LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【ダイソー】百均で1000円の完全ワイヤレスイヤホン(TWS5001)を使ったら想像以上に良かった【実機レビュー】

百均のダイソーで売っている、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)を購入してきました。百均で千円は高額商品ですが、使えるのであればコスパが良いですよね。百均の完全ワイヤレスイヤホンが果たして本当に使い物になるのか?さっそく実機をレビューしてみたいと思います。

 

ざっくりレビューフラッシュ

お勧めポイント
 イヤホン、ケースが超コンパクト
 マルチペアリング対応
 超小型・軽量で装着感が良い
 価格以上の音質
 接続性が良く途切れたりしない
 オートオフ機能搭載

 

残念な点
 対応コーデックがSBCのみ
 ボタン式操作で耳に押し込んでしまう
 プラスチッキーでチープ
 イヤーチップが1サイズのみ
 

TWS5001スペック

Bluetootthプロファイル HFP、HSP A2DP、AVRCP
対応コーデック SBC
再生周波数帯域 20Hz – 20,000Hz
通信距離 約10 m
音楽再生時間 イヤホン:約 4時間
充電ケース:約 6 時間
Bluetoothバージョン  5.0
Power Class 2
ノイズキャンセリング方式 なし
防水等級
ドライバーユニット φ7.5 mm
出力音圧レベル 92±3dB
インビーダンス 32 Ω
イヤホン充電時間 約 90分
ケース充電時間 約 4 時間
バッテリー容量
ケース:300 mAh
イヤホン:50 mAh
ケース重量
ケースサイズ

 

開封の儀

【パッケージ内容】

  • TWS5001イヤホン x 1ペア
  • 収納充電ケース x 1
  • MicroUSB充電ケーブル x 1
  • 取扱説明書

 

製品レビュー

イヤホン本体

イヤホンとデバイス間がワイヤレスで接続し、なおかつ左右が完全に独立したBluetooth接続のカナルタイプのTWSです。

イヤホン本体は、超小型の丸型デザイン。ハウジング部の真ん中に一直線に操作ボタンが配置されています。
プラスチッキーでチープな感じは否めません▼

 

重さは片側約 3.9グラム▼

 

イヤーピースを外したベース部は円形 で標準的なサイズです▼内側は丸っこくなっており、耳の形にフィットしやすく遮音性が高いデザインです。ちなみにイヤーチップは1サイズで、かなり小さ目です。
私は耳穴が小さいので丁度良いですが、大きい人は外れやすいかもしれません。

 

チャージケース

充電ケースは超小型で、ハンコ入れくらいのサイズしかありません。ポケットにポンと入ります▼

ケースは必要最低限の機能といった造りで、フタもパカパカです。

 

充電ポートはMicroUSB。USB-Cにして欲しかった▼

 

ケースの底には、技適マークがついていますが、PSEマークは見当たりません▼

 

イヤホンを格納したケースの重さは約 31.7グラム▼

 

ケースにはLEDが1灯だけ付いています。ケース充電中は赤く光り、イヤホン充電中は青く光ります。

 

バッテリーについて

1回の充電で約 4時間使えます。ケースでの充電を含めると合計 10時間。最新のTWSは6~7時間連続再生できるのが主流なので、4時間は少し短く感じます。
ケースのバッテリー容量が300 mAh、イヤホン50 mAh(片側)なので、3回満充電できる計算になります。イヤホン、ケースが満充電の状態であれば、4時間 x 4 = 16 時間になると思うのですが、公称値は合計で10時間となっています。

 

通話テスト

イヤホンにマイクが内蔵されており、ハンズフリー通話機能が実装されています。

マイクはボタンの横に配置されています。音声通話でつかってみましたが、静かな室内であれば結構普通に会話ができました。
クリアとまではいきませんが、オンラインチャットやテレワークでも使えると思います。

 

使い方

操作方法

イヤホンの背中側のボタンを押す回数で操作を行います

  左(L) 右(R)
音楽操作
1回タップ 再生 / 一時停止
2回タップ 前の曲へスキップ 次の曲へスキップ
3回タップ 音量下げる 音量上げる
2秒間長押し 音声アシスタント起動
Siri、OKグーグル起動

 

操作・装着感

操作性について

ペアリングは簡単で、初回ケースから取り出すとスマートホンのBluetooth項目にDAISO_TWS001と表示されているので、タップするだけでした。
ちなみに取説には「DAISO_TW5-から始まる型番を選択」とありますので、ファームのバージョン違いがたくさん存在しそうですね。

またペアリング後は、充電ケースからイヤホンを取り出すと電源が入り、ペアリング済みのデバイスに接続する「自動ペアリング」機能が搭載されています。左右それぞれのイヤホンから「ライトチャンネル」「レフトチャンネル」と音声が流れ、デバイスと接続すると「コネクテッド」と聴こえます。

また使い終わったら収納時はケースに戻すと自動的に充電が開始され、ペアリングが解除されます。

イヤホンから音楽の操作は一通りの事ができますが、ボタンが固いので押すと耳の奥に押し込んでしまい痛い。
ただし、今主流のタッチ式の操作だと、冬手袋をはめていると反応しない事があるので、ボタン式も利点はあるんだけどね。

 

装着感

軽くて小さく耳にフィットするので、走る程度ではズレたりしませんでした。何日も持ち歩きましたが、落ちたり緩んだりする事はありませんでした。装着した時は違和感や痛みはありませんでした。

まるっこい「お団子タイプ」のTWSより、スリムで小さいです▼

 

正面から見ても耳からハミ出る事もなく、自然な感じで安っぽさも目立ちません▼

 

斜め前方から見ると↓

 

音質

7.5 mm径のドライバを搭載しています。音質は期待していなかったのですが、想像以上に音圧も高く迫力ある音でした。
中・高音域は、クリアでボーカルの声も際立って聴こえます。重低音は、キックがズンズンしたEDMを聴くと脳が揺れる程しっかりと鳴ってくれます。

 

音切れ・音飛び

接続性は、スマホに通知が届いた時に一瞬途切れる事がありますが、それ以外は途切れたり音飛びはありませんでした。また左右のイヤホンの接続も強固で、右耳側を手で覆っても左側のイヤホンが切れる事もありません。

 

まとめ

ダイソーの音響製品は、当たりはずれの振れ幅が大きい。最近はハズレばかりを引いていましたので、正直期待していませんでした。

しかしながらTWS5001は、3,000円前後のエントリーモデルのTWSと同じくらいの性能はあると思います。マルチペアリングに対応しているので、複数のデバイスで使えますし、音質、通話性能も悪くありません。音楽操作もイヤホンから一通りできます。
ただしコストカットのために、素材はオールプラスチックでインジケーター類は無し、飾りや気の利いた機能も省かれています。
何よりボタンが固くて押し難いのが致命的かな。
それでも音楽や通話での使用に問題はないので、サブとして持ち歩いたり、忘れた時の一時しのぎにダイソーに駆け込んで購入するのには悪くないイヤホンだと思います。

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top