LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Wear OS by Googleアプリ対応の「スマートウォッチ」お勧め5選【2020年夏版】

スマートウォッチは数多発売されていますが、Wear OS by Google(旧称:Android Wear)に対応しているスマートウォッチは非常に限定的で、指折り数えられる程度しかリリースされていません。

現在、販売されているほとんどスマートウォッチはWear OSに非対応で、機能としては心拍センサーを内蔵しており、歩行・睡眠・運動量などのアクティビティ・トラッカー機能と、通話、SNSの通知機能がメイン用途です。それに加えて使用できるアプリは、音楽アプリや各社独自のアプリがインストールされている程度で、拡張性はありません。

しかもWear OS by Google対応のスマートウォッチを購入しようと探しても、高額な価格帯に偏っていました。ルイ・ヴィトンやタグホイヤーなど、一流ブランドからも発売されています。

そんな中、2019年の末から2020年秋に向けて、Wear OS対応のお手軽で高コストパフォーマンスなスマートウォッチが多数リリースされました。

今回は、最新のWear OS by Google対応でオススメのスマートウォッチをまとめてご紹介します。

Wear OS by Googleについて

Wear OS by Google(旧称:Android Wear)は、スマートウォッチ専用のAndroidベースのOSです。

Wear OS アプリでスマートウォッチとスマートフォンが同期されるため、スマートウォッチの利用範囲が広がります。

スマートウォッチ界の登山地図アプリは、カシオの「PRO TREK Smart」が独占でしたが、今年5月に登山地図アプリ「ヤマレコ」がWear OS by Googleに対応したことで、他のスマートウォッチでも登山アプリの使用が可能となりました。
今までパッとしなかったWear OSですが、これで対応スマーウォッチの付加価値がグンと上がりましたね。
ちなみにApple Watchは昨年ヤマレコに対応しています。

Google Play Store: Wear OS 対応アプリ

Ticwatch Pro 2020

【Ticwatch Pro 2020スペック】

OS Wear OS by Google
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon Wear™ 2100
GPS 機能 GPS / GLONASS / Beidou / Galileo
ディスプレイ 1.39インチ
400 x 400 AMOLED
RAM 1 GB
ストレージ 4 GB
防水性能 IP68
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサ-/磁気センサー/PPG心拍センサー/環境光センサー/低遅延オフボデイ検出センサー
スピーカー あり
Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 b/g/n
FeliCa 非対応
NFC 対応
バイブレーター あり
充電時間 不明
電池寿命 スマートモード:約2-5日
エッセンシャルモード:約30日間
ボタン 2つ
サイズ D45mm x 12.6mm
重さ 58.5g(本体のみ)
対応スマホ Android6.0/iOS 10.3以上
価格 ¥ 30,899(税抜き)

Ticwatch Pro 2020は、モノクロ液晶のLCD画面と有機EL画面の二層構造のディスプレイを搭載し、IP68防水&MIL-STD-810G対応で耐久性が高いスポーツ型のスマートウォッチです。

LCD画面を使用したエッセンシャルモードで利用すると、約30日間もバッテリーが持ち、設定により通知が届いた時のみ通常画面に切り替わります。
またWear OS搭載の防水スマートウォッチとしては珍しく、スピーカーとマイクを搭載しています。そのためスマートウォッチから直接、電話の応答や発着信も可能となっています。
事実上は、2018年にリリースされたTicWatch Proのマイナーバージョンアップで、RAMが512MBから1GBに増量されています。
耐久性能とバッテリーの持ちが長い事で人気がありますが、搭載チップセットが「Snapdragon Wear 2100」と型落ちという点だけが残念です。

TicWatch Pro 2020
1GB RAM バージョン 二重層ディスプレイ バッテリー長持ち Wear OS by Google

OPPO Watch 41mm

 

【OPPO Watch 41mmスペック】

OS Wear OS by Google
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon Wear™ 3100 / Ambiq Micro Apollo 3
GPS 機能 GPS、GLONASS
ディスプレイ 1.6インチ
320×360 AMOLED
ストレージ 8 GB
防水性能 3気圧防水(3ATM)
センサー  加速度センサー/ジャイロセンサー/磁気センサー/気圧センサー
光学式心拍センサー/静電容量センサー/調光センサー
Bluetooth 4.2
Wi-Fi 802.11 b/g/n
バイブレーター あり
充電時間 75分
電池寿命 通常使用:約24時間
省エネモード:約14日間
ボタン 2つ
サイズ 41.45 x 36.37 x 11.4mm
重さ 約30.1g(本体のみ)
対応スマホ Android 6.0以上 / iOS 12.0以上
価格 ¥ 25,800(税抜き)

2020年 9月発売予定の、Oppoブランドからリリースされるスマートウォッチ。Apple Watchにしか見えない容姿の四角デザインが話題です。お手頃価格でバランスの取れた性能という事で期待の端末です。

Wear OSでインストールしたアプリを使う時以外は、省エネモードにして置く事で14日間の利用が可能です。
心拍センサーが内蔵されており、省エネモードでも心拍数のモニタリングが可能で、メッセージ通知の受信、時間の確認、歩数のカウントもできますので、普段はアクティビティ・トラッカー/フィットネス・トラッカーとして使えますね。
ちなみに国際版は46mmモデルも発売されますが、日本で発売されるのは41mmモデルのみです。46mmモデルは、名前のとおり画面サイズが大きい他、eSIMとNFCに対応しており、バッテリーの持ちも倍近くある上位モデルとなっています。
ちなみに46ミリモデルは、チャイナ版と国際版が販売されています。国際版を購入すれば日本語での利用も可能です。

発売日は、ブラックとピンクが2020年9月5日、シルバー ミストは9月18日発売となります。
記事執筆時には、楽天では既に品切れで入荷待ち状態でした。 Amazonのみとなっています(私も予約しました)

追記:ファーストインプレッションの記事を投稿しました

2020年 9月 5日、OPPO ブランド初のスマートウォッチ「OPPO Watch 41mm(オッポ ウォッチ)」が発売となりました。OPPO Watchは、Qualcommのウェアラブル向けプラットフ...

 

OPPO Watch 41mm
OPPO Japan

 

PRO TREK Smart WSD-F30

 

【PRO TREK Smart WSD-F30 スペック】

OS Wear OS by Google
GPS 機能 GPS、GLONASS
みちびき対応
カラー地図機能 オフライン対応
最⼤5ヶ所まで保存可能
ディスプレイ 1.2インチ
390 × 390 pixcels
2層ディスプレイ
カラー有機EL
+ モノクロ液晶
防水性能 5気圧
耐環境性能 MIL-STD-810G準拠
耐低温仕様 (-10 °C)
センサー 気圧/⾼度 センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
⽅位 (磁気) センサー
Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 b/g/n
マイクロフォン あり
バイブレーター あり
充電方式 マグネット圧着式充電端子
充電時間 常温で約3時間
電池寿命 通常使用:約 1.5 日
時計とセンサーのみ:
約 1 カ月
ボタン MAPボタン、電源ボタン
TOOLボタン
サイズ 約 60.5 × 53.8 × 14.9 mm
重さ 約 83 g (バンド含む)
対応スマホ Android 4.4 以上
iOS 9.3 以上
価格 ¥61,000(税抜き)

「PRO TREK Smart WSD-F30」は、カシオ(CASIO)から発売されている カラーのオフライン地図の利用・GPSによる位置情報記録が可能な5気圧防水のアウトドア向けスマートウォッチです(2019年 1月発売)

『PRO TREK Smart WSD-F30』は旧モデルと比べ、GPSとオフライン地図に機能を絞ることで3日間の駆動が可能な「エクステンドモード」を追加し、普段使いにも耐えられるよう画面を一回り小さくし、かつ画面の解像度が上がっています。アウトドア好き(特に登山)には定番のシリーズです。

また新たにモノクロとカラーの、 2つのディスプレイを使い分けることで、 効率的に電力のマネージメントする事により大幅にバッテリーの節約が可能になりました。

PRO TREK Smartシリーズの魅力は、高度計・コンパス・気圧計・日の出/日の入り時間・潮汐が判るタイドグラフ機能はもちろん、何と言ってもオフラインでのカラー地図で現在位置が判る機能でしょう。
スマートホンと連動する事で、電話やメール、LINEの表示も可能で、ジョギング、バイクツーリングやサイクリングなどで腕だけで確認する事が可能です。
前モデルのWSD-F20、WSD-F21もまだ現役で販売されていますので、一段安く購入する事ができます。

スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート GPS搭載 WSD-F30
カシオ

 

腕時計 スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート GPS搭載 WSD-F20
カシオ

 

スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート 心拍計測機能 GPS搭載 WSD-F21HR
カシオ

TicWatch C2+

 

【TicWatch C2+スペック】

OS Wear OS by Google
SoC Qualcomm Snapdragon Wear 2100
Quad-Core(4コア)
GPS 機能 GPS、GLONASS、Beidou
ディスプレイ 1.3インチ
360×360 AMOLED
RAM 1 GB
ROM 4 GB
防水性能 IP68
スピーカー なし
Bluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 b/g/n
バッテリー 400 mAh
ストラップ幅 シルバー&ブラック:20mm
ローズゴールド:18mm
充電時間 75分
電池寿命 最大2日間
ボタン 2つ
サイズ Φ42.8 x 12.7mm
重さ 42.0g(ストラップなし)
対応スマホ Android6.0/iOS 10.3以上
価格 ¥ 25,799(税込)

グーグルも出資する中国「Mobvoi」が世界40カ国以上で展開するスマートウォッチブランド。2020年6月に発売されたTicWatch C2マートウォッチからアップグレードされたバージョンです。
ブラックとローズゴールドの2色展開で、ローズゴールドは女性向けにバンドの幅が細くなっています。コストパフォーマンスが高いという事で人気があり、ブラックは品切れが続いています。

TicWatch C2+ スマートウォッチ
**TicWatch**

Suunto 7

 

【Suunto 7 スペック】

OS Wear OS by Google
GPS 機能 GPS、GLONASS、Beidou
SoC Qualcomm Snapdragon Wear 3100
ディスプレイ サイズ不明
454× 454 AMOLED
防水性能 50m/5気圧防水
Bluetooth Bluetooth Smart
Wi-Fi あり(仕様不明)
ストラップ幅 24mm
電池寿命 最大2日間
最長40日間 (バッテリーセーブモード)
ボタン 4つ
サイズ 50 x 50 x 15.3 mm
重さ 70 g
対応スマホ Android5.0/iOS 11以上
価格 ¥ 64,900(税込)

 SUUNTO(スント)は、北欧フィンランドのアウトドア用計測機器ブランド。 70以上のスポーツモード を有し、無料のオフラインマップ搭載したアスリート向けのスマートウォッチ。特にランナーに人気のあるシリーズです。
フィットネストラッカーアプリ「Strava」 、トレーニング管理サービス「TRAINING PEAKS」、アウトドアトラッカー「Relive」などともパートナーシップを組んでおり、簡単に利用可能です。
アウトドアスマートウォッチは、PRO TREK Smart!と言われていますが、YAMAPが必要ない方はSuunto 7というチョイスもありだと思います。しかしとにかくデカいですが、安定性があることで人気のモデルです。

 

 SUUNTO7 (スント7)
SUUNTO公式

あとがき

スマートウォッチと言えば、自動改札で腕をピッとモバイルSUICAで通るイメージがありますね。モバイルSUICAのために、スマートウォッチが欲しいと考える方も多いと思います。

しかし今回ご紹介したスマートウォッチには、モバイルSUICAを使える端末はありません。モバイルSUICAを使えるスマートウォッチは、Apple Wathchとガーミンの一部端末のみとなっています。

また中華スマートウォッチで「Google 対応」とある機種は、スマートウォッチに通常のAndroidOSをインストールしてあるだけの機種もあります。当然、スマホ向けの通常アプリをインストールする事になります。使えない事は無いと思いますが、強烈に小さい画面で通常アプリを操作するのは実用的ではありません。

それ以外にもお洒落派には、ファッションブランドのディーゼルから発売されているAxial シリーズが人気です。昨年末にニューモデルがリリースされています。SoCにSnapdragon Wear 3100を搭載しており、ブランド物としては求めやすい価格設定となっています。

 

Diesel On メンズ Axial スマートウォッチ
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By あずきんちょ

    OPPO Watch 41mmの説明に「46mmモデルは、名前のとおり画面サイズが大きい他、eSIMやFeliCaに対応しており、」とありますが、NFC対応は確認できましたがFelicaに対応しているのでしょうか?

    • >あずきんちょさん
      海外の速報ページで対応とあったのですが、調べてみると対応していないようです。
      記事の情報を訂正しました。
      コメントありがとうございます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top