LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

iPhoneで青空文庫・自炊TXTを読めるリーダーアプリ5つを徹底比較!おすすめ度ランキング

「青空文庫」は、著作権が消滅した作品や著者が許諾した小説作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館です。

ブラウザやアプリで青空文庫にアクセスして、無料で読書を楽しむ事ができます。また様々なデジタル出版物が、青空文庫形式のテキスト(TXT/XHTML)のフォーマットで配布されています。外部本を取り込みできるアプリであれば、青空文庫と同様に読書が楽しめます。

今回は、iPhoneで青空文庫、青空文庫形式テキストの電子書籍を読む事ができるアプリ5つを徹底比較してみます。

 

青空文庫リーダーアプリ

対応機能説明

電子書籍リーダーとしての必要項目をチェックしてみました

機能 対応
フォント変更 フォント変更機能
フォントサイズ切替 フォントの大きさ指定
1行に表示する文字数の変更含
目次機能 目次を参照したページ移動
縦・横書き切替 縦書き横書きの切替機能
オートしおり機能 本を閉じても自動的にしおりを記録する機能
同期機能 iCloudやアプリサーバでのしおりの同期
背景色変更 バックのカラーを変える機能
外部の本取り込み 青空文庫以外の本の取り込み機能
ネットストレージ対応 本のネットストレージ経由の取り込み機能
ストリーミング読書 SMB,ネットストレージから直接読書できる機能
青空文庫データベース対応 青空文庫のデータベースへのアクセス/ダウンロード
Bluetooth Bluetooth機器を使ったページめくり
画像本対応 画像形式の自炊本の読書機能
辞書機能 単語を選択しての辞書調べ機能
Wiki参照 Wikiの情報を参照できる機能
タップ変更 タップ、スワイプによるページめくり方法の変更
ズーム機能 一時的にズームして拡大する機能・方法
マーカー機能 気になるセンテンスをマーキングする機能
広告 広告の表示(アプリ内課金による除去可能)
オートスクロール機能 自動的にページがスクロールできる読書機能
音声ページめくり 音声によるページ送り機能

 

Kindle電子書籍リーダ

開発:Amazon Mobile LLC
評価:(3/5)

無料

機能 対応
お勧め度 (3.8/5)
フォント変更 あり
目次機能 あり
縦・横書き切替 なし
背景色変更 あり
オートしおり機能 あり
同期機能 Kindleサーバ
履歴機能 あり
ネットストレージ対応 Kindleライブラリ
ストリーミング読書 なし
青空文庫データベース対応 なし
外部の本取り込み あり 
Bluetooth あり
画像本対応 なし
辞書機能 あり
Wiki参照 あり
タップ変更 なし
ズーム機能 文字選択
マーカー機能 あり 
広告 なし
オートスクロール機能 なし
音声ページめくり なし
時計表示
(ステータスバー表示含む)
あり

 

Kindleアプリは、Amazonブックのブックリーダーアプリですが、青空文庫の本をKindleショップから無料でダウンロードする事が可能です。

アイボリーとえんじ色のツートンカラーの本が青空文庫本▼※ 同タイトルの本でも、出版社の本は有料になりますので、ご注意ください。

 

読書画面はノッチ部分も白く隠れますが、設定で上部に時計を表示する事が可能▼

 

本格的なブックリーダーなので、読書機能に関してはパーフェクトです。辞書・マーカー、目次など、直感的にサクサク読めます▼

  • 外部からの本の取り込み: Send-to-Kindle機能を使って、個別の Eメールアドレスに送る事で取り込む事ができます。しかしながら青空文庫方式のテキストには対応しておらず、独自のmobi形式、PDF形式のみに対応しています。一応TXT、DOC、RTFなどにも対応していますが、横書きになってしまったり、読書に使うには少し不便です。
  • 画像本:画像ファイルに対応していますが、ZIP圧縮された画像フォルダに対応していないので 読めません。JPGをPDFなどに変換するアプリを使って変換してから、Kindleライブラリに送ります。
一言:圧倒的に使い易くて良いです。普段から Kindleを使っている人であれば、わざわざ他のアプリをインストール必要もないかもしれません。しかしながら、ラインナップがKindleに移植された無料本のみで、青空文庫のデータベースに直接アクセスできないのが厳しい。
青空文庫リーダーとしては少し微妙です。

 

ComicShare -(コミック/電子書籍リーダー)

開発: yoshitaka haneda
評価:(4.1/5)

¥490

機能 対応
お勧め度 (4/5)
フォント変更 あり
目次機能 なし
縦・横書き切替 あり
背景色変更 あり
オートしおり機能 あり
同期機能 iCloud
履歴機能 あり
ネットストレージ対応 DropBox, Googelドライブ,box
OneDrive
ストリーミング読書 あり
青空文庫データベース対応 あり
外部の本取り込み あり 
Bluetooth あり
画像本対応 あり
辞書機能 なし
Wiki参照 なし
タップ変更 あり
ズーム機能 ダブルタップ
マーカー機能 なし
広告 なし
オートスクロール機能 なし
音声ページめくり あり
時計表示
(ステータスバー表示含む)
あり

基本的には自炊コミックリーダーアプリですが、PDF、TXTなどを読む事が可能なマルチ電子書籍リーダー。

「青空文庫」は直接データベースにアクセスしてダウンロードも可能です。
作者、作家別に加え、分野別、児童書、月間ランキングなど、検索項目では一番です▼

 

ステータスバーは隠れますが、ステータスバー上にバッテリー、時計などの表示設定も可能▼

  • 外部からの本の取り込み:SMB, FTP, DropBOXやGoogleドライブなど、多くのネットストレージからの取り込みが可能です。
  • 画像本:コミックリーダーなので得意分野です。Zip, RAR圧縮された自炊本、見開きのままのスキャン本などの読書も可能です。
  • ストリーミング読書:SMBやネットストレージにアクセスして、直接本を読める機能があります。コミックや画像形式の本は、ページめくりに時間が掛かりますが、青空文庫テキスト形式ならダウンロードせず読んでもストレスがありません。

登録したサーバーにアクセスすると、その中が直接本棚になっています。
「編集」からチェックを入れてダウンロードすると、ローカル本棚に追加されます▼

一言:自炊TXT/画像も読みたいなら、ネットストレージ経由が便利なのでイチオシです。しかしながら「辞書機能」と「目次」が無いのが少し不便です。

 

bREADER – 青空文庫

開発: INFOCITY, Inc.
評価:(4/5)

¥490

機能 対応
お勧め度 (4.2/5)
フォント変更 あり
目次機能 あり
縦・横書き切替 あり
背景色変更 あり
オートしおり機能 あり
同期機能 なし
ネットストレージ対応 なし※
ストリーミング読書 なし
青空文庫データベース対応 あり
外部の本取り込み あり 
Bluetooth なし
画像本対応 あり
辞書機能 あり
Wiki参照 あり
ズーム機能 ピンチアウト
タップ変更 なし
マーカー機能 なし
広告 なし
オートスクロール機能 あり
音声ページめくり なし
時計表示
(ステータスバー表示含む)
なし

青空文庫やEPUB形式、PDF等の電子書籍を、縦書き、横書きなど自由な設定で読む事ができるリーダーアプリ。

リーダー画面はノッチと画面下部を除いた長方形画面ですが、ステータスバーが無く、時計、バッテリー残量が見えません▼

  • 外部からの本の取り込み:ネットストレージには非対応ですが、iTunesから取り込む事ができます
    またOpen-in(他のアプリから開く)に対応していますので、DropBoxアプリなどから取り込む事もできます▼
  • 画像本:画像ファイルに対応しており、Zip圧縮でまとめた自炊本を読む事ができます。しかしながら画像表示位置の調整や、見開き本の単ページ表示に対応していません。偶然最適化された本なら読めますが、漫画リーダーとして使うには厳しいです。
    オートスクロール機能を使えば、コミック画面の両端が切れる事なく無く読めますが、変則的で読み難いです。

青空文庫の検索画面は、作者名、作品名、検索が可能▼

一言:青空文庫以外にも、青空文庫形式TXTの自炊本や画像スキャンした本などが読みたい方にお勧めです。

 

ソラリ – 青空文庫から本の世界へ

開発: satoshi kumagai
評価:(4.7/5)

無料※アプリ内課金あり

機能 対応
お勧め度 (3/5)
フォント変更 あり
目次機能 あり
縦・横書き切替 なし
背景色変更 あり
オートしおり機能 あり
同期機能 なし
ネットストレージ対応 なし
ストリーミング読書 なし
青空文庫データベース対応 あり
外部の本取り込み なし
Bluetooth なし
画像本対応 なし
辞書機能 あり
Wiki参照 あり
ズーム機能 なし
タップ変更 なし
マーカー機能 なし
広告 あり
オートスクロール機能 なし
音声ページめくり なし
時計表示
(ステータスバー表示含む)
あり

青空文庫内の本を読む専用のアプリ

  • 広告:本棚画面下には広告が表示されますが、読書画面には表示されません。
    しかしながら、本棚から青空文庫などの移動時に全画面広告が表示されるのが煩わしい。
    250円で広告を除去する事ができます。
  • 辞書は、iPhone内蔵の「スーパー大辞林」「ウィズダム英和・和英」に対応しています

 

青空文庫の検索画面▼

一言:専用アプリで評価が高いですが、ズーム機能がありません。ルビが読めない時や、暗い中で目の調子が悪い時は文字サイズを大きくして読む必要があります。また広告除去しないと、本棚画面で全画面広告が表示されるので、心静かに読書したい人は要課金です。

 

i読書 – 青空文庫リーダー

開発: ayaslab
評価:(3.7/5)

無料※アプリ内課金あり

機能 対応
お勧め度 (2.8/5)
フォント変更 あり
目次機能 あり
縦・横書き切替 なし
背景色変更 あり
オートしおり機能 あり
同期機能 iCloud
ネットストレージ対応 なし
ストリーミング読書 なし
青空文庫データベース対応 あり
外部の本取り込み なし
Bluetooth なし
画像本対応 なし
辞書機能 あり
Wiki参照 あり
ズーム機能 なし
タップ変更 なし
マーカー機能 なし
広告 あり
オートスクロール機能 なし
音声ページめくり なし
時計表示
(ステータスバー表示含む)
あり

青空文庫内の本を読む専用のアプリ。今回ご紹介したアプリの中で一番シンプルです。

真ん中のみが紙画面になるタイプ、ステータスバーは表示切替が可能です▼

  • 広告:本棚画面下には広告が表示されますが、読書画面には表示されません。
    120円で広告を除去する事ができます。
  • 辞書は、iPhone内蔵の「スーパー大辞林」「ウィズダム英和・和英」に対応しています

専用ブラウザだけあって、青空文庫のメニュー項目は豊富です▼

 

一言:特化したシンプルアプリなので、軽く読みたい人は120円払って広告を外して読むには良いアプリだと思います。このアプリもズーム機能が無いので、一回り大きいフォントで読む必要がありますね。

 

番外編:ブラウザで読む方法

青空文庫の公式サイト」では、ブラウザから直接本を読む機能が提供されています。PCから読むには「えあ草紙」が便利ですが、Flashが使えないスマホからは利用できませんので、「青空 in Browser」を使って読みます。

2016-03-07 10.30.42_R

※iPhoneの場合、Safariは対応していませんのでChromeを使ってアクセスします

読みたい作品の「青空 in Browser」をタップ2016-03-07 10.30.34_R

 

ブラウザなので、そのまま「google検索」もできます▼

2016-03-07 10.34.11_R

各種リーダーの設定も豊富で、「読み上げ機能」にも対応しています2016-03-07 10.46.44_R

 

iPhoneで青空文庫を読もう!まとめ

一通り読んだ方は分かると思いますが、どれも一長一短です。

基本的に私は、「ComicShare」を使って自炊TXTや配布本を読んでいるので、青空文庫もこれで済ませています。
目次機能が無くても読み進めるだけなので、不便は感じません。ショートショートで個別に読みたい時くらいですね。
辞書機能が無いのが痛い。

青空文庫はたまにしか読まない+普段からKindle読書をしている人は、Kindleショップ内に読みたい本があればKindleアプリで済まして良いと思います。
ガッツリ青空文庫読書を楽しみたい、なおかつ自炊本TXT/画像を読みたい人は「bREADER – 青空文庫」がお勧めです。

無料でサクッと軽く読みたい人は「i読書」「ソラリ」で済ましても良いですが、どちらもズーム機能がありません。
フォントを大きくすれば良いと考えがちですが、1行の文字数を減らすと情報量が減ってしまい、ぺーじめくりが頻繁で面倒になります。私はギリギリのフォントサイズにして、数ページに1回くらい読めないルビを拡大して読んでいます。

私の好みで★評価を付けましたが、それぞれの用途に応じてアプリをチョイスしてください。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top