合法的に自転車で音楽を聴くイヤフォン・スピーカーはまだある【裏ワザ】

      2016/07/15

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

自転車で音楽を聴く裏ワザ

自転車の危険運転の取り締まりが厳しくなって実質チャリで音楽を聴く事は不可能になりました。片手で傘をさしていてもアウトという厳しい自転車への規制でレインコートが売れまくっているらしいですね。

そんな厳しい状況野中、自転車で音楽を聴くガジェットがまだ残されていましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ネックスピーカーで音楽を聴く

先日、伊集院さんのラジオを聴いていると『田舎道はヘッドフォン型スピーカーで音楽を聴きながらサイクリングしている。首にヘッドフォンを掛けたままで、耳を密閉しないから安全です』とお話されていました。

そこで、調べてみると『ネックスピーカー』なるものを発見。簡単に説明すると『首掛けスピーカー』とでもいうのでしょうか?首にかけたヘッドフォンから音楽を聴くという方式です。

こんな形

ネックスピーカー

 

装着した様子

 

首掛けスピーカー

なるほど、これなら耳を塞がないので安全ですね。しかもBuleToothなのでワイヤレスで便利ですね

ヘッドフォン内蔵ウォークマンにはネックスピーカー機能が付いているものも発売されています

ラジオで伊集院さんも話されていたのですが、静かな住宅街や街中だと音が漏れるので何を聞いているのかバレるというのがデメリットですね。

でも、この製品もレインコートのように自転車規制に特需で品薄になるかもしれませんね

ヘルメット装着スピーカー2種類

スピーカーをヘルメットに内蔵させてしまうという発想のガジェット

ヘルメットスピーカー

もともとはバイクのヘルメット用に作られているようですが、自転車に転用する人が多いようです。ブログなどを調べると自転車用メットに埋め込んでも使えるようです。

 

ヘルメッとの首紐(ストラップ)に付けるスピーカーという物も存在しますが、これは一見イヤフォンを付けているように見えるので警察に呼び止められるそうですね
首紐スピーカー

今秋発売予定のようですが、既に脱法スピーカーなのでは?と話題になっています

装着方法

どれを使うにしても、街中で信号待ちの時にチャカチャカ聞こえては少し迷惑ですね。郊外をサイクリングしている時に最高じゃないかと思います。

 
追記:自転車の危険運転についての「改正道路交通法」が施行され、時間がたつにつれ様々なサイクルスピーカーやガジェットが発売されています。改めて記事を書きましたのでご参照ください▼
 

自転車に乗りながら合法的に音楽を聴く方法とお勧めチャリ音楽ガジェットまとめ | スマホLABOホンテン

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - ガジェット, テクニック , ,