LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

E-INK画面の読書スマートホン「Hisense A5」性能・スペックレビュー

中国の家電メーカーHisense (ハイセンス)より、E-INKディスプレイ搭載スマートホン「Hisense A5」が発売されています。

 

スペック

OS Vision 7
Android 9.0 ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 439
GPU Adreno 505
ディスプレイ 5.84 インチ
1440 x 720 px
RAM 4 GB
ROM 32 GB / 64 GB
MicroSDカード 最大 256 GB対応
リアカメラ 1,300万画素(F/2.0)
フロントカメラ 500万画素
SIM NanoSIM x 1
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11 b / g / n
Bluetooth 4.2
バッテリー 4,000 mAh
対応バンド GSM:
B2/B3/B5/B8
CDMA: BC0
TD-SCDMA:
B34/B39
WCDMA:
B1/B2/B5/B8
TDD-LTE:
B38/B39/B40/B41/B34
FDD-LTE:
B1/B3/B5/B7/B8
衛星位置システム GPS/A-GPS/Glonass/BDS
インターフェイス MicroUSB
 サイズ 154.1 x 74.6 x 8.0 mm
 重量 158 g
その他 NFC

 

筐体

ディスプレイは5.8インチのカラーE-INKを採用しており、解像度は1440 x 720 ピクセルのHD+画質。Gorilla Glass 3を採用しています。
E-INK画面なので、キンドルデバイスと同様に、画面のリフレッシュレートは低く、ゴースト効果があります。

 

ワンクリックで読書モードに切り替えられるボタン(Smart key)が用意されています。読書中には通知などを非表示にする「Do not disturb」モード搭載されるなど、E-INKを活かした読書に特化した機能が特徴です。

 

スマートキーを押す回数と長さで、色々な機能を一発で呼び出す事ができます。

 

ロックスクリーン画面が多数用意されており、カスタマイズして表示させ続ける事ができます。

外部SDスロットとSIMカードはNanoSIMが1枚のみ挿さります▼

 

インターフェイスはMicroUSB

 

4000mAhの大容量バッテリーを搭載ており、最大10日間無充電で使用する事が可能です。またデバイスに逆充電する事ができるリバースチャージに対応しています

 

 

アウトカメラは1300万画素(f/2.0)、インカメラは500万画素。カメラ性能は控え目。ビデオチャットで使えれば良い程度ですね。

 

性能

プロセッサーは、Qualcomm のエントリーモデル向けSoCのSnapdragon 439搭載しています。スナドラ439搭載の他の端末を参考にすると、Antutuスコアは約 7ポイント程度です。

注意して欲しい点は、アプリストアのアプリは入っていますが、利用できるのは独自のアプリストアです。GoolgeのPlayストアは入っていません。
デモ画面を見るとAmazon Kindleアプリはインストールされていました。
改造すればPlayストアも入ると思いますが、画面のリフレッシュレートが低いのでゲームは難しいでしょうし、LINEも動く保証はありません。

ちなみに手元には、EINK画面を搭載した2画面スマホのYOTAPHONEがありますが、4インチ画面でも読書には便利でした。

 

価格・販売サイト

Hisense A5は、中国の通販サイトのみで取り扱っており、標準価格は4+32 GBモデルで218ドル。4+64 GBモデルで280ドルとなっています。
実売価格は、32GBモデルで183ドル~、64GBモデルで232ドル~となっています。

GearBest:Hisense A5  

Aliexpress:Hisense A5  

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top