LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】「USB CABLE CHECKER2」でUSBケーブルの性能をテストして断捨離!火災予防の保険に!

電子工作製品メーカーの BitTradeOne(ビット・トレード・ワン)より発売されている「USB CABLE CHECKER2(USBケーブルチェッカー2)」を購入しました。

USBケーブルチェッカー2は、スマートフォンやタブレット、PCなどで使用する USBケーブルの抵抗値や対応規格など、結線状況や性能を目視する事ができるデジタルチェッカーです。

先日、タブレットをPD充電中ショートさせてしまい壊してしまいました。充電器側に関しては、常に他の機器にも使っているので、問題は無さそうです。格安で買ったPD充電ケーブルが怪しい。

この機会に、手元に大量にあるケーブルの仕分け・断捨離しようと購入しました。もう怪しいケーブルで端末が故障してしまうのは嫌だ!

という事で、製品レビューついでに安全なケーブルの規格基準についても解説しますね。

USB CABLE CHECKER2

●製造型番:ADUSBCIM
●製造販売元:株式会社ビット・トレード・ワン
●対応 USBインターフェイス
 USB Type A(~3.1 Gen2)
 USB Type C(~3.2)
 USB Type mini B(~2.0)
 USB Type micro B(~2.0)
 USB Type C(~3.2)
●外形寸法 H13.8xW86.85xD53.7mm(突起部除く)
 重量 約45g
●使用電池:CR2032

 

筐体レビュー

基盤をアクリル板でサンドイッチしただけ。筐体がマニアックでいい感じ▼

サイズは結構小さいです▼

 

ポートはA側はType-CとTypeA、B側はMicroBとType-C、MIni B▼

 

底にはゴム足が付いています▼

 

電池の絶縁シートを抜いて電源を入れると、ん?
いきなり「LOW BATTERY」💦

電池切れです。買ったばっかなのに、在庫期間が長かったのかな?

 

仕方なくボタン電池を交換しました。CR2032ならマザーボードなどでも使っているので、家を探せば幾らでもあります。

 

 

表示項目解説

USB CABLE CHECKER2 に表示される、ケーブルのデータ項目について解説します。

説明を読んだだけでは、何が重要か分からないと思います。安全・性能面で大切な点は後でピックアップして解説しますね。

LED情報

  • GND:電源線(グランド電源)への通電
  • VBUS:バスパワーの通電
  • D-/D+:USB2.0までのデータ通信に対応 (LowSpeed / Full Speed 及びHigh Speed)
  • TX1, RX1:5Gbps(SuperSpeed / SS)モード対応、3.1 gen1
  • TX2, RX2:10Gbps(SuperSpeed+ / SS+)モード対応、3.2 gen2
  • SBU1/2:サイドバンドユース1、2:DP オルタネート出力(SBU) 音声や映像
  • CC:コンフィグレーションチャンネル対応

GNDVBUSは、単純に充電できるかどうかの通電状況(電源管理用のワイヤー)です。ここが消えていたら断線の可能性があります。
またD-/D+は、USB2.0データ転送に対応しているか否かです。Bluetoothイヤホンなどに付属しているケーブルなど、充電専用なので非対応なものが多いです。

CCは、コンフィグレーションチャンネル(Configuration Channel)の略で、USB-PD規格のケーブルでは重要項目となっています。
USB Type-Cのケーブルに対して、7つのステップ (5つがUSB Type-C規格、2つがUSB PD規格で規定)でチェックします。
PD規格では大電流を流しますので、CCが点灯しないケーブルを使うと危険です。

RX1,2/ TX1,2に関しては、3.1 gen1, gen2に対応しているかどうかをチェックする時に使えますね。

 

ディスプレイ表示

○○mΩ部分の値は、GND線とVBUS線合計の抵抗値で精度は±15%。mΩの数値(抵抗)が少ない程に充電効率の良いケーブルと判断できます。
逆に1,100mΩを超えるとHIGHと表示されてしまい、破棄した方が良いくらいのダメケーブルです。

また内蔵されている抵抗も表示されます。USB-AからUSB-Cのケーブルでは、56Kの抵抗を内蔵されている事が必須です。56K以外の表示がついているようなら危険です。

E-markedと表示されるのは eMarker(イーマーカー)チップが内蔵されているという意味です。USB3.1以上に対応するUSB Type-Cケーブルに内蔵されているICチップで、5A以上のType-Cでは必須です。出力5A以上のUSB-C PDケーブルで、eMarkerと表示されないケーブルは危険です。

またCCプルアップまたはプルダウン抵抗を発見した場合、ディスプレイの表示は通常とは異なって、CC端子の状況を列挙します。sauce:取り使い説明書

またMicroBケーブルであれば、OTGに使用できれば[OTG ENABLE]と表示されます。

「UP10K/SOURCE 3.0A」「UP22K/SOURCE 1.5A」と表示される場合、この抵抗値の抵抗をプラグ内に持つケーブルはUSB規格外です。
あまり使わない方が良いケーブルということになります。

DOWN5.1K/SINK 0.5Aの表示は、Cプラグ内にGND-CC間に接続された5.1kΩの抵抗器を持ち、接続先USB機器は可能であればホストとして動作します。

 

ケーブルテスト

実際にどのように表示されるのか、幾つかケーブルをチェックした様子をご紹介します。

ダイソー USB-A to Type-C

少し前にダイソーで購入して使っていたUSB-C充電ケーブル。ナイロン編みされていて強度が強そうで、長さ55cmとあまり見かけない長さ。取り回しに便利で、何かと使えるので重宝しているケーブルです。

 

USB2.0規格対応で通電しています。データ転送にも対応しています(D-/D+)。抵抗は 178mΩと優秀です。

 

GaN採用65WのPD充電器付属ケーブル

CHOETECH(チョーテック)のGaNを使用したPD充電器に付属していたケーブルです。

 

最大で20V/3.25Aでの65Wの出力が得られる充電器に付属していたもので、100W出力に対応と書かれていました。
ディスプレイには [E-MAKED] と書かれており、CCもしっかりと光っています。
eMarkerチップは、5A以上の出力対応のケーブルに必須なので、このケーブルは安心ですね。抵抗値も177mΩと優秀です。

ただし100Wの出力に使うには細いので、65Wの充電器用で安全のためにeMarkerチップを内蔵しているのでしょう。

 

身元不明の怪しいケーブル

引き出しの底から出てきた何も書かれていないType-C to Type-Cケーブル。

 

何とSBU1/2が点灯しています。DPオルタネート出力(DisplayPort Alternate Mode)対応のケーブルでした。
しかもgen2対応。危なく捨てるところでした。調べて良かったぁ。

 

使ってはいけないケーブル表示一覧

危険なケーブルの判断基準
 「UP10K/SOURCE 3.0A」「UP22K/SOURCE 1.5A」と表示
 E-marked表示が無い5A以上出力のケーブル
 [UP56K/SOURCE 0.5A]表示が無いA→Cケーブル
 CCが点灯しないPD充電用ケーブル
 HIGH mΩと表示されるケーブル

 

まとめ

充電中にショートしたタブレットは、気づいた時は火傷するくらいの熱を持っていました。ケーブルを抜くとコネクタ部が溶けていて、他のケーブルを挿しても反応しなくなりました。

口コミのレビュー欄などを読むと、このようにショートして壊れたと書かれているデバイスを見かける事がありますね。
端末に低評価を入れているケースが多いですが、ケーブルや充電器側に問題がある事が多いと思います。たぶんデバイスは冤罪です。

私はデータ転送が不要なガジェットに付属しているケーブルは、袋から出した途端に捨てています。充電速度が出ませんし、後でデータ転送に使ってダメというケースを避けるためです。

それでも引き出しには大量のUSBケーブルがあります。これ以外にもあちこちに分散して収納しているので、どれくらいの本数があるのか見当もつきません。引き出しを開ける度に、細かったり古そうなケーブルは破棄しているのですが、溜まる一方です。

今回仕分けしましたが、1割程度でギブアップ。これからは必要なケーブルを探す時にチェックしようと考えています。

今回タブレットを壊してしまいましたが、実は今回で3・4 度目です。規格外の偽装ケーブルを使うと危険ですね。
あの熱の持ち方だと、放置していたら火事になりかねませんでした。
このチェッカーを買っただけで凄い安心感です。

USB CABLE CHECKER2の価格は、Amazonで5,180円。楽天だと送料込みで4,999円というショップもありました。

ケーブルをチェックするだけの製品に5千円。高い気もしますが、ケーブルを探す度に挿して確認するのも大変ですし、何より端末の破損を事前に避けけられれば元は取れます。保険のためにもチェックして使いたいですね。

 

USB CABLE CHECKER2
BitTradeOne ADUSBCIM
 

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top