省スペースで自立も可能な直径34mmカーボン製一脚『Andoer TP-340C』【レビュー】

      2017/09/22

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

カメラ系ガジェットメーカー Andoer の方からレビュー用に商品提供をして頂いた『Andoer 一脚 TP-340C』をご紹介します。

こちらの製品はカーボンファイバーをベースにした軽量設計の一脚で、簡易三脚として自立も可能な2ウェイタイプになっています。特に三脚を立てるスペースの取れないイベントなどで、写真・ビデオ撮影する時に威力を発揮する一脚です。また最大負荷15kgと重い荷重に耐えられますので、スピーカーやビデオライト用の三脚としても利用可能です。

スポンサーリンク

Andoer  一脚

仕様:
モデル:TP-340C
材質:炭素繊維
最大負荷容量:15Kg
最小 オペレーティング身長:61cm
最大オペレーティング身長: 175cm
最大パイプ径:34mm
最小パイプ径: 25mm
商品重量: 959g

【セット内容】
一脚用兼三脚スタンド本体
ゴム足ピン
六角レンチ
キャリングバッグ

製品レビュー

カーボン製の一脚の下部に三脚用アダプターがついています▼

 

カーボンファイバーの繊維が美しい▼

 

一番太い部分でΦ34mm▼

 

グリップのスポンジは握りやすいです▼

 

三脚部はワンタッチで開くだけ▼

 

しっかりと自立します▼

 

 

雲台は付属していませんが頭のネジを反対に返せば細ネジになります。

 

簡易三脚を開くと省スペースでカメラを固定する事が可能です。

直接アクションカメラを付けてみます▼※昭和の歌手が使っていたスタンドマイクみたいですね

 

高さは4段に調節可能で61cmから175cm▼

 

斜めにしても自立します▼

 

三脚として使う予定がなければ付属のゴム足を付けて一脚にする事も可能▼

 

付属の六角レンチで固定します▼

 

シンプルな一脚▼

 

キャリングケース▼

 

まとめ

今回ご紹介した簡易三脚付きの一脚は、省スペースで三脚になります。本格的な三脚に比べて手軽にワンタッチで固定できるので、移動しながらの撮影にも有用です。また三脚を立てる場所の取れない人混みなどでも、小さいスペースだけで固定する事が可能なのでイベントでビデオを撮影する時には重宝します。
一般的な簡易三脚付き一脚は最大荷重1kg程度の製品が多く、撮影中に重さに耐えられずに傾いてしまう事があります。その点『Andoer TP-340C』は、最大荷重15kgまで耐えられますので凄い安定感がありビデオカメラでパンしてもブレませんでした。

またΦ34mmのカーボンファイバーを使っているにも関わらず6千円台の低価格で、国産の同程度のカーボン製一脚の三分の一程度で買えるのも魅力です。

今回はメーカーの方から割引クーポンを発行して頂いております
クーポンコード: MFI3MWAA
割引:30%OFF
有効期限:~10月15日まで
販売元:Andoer-JP
※追記:メーカーからの連絡があり、Amazon倉庫(FBA)内の在庫が無くなり次第クーポンも終了となります

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 省スペースで自立も可能な直径34mmカーボン製一脚『Andoer

 - ガジェット/端末レビュー ,