低価格でミドルレンジクラスを実現!格安SIMに最適なAndroid端末『Xiaomi Redmi 3S』【レビュー】

      2016/11/22

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

2016-11-19-14-11-49_r_r

 

海外通販の大手GearBestから、Xiaomi(シャオミ) から発売されている『Rdmi 3S』をご提供頂きましたのでレビューしたいと思います。

今年Xiaomi社は、超高スペック端末の「MI5」を3万円台で発売した事から、注目を集めており、『Rdmi 3S』は1万1千円~1万5千円の低価格にも関わらず、13メガピクセルのカメラとアルミボディ、指紋認証機能、プロセッサにはQualcomm社製の『Snapdragon 430』を搭載したミドルレンジスマートフォンです。

国内の格安スマホ(MVNO)のエントリーモデルと同等の価格で買える、ミドルレンジクラスのスマホ端末です

 

スポンサーリンク

『Xiaomi Rdmi 3S』スペック

 

OS Android 6+ MIUI7.8.21.8
CPU Qualcomm Snapdragon 430 Octa Core 1.4GHz
RAM 3GB
内部ストレージ 32GB
ディスプレイ 5インチ、解像度:1280×720
MicroSDスロット 有り(最大128GB)
カメラ アウトカメラ:1300万画素 f/2.0、インカメラ:500万画素 f/2.0
バッテリー容量 4100mAh
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
サイズ(W×D×H) 139.3×69.6×8.5mm
重量 145g
カラー グレイ・ゴールド・シルバー
その他 NFC、VoLTE、Qiに対応、MicroSDスロットなし

※RAM2G/ROM16Gの下位モデルもあり
価格は16Gモデルは110ドルから121ドル/32ギガモデルは145ドル前後

 

『Rdmi 3S』レビュー

iPhoneの箱より一回り小さく、端末ギリギリサイズの箱▼2016-11-19-14-11-40_r

同包物は115cmのMicroUSBケーブルとUSBアダプタ、SIMカード取出しピン▼2016-11-19-06-51-23_r

 

箱にはチャージャーは「CH(チャイナ)」のみチェック?▼2016-11-19-06-45-37_r

 

日本では使えないアダプターが入っていると思ったが100V-240Vとなっており、挿し込み口も日本のコンセントで使用可能であった▼2016-11-19-06-52-01_r
5インチ画面でナビゲーションバー(ホーム・戻る・設定)は画面外の下▼2016-11-19-06-56-40_r

背面はアルミボディを採用(シルバー端末)▼2016-11-19-09-18-39_r

 

サイズはiPhone7とサイズ比較▼2016-11-19-07-00-03_r

指紋の認証率は高く、ほぼ失敗しません

背面の丸穴が指紋認証部▼2016-11-19-07-23-28_r

手に持った様子▼2016-11-19-09-23-26_r

端末本体にはストラップホールが無いので、ストラップを付けたい場合には、ケースやカバーに付いている物を選ぶと良いだろう。

 

機能チェック

デュアルSIM対応

SIMはデュアルSIMでデュアルスタンバイに対応している。
MicroSIMはSIM1スロット▼2016-11-19-08-45-46_r

SIM2スロット側はNanoSIMかMicroSDカードを選べるが、逆を言えばMicroSIMで追加容量を増やしたい場合、デュアルSIM機能は使えない事になる。

MicroSDはココ▼
2016-11-19-09-22-03_r

NanoSIMを挿す場合も同様にSIM2側になる▼2016-11-19-15-17-26_r

 

DMM mobileのシムを使って接続してみると4G帯に接続する事ができた▼screenshot_2016-11-19-07-51-32_com-miui-home_r_r

OS

OSはシャオミ独自のOS MIUI 7 .8となっているが、ベースはAndroid6.01。Playストアも最初からインストールされている。また、独自OSという事で日本語化が不安だったが、設定>「Language&input」>「Language」>「日本語」を選択するだけで日本語化が可能だった。

MIUIはOSというより独自のインターフェイスといった感じで、見た目や操作感はiOSに酷似しており直観的で使いやすい▼screenshot_2016-11-19-06-17-10_com-miui-home_r

バンドルアプリはMi(Xiaomi)のオリジナル基本アプリと無料のセキュリティアプリが入っている程度、余計なアプリは入っていない。

通知バーを引っ張り出せば、WifiやBluetoothなども一発で設定可能▼screenshot_2016-11-19-17-13-42_com-miui-home_r_r

 

 

カメラ

背面1,300万画素カメラは0.1秒フォーカスがウリで、12種類のリアルタイムフィルター、撮影モード、HDR機能など搭載。

screenshot_2016-11-19-16-49-57_com-android-camera_r

フィルター▼
screenshot_2016-11-19-16-50-20_com-android-camera_r
細部が若干荒いが、慣れるとソコソコ使えそう▼

img_20161119_092825_r

CPU/グラフィック

ゲームをプレイしてみたが、グラフィックも綺麗で、重い処理の3Dアプリでもサクサク動く

2016-11-19-15-51-52_r

画面の解像度が1280×720という点だけが残念だが、これほど廉価で高性能端末を持てるのは驚きだ。

バッテリー

4100mAhもの巨大バッテリーを搭載しているので、2日近くは余裕で持つ。Quick Charge搭載で急速充電に対応している。

付属のUSBアダプターは出力2Aでの高速充電対応▼2016-11-19-07-26-57_r

 

格安SIMのSIMフリースマホに最適

MVNOの「端末付きコース」などのエントリーモデルのスマートフォンは、取りあえず動くだけのスペックで、用途も限定的です。
それならば自前で『Xiaomi Rdmi 3S』を購入して、SIMカードだけを契約すれば、ほぼ何でも可能にになるので、かなりお得感があります。

また「Rdmi 3S」のケースや保護ガラスなどのアクセサリー類は、Amazonでも多数販売されていますので、不自由する事はありません。

2016-11-19_16h35_37_r

また、中国メーカという事で二の足を踏む方も多いと思いますが、Xiaomi(シャオミ/小米科技)はスマートフォン製造メーカーの中では、世界のトップシェアにも入るほど勢いのある中国企業として、世界で認知されつつあるメーカーです。
ちなみに、格安SIMで取り扱っている端末メーカーの国はASUS(台湾)・huawei(中国)です。

 

 

関連リンク:GeareBest

【RAM2G/ROM16Gバージョン】
Xiaomi Redmi 3S 4G(16G)

【RAM3G/ROM32Gバージョン】
Xiaomi Redmi 3S 4G(32G)
GearBestで買い物する方法のエントリー(記事内「GearBest」での購入方法について)参照

海外通販『GearBest』で高スペック激安Androidの1.2万円端末をMVNO用に購入 | スマホLABOホンテン

 

 

 


また、海外通販に関するトラブルシューティング方法はこちら▼
GearBestで荷物が届かない..トラブル対応など安心して海外通販する方法 | スマホLABOホンテン

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - Android端末, アプリ情報・レビュー ,