LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】Android TV9.0搭載のポータブルプロジェクター WANBO T6 Max

ホームプロジェクターメーカーのWANBO (ワンボ)より発売されている、コンパクトプロジェクターの「T6 Max」が手元に来ましたので、使用感を共有したいと思います。

T6 Maxは、オートフォーカス機能搭載のミドルレンジクラスのプロジェクターで、持ち運びができるコンパクト設計が特徴です。またCPU, メモリ、内部ストレージを備えており、OSはAndroid TV 9.0で動作します。

ザックリ・フラッシュレビュー

良かったポイント
 持ち運びに便利なコンパクト設計
 お洒落で高級感あるデザイン
 音声入力可能なリモコン付き
 台形補正機能で斜めからの投影でも補正ができる
 電動オートフォーカス
 三脚などにマウントして設置可能
 Android TV 9.0搭載で単体で動画サイトの視聴可能
 輝度が高く明るい部屋でも投影可能
 HDR10/10+対応で明暗差をより多くの階調で表現します
 36dbの静音設計で動画視聴の邪魔にならない
 Googleクイックセットアップで初期設定が簡単
 外部アプリがインストール可能
 天井から吊して使用可能
 光学ズーム機能で画面を75%まで縮小投影が可能
 5G Wi-Fi

 

残念ポイント
 輝度が手動で変更できない
 ACアダプターが大きい

 

WANBO T6 Maxスペック

CPU Amlogic T972 A55
QuadCore
OS Android TV 9.0
RAM 2 G
ROM 16 GB
光源 LCD
消費電力 120 W
Bluetooth 5.0
コントラスト比 3,000:1
解像度 1920 x 1080 (フルHD)
アスペクト比 4:3 / 16:9
投影距離 1.35 – 3.5m
最小投影距離 1.1m
推奨投影サイズ 60- 150インチ
最大画面サイズ 200インチ
標準解像度 1920 x 1080P
明るさ 550ANSIルーメン
投影方式 フロント/リアプロ/ラック/マウント
スピーカー 5 W x 2
ポート ・1 * HDMIポート
・2 * USBポート
・1 * AVポート
・1 * 3.5mmオーディオ端子
サイズ ‎137x 201 x 195 cm
重さ 1.935 kg

 

開封レビュー / 同胞物

  • WANBO T6 Maxプロジェクター*1
  • ACアダプター*1
  • リモコン*1
  • 取扱説明書*1

※ 日本語の取扱説明書が付属しています。

筐体

筐体は可愛らしい丸っこい縦長デザイン。モノアイロボットの頭みたいにも見えます▼

 

500mlのペットボトルと並べてみると、こんなサイズ感です▼

 

重さは実測で約 1958 グラム。公称値より50グラム弱重いですが、ノートパソコン程度なので持ち運び用としては問題ない重さです▼

 

投影用のレンズは大口径で、実測約514mm▼

 

インターフェースは豊富で、USB-Aが2口とHDMIポート、AVポートと 3.5mmオーディオ端子

 

筐体上部には電源ボタンのみ配置されています▼

 

底面には1/4インチのネジ穴がありますので、三脚などにマウントが可能です▼

 

三脚に固定すれば、置き場所の選択肢が増えますね▼また天井に設置する時もここにマウントして逆さまに吊るします。

皮の取っ手がついているのが何気に便利でした▼

 

フロントのレンズ下のグリル部は大型のファンが搭載されており、効率的に熱を逃がします▼

 

リモコン・電源

付属のリモコンはAmazon Fire TV Stick風のシンプルデザイン。音声入力ボタンも配置されています。

使用電池は単四電池2本です

ACアダプタが少し大きいのが残念▼

 

機能レビュー

起動・初期設定

本体の電源を入れると、すぐに言語設定画面がでますので、外国語画面で迷子になる事もありません▼

 

AndroidスマートホンからはGoogle クイックセットアップで簡単に初期設定が完了してしまいます。
OKグーグルから「デバイスのセットアップ」と入力するか、Googleアプリからデバイスを追加します。

これでWifiとGoogleアカウントの設定が完了しますので、他に手間はありません。

Android TVのホーム画面には、動画サイトや動画配信サービスのアプリが並んでいます。
クリックしてログインすれば視聴が可能です。

 

ホーム画面に無いアプリは、Play Storeからダウンロードが可能です。ゲームアプリや動画・音楽プレーヤーなんかもインストールできます。

 

画質

HDR10/10+対応で、明暗の差が綺麗に表現されています。暗部も潰れてしまう事なく、鮮やかな画像が楽しめます。壁に埋め込んだに大画面テレビで視聴しているようで、プロジェクターで観ている事を忘れてしまう程です。550ANSIルーメンの輝度がありますので、かなり明るいです▼動作音も36db≦と静かなので、動画視聴の邪魔になりません。

明るい部屋の照明下でも視聴できますが、やはりボヤーっとなります。明るい部屋で常設用のモニター変わりに使うには、厳しいと思います。

 

機能

垂直台形/四点台形 台形補正機能

ホーム画面上にある歯車アイコンからセットアップ画面へ入れます。

 

台形補正(キーストーン補正)機能とは、斜めから投影した台形の画面を長方形に補正できる機能です。この機能を活用すれば、プロジェクターを真正面に設定する必要がなくなるので、部屋の空きスペースに設置して使う事が可能です。

四点台形(4P)モードでは、4つの角の位置を調整して補正ができます。見る方向に合わせた補正が出来て見やすいです▼

 

台形補正機能で調整すると、正面から投影したように補正する事ができま。

ちなみに左右の補正可能角度は±40°です

 

また横方向だけではなく、縦方向にも台形補正が可能です。また天井に吊るして逆さまに設置しても正常に投影されるような「投影方式」も変更可能なので、置き場所を選びません。

4Dモード(垂直台形モード)での台形補正も可能です。こちらは縮小率を設定して、傾きで台形を補正する方法です。斜め横方向からの台形補正には向いていないので、四点台形モードでの補正がオススメです。

 

スピーカー

スピーカーは背面下側に5Wが2基内蔵されています▼

高音質とまではいきませんが、動画視聴するくらいなら違和感なく聴き取る事ができます。映画の臨場感を楽しみたいという場合なんかは、有線イヤホンやスピーカー、Bluetoothスピーカーなどを接続して観たいですね。

 

まとめ

T6 Maxは、大人数でゲームプレイしたり暗い部屋で大画面ムービーを楽しんだりするにはオススメのプロジェクターです。コンパクトで置き場にも困らないので、部屋に出しっぱなしにしておいても邪魔になりません。
お洒落なデザインなので、むしろワンポイントの部屋のアクセサリーとして置いておけます。

T6 Maxを使ってお盆に家族で桃太郎電鉄を遊びましたが、大画面で凄く盛り上がりましたよ♪

価格・販売サイト

WANBO T6 Maxの販売価格は、45,980円。Amazonの公式ショップで取り扱っております。現在、Amazonの商品ページ内の7,000円オフクーポンが発行されておます。

さらにメーカーさんの方から割引クーポンを発行頂いております。Amazon内のクーポンと併用可能です。

  • 期間:2022/08/20 ~ 2022/08/31
  • クーポンコード:A8J8WYVM
  • 割引:6,000円オフ

 

WANBO ポータブルプロジェクター T6 Max
080PフルHD 4k ホームプロジェクター
 

※ メーカーさんの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューします。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top