LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【百均】ダイソーの500円USB電源式ミニ加湿器(スクエア)は使える?一晩で壊れました【レビュー】

百均のダイソーで500円(税抜き)のスクエア型ミニ加湿器を買ってきました。

冬はデスク周りが乾燥するので、小型のミニのアロマディフューザーや加湿器など、色々な形式やサイズの製品を試しています。
毎年ダイソーで買っているのですが、今年もミニ加湿器を見つけて買ってきました。

ダイソーMINI HUMIDIFIER ミニ加湿器

買ってきたのは、ホワイトのスクエア形。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色展開。
500円加湿器は、スクエア以外にも「うさぎ」耳がついているものも販売されています。

【仕様】
製造:大創産業
製品名:MINI HUMIDIFIER ミニ加湿器(スクエア)
電源:USB電源タイプ
電圧:5V
電流:400mA
消費電力:2 W
タンク容量:約 180ml
噴霧量:20-40ml/時
連続使用時間:約 4時間
加湿方式:超音波加湿方式
その他:水の残量を検知して自動停止機能付き
ライト付
材質:ポリプロピレン, ABS樹脂

※ 次亜塩素酸水、次亜塩素酸ナトリウム、ミネラルウォーター、アロマオイルは、使えません

開封の儀、電源用のUSBケーブルとミニカ加湿器本体、予備の吸水芯フィリル替え芯 1本、取説▼

 

ざっくりメリット・デメリット

良かった点・メリット
 コンパクトで持ち運びできる
 質感がチープではない
 倒れても水がこぼれない
 モバイルバッテリーで使える
 周りが濡れない上品な噴霧
 水の残量が減るとオートストップ
 パーソナル加湿器として使える

 

残念ポイント・デメリット
 すぐに壊れる
 商品に当たりハズレが存在する
 ケーブルが上から出ていて邪魔
 水の残量が見難い
 加湿範囲が限定的

 

レビュー

大きさはペットボトルの下半分くらいのサイズ▼毎年質感が上がって、無印やニトリで売っていそうな感じです。安っぽさは感じません。
しかしその分、毎年価格も上がり続けていますね。

サイズ感がわかるように500mlのペットボトルと並べてみます▼

 

底面には足ゴムが付いてます▼

 

 

操作部は電源ボタン1つのみ▼

 

MicroUSBケーブルはフタ側の上に挿し込むので、目立って邪魔です。

何だか不格好でカッコ悪い▼機械類が全てフタ側に付いていて、下側は単なる水入れの器になっています。
構造上は仕方無いのでしょうが、何とかならなかったのかな?

付属のケーブルの長さは80cm。配置場所によっては短いですが、通常のUSB-A➡MicroUSBケーブルが使えます。1メートルのケーブルも百均で入手できますね▼

 

重さは約 164 グラム▼

 

フタ側から給水芯と残量監視用の電極棒が伸びています▼

この吸水芯フィリルの替え芯は、ダイソーで販売されているのかな?

給水芯はΦ0.7ミリ x 長さ13センチ▼給水芯は汎用なので、Amazonなどでも「加湿器 給水芯 0.7」で調べれば販売されています。加湿器そのものが替え芯2本で500円なので、給水芯がダメになったら新しく買った方が早いかも?

水は180ml入ります。水量の下限・上限の目安線が無かったので、適当に入れるしかないようです▼満水で連続4時間使えます

 

ちなみに、倒れても水が漏れない防水加工されているようです。
パソコンデスクや書類のある机で使っても安心ですね▼

 

スイッチオン!!!!ミストは上品に噴霧されるという感じです。噴霧にムラがなく、霧がファーっと広がります。
ボタンを長押しするとLEDが電球色っぽい暖色に点灯します(色はグラデーションしません)

残量確認用の小窓が空いていますが、非常に見難い▼

本体を揺らして良く目を凝らしてみると分かります。自動停止機能付きなので、水が空になったら自動的に停止します。

 

消費電力が微弱なのでモバイルバッテリーでも問題なく使えます▼

 

加湿能力について

パーソナル加湿器なので、加湿能力は限定的です。2時間連続で稼働しましたが、1メートル先にある湿度計の針に変化はありません。

超音波式の加湿器で一番気になるのが、周辺りの濡れ具合ですね。加湿器の周りに水をまき散らしているだけでは無意味です。

昨年モデルの300円ミニ加湿器の「クジラ」は霧の粒子が大きく、すぐに落下するので周囲がビショビショに濡れる程でした。しかしながら500円ミニ加湿器は、ある程度拡散されているようです。

加湿器周辺が濡れたりはしません。長時間稼働していても、しっとり湿る程度で水滴はありません▼

 

以前300円でダイソーで買ってきた「くじら」は、ミストが粗く噴霧したそばから落ちてます▼

 

ダイソー500円ミニ加湿器まとめ

先週ダイソーで、加湿器替わりに700円のアロマディフューザーを買って使っていました。しかしながら、芳香剤的なアロマ用途がメインなので、タンク容量と噴霧量が少なく加湿性能が物足りないものでした。

そこで500円のミニ加湿器を買って来ましたが、見た目の噴霧はあまり違いは感じません。しかしながら、机の隣で稼働しておくと明らかに加湿能力の違いを感じます。ミニ加湿器は、自分の方にミストが降りかかりますし、顔を近づけて鼻で吸い込むと、冷やっとした霧が吸い込めます。

アロマディフューザーとミニ加湿器を比較してみます。水の噴霧量は倍以上違いますね▼

ミニ加湿器(500円) アロマディフューザー(700円)
タンク容量 約 180ml 約 75ml 
噴霧量 20-40ml/時 10ml/時
連続使用時間
満水から空まで
 約 4時間  約 2時間 

 アロマディフューザーの方も商品としては良いのですが、ファンの音もしますし、給水頻度が2時間に1度必要なので結構面倒です。
香りが不要で加湿性能重視の場合、こちらの500円ミニ加湿器をお勧めします。

ちなみに消毒で注目されている次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)は使えませんので、ご注意ください。

– 追記 –
 一晩でミストが出なくなり壊れました。水を入れたまま一晩置いただけです。朝起きて電源を入れると、動きません。
ライトは付くのですが、何をしてもミスト(霧)は出ません 👿
給水芯を替えたり、圧着用のバネを強くしたりしてみましたがダメ。振動版も乾かして無水エタノールで脱脂洗浄してみましたが、修理はできませんでした。
あらためて調べてみると、他にもSNSなどでは、「ダイソーの300円、400円、500円加湿器が1・2日で壊れた。すぐ壊れる」という報告が多数見受けられます。かなり地雷的な商品です。ダイソー冬の高額帯の目玉商品なのに、不具合を知っていて放置は酷いですね。
振動版の錆びなどが原因の故障のようですが、1日で 500円の加湿は納得いきませんね。
故障に関しては、ファンを使うアロマディフューザーの方が安心かもしれせん

 

 

アロマディフューザーレビュー記事▼

百均のダイソーで、700円(税抜き)のアロマディフューザーを買ってきました。私のパソコンデスクの周りは冬になると乾燥してカッサカサになります。ミニのアロマディフ...

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top