【iPhone】テザリング(インターネット共有)したデータ通信量を確認・積算量をリセットする方法

   

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

iPhoneのテザリング機能を利用する事で、iPhoneが即席モバイルルーター変わりに使えます。外出先でノートパソコンなどをネット接続する事ができ、SIMを挿せないタブレットなども家庭内のWi-Fi環境下と同様に使えるで非常に便利です。

テザリング機能を使う時、自分なりに使用量を制御したり契約パケットプランを考える上で、テザリングで使用するデータ転送量は把握しておきたいですよね。
そこで今回は、iPhoneテザリングで使用したデータ転送量を確認・リセットする方法を解説します。

スポンサーリンク

テザリング転送量の確認方法

「設定」アプリを開き「モバイルデータ通信」内の、下方までスワイプし「システムサービス」をタップ▼

 

モバイルデータ通信で使用したシステムサービスの一覧内より「インターネット共有」が確認できる▼

これは前回リセットした時からの積算量になりますすので、リセットしていない場合には購入時からの総量が表示されます。

 

テザリング使用容量のデータをリセットする方法

「設定」アプリを開き「モバイルデータ通信」を開き、一番下までスワイプし「統計情報のリセット」をタップ▼

 

これで「現在までの合計」「現在までのローミング合計」のデータがリセットされる▼

※リセットで消去されるデータは、Siriや地図サービスなど「システム」が使用したモバイルデータ通信の情報が全てリセットされますのでご注意ください。

リマインダーに毎月1日に「データ転送量のリセット」とセットしておくと、毎月忘れずにメモ、リセットする事ができるので便利です。

 

リマインダー登録が面倒ならSiriに「覚えて」と話しかけるだけです。

すると「内容を教えて下さい」と質問が返ってくるので、「毎月1日、データ転送量リセット」と返事をするだけ▼

 

まとめ

私は公衆無線LAN(Free Wifi)が無い環境では、基本的にはサブのAndroid端末に格安SIMを挿してテザリングするようにしています。しかし、忘れた時は仕方なくiPhoneでテザリングしますが、WEBサイトに埋め込まれた動画が流れてしまった時などは少しドキッとしますね。
今回ご紹介した「モバイルデータ通信で使用した転送量をチェック」する癖をつけると、自分のルーティンワークの消費量が把握できますので神経質にならなくても、おおよそのデータ量が予想できるようになります。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - iPhoneテクニック, テクニック ,