スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

CHUWIの新2-in-1パソコン「UBook Pro」ベンチマークスコア公開

現在、中国、深センのパソコン・タブレットメーカーCHUWI(ツーウェイ)がIndiegogoにて2-in-1タブレットPC「UBook Pro」のクラウドファンディングを実施しています。

今回、追加情報としてメーカーよりプレスリリース情報が入りました。搭載しているプロセッサーと内部ストレージ(SSD)のベンチマークスコアを公開しています。

CHUWI UBook Pro

UBook ProはSurface風の2-in-1モデルのWindows端末で、ラップトップ、タブレットのどちらの用途でも使用する事が出来ます。

OS Windows 10
CPU Intel Core M3-8100Y

 

GPU  Intel UHD Graphics 615
ディスプレイ 12.3インチ
1920×1280 Pixcels
RAM 8 GB
ROM 256 GB
MicroSD 最大 128 GB
Wi-Fi 802.11 b / g / n
Bluetooth 4.2
バッテリー 38Wh
インターフェイス 3.5mmヘッドセットジャック
USB-A x 2
USB-C x1
HDMI 
 サイズ 292 x 207 x 9.39 mm
 重量 780 g
その他

2048レベルの筆圧感度を提供するスタイラスが付属しており、メモ筆記や描画などの用途にも使えます。ディスプレーはLCDフルラミネーションコーティングが施されています。ラップトップモードでは、U字型キックスタンド方式、キーボードは磁気ドッキング方式を採用しており、ボディは厚さ9㎜で、重さ780g。

ベンチマーク

プロセッサーは、Intel第8世代 「Core M3-8100Y」を搭載しています。Core™ m3 8100Yプロセッサは14nmプロセス、2コア4スレッド、最大周波数は3.4GHz。エントリーモデルのマックブックやSurface Proにも搭載されている高性能CPUです。
GPUにはインテルUHDグラフィックス615を搭載しており、動画編集などのヘビーな作業もこなせます。

CPU-Z

CPU-Zの測定結果ではシングルスレッド性能が283.5点、マルチスレッド性能が800.9点

GeekBench 4

GeekBench 4の測定結果ではシングルコアスコアが3731点、マルチコアスコアが6115点

Cinebench R15

CPUとGPUのベンチマークソフト「Cinebench R15」はCinem4Dをベースとしており、高精度画像と3D図形をレンダリングすることでCPUとビデオカードの性能を測定します。UHDグラフィックス615を搭載した8100Yプロセッサのスコアは196cbと27.18fps

AS SSD Benchmark

UBook Proは内部ストレージにSSDを採用しています。データ転送速度のテストでは読み込み速度が480.61MB/s、書き込み速度が372.74MB/sという結果でした。

まとめ

Adobe PhotoshopやAdobe Premiereなどで負荷の高い作業にも耐えられる処理能力としています。

同社でのゲーミングテストでは「トゥームレイダー」や「Metro」などの高い負荷のかかるゲームも快適にプレイすることができたとしています。

UBook Proは現在、Indiegogoにてクラウドファンディングを実施しています。プロジェクトと商品情報の詳細は、下記のリンク先をご覧ください。

Indiegogoプロジェクトサイト→ Chiwi UBook Pro

公式キャンペーンサイト → Chiwi UBook Pro

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top