザーの使用環境に応じて、ノイズキャンセリングと外音取り込みを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」も搭載します。

前モデルの「LinkBuds」は、穴あきデザインで常時外の音が聴こえる単純な発想のモデルでしたが、「LinkBuds S」は単なる外音取り込みは機能で実現しています。
どちらかと言えば「WF-1000XM4」の方に近い気がします。LinkBuds シリーズの名を付ける必要があったのか解せません。

 
価格は 2万6,400円ですが、Amazonでは

 

LinkBuds S WF-LS900N
SixTONES CMモデル ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングステレオイヤホン
 

 

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top