LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

テンキーを外してゲーミングモードになるメカニカルキーボード「ROG Claymore II」発表

ASUS JAPANから、ワイヤレス/有線ゲーミングキーボード「ROG Claymore II」が発表となりました。

ROG Claymore IIは、脱着式テンキーを採用した独創的な製品で、テンキーはキーボード本体の右側だけでなく左側にも搭載可能。
またキースイッチは独自のROX RX Opticalメカニカルスイッチを採用しており、1億回以上の打鍵に耐えるゲーミングキーボードとしての機能もグレードアップしています。

 

テンキーをドッキングしてフルキーボードモード

外形寸法は幅541mm、奥行き191mm、高さ87mm、重量1,156g。パームレストはマグネット脱着式。

 

接続インターフェイスは2.4GHzワイヤレスに加え、USB Type-Cによる有線接続も可能な2-Way仕様。USBレポートレートは1,000Hz(1ms)をサポートします。

 

4つのマクロキーを搭載した着脱式テンキーを採用

脱着式テンキーパッドはキーボードの左右どちらにもドッキングが可能。TKLモード(80%)で使用する場合は、完全に取り外すこともできます。
また、4つのメディアコントロールキーが組み込まれ、ショートカットやゲーム内のマクロコマンド用ホットキーにプログラムすることが可能です。音量をすばやく調整できるコントロールホイールも搭載されています

 

ROG RX RED Opticalスイッチ

キースイッチは「ROG RX Redオプティカルメカニカルスイッチ」を搭載。前モデルでは CHERRY MXスイッチを採用していたので、大きな変更点となります。

リニアタイプのメカニカルスイッチで、押下特性40~55gf、アクチュエーションは1.5mmと浅め。キーストローク4.0mm。Nキーロールオーバーによる全キー同時押し、100%アンチゴーストにも対応しています。
また、取り外し式とは言え、テンキーにも「AURA Sync」に対応したPer-Key RGB LEDが内蔵されています。

 

内蔵電源

4000 mAhの内蔵バッテリーを搭載しており、RGBライティングがオンにしたピカピカ状態でも、ワイヤレスモードの場合、1回の充電で最大43時間ノンストップで使えます。

 

テンキーを諦めきれないゲーマー向き

メカニカルキーボードを普段使いしている人にとっては、テンキーが欲しいが、ゲームの時は邪魔になるという人も多いですよね。

ROG Claymore IIは、テンキーを諦めきれないゲーマーには喉から手が出るようなキーボードですね。

私も仕事モードでは、Bluetoothテンキーをつかっています

 

左側にテンキーを付ける情況が想像できませんが、左利き用?もしくは 簿記などで左手電卓に慣れた人は、左側にテンキーがあると便利なのかもしれませんね。

価格は30,000円前後と、かなりのハイエンド設定。リアルフォースの上位モデル並みの価格設定となっています。

ASUS ゲーミングキーボード ROG Claymore II
ROG-RXスイッチ 80%/100%レイアウト バッテリー 最大144時間 脱着式テンキーパッドとリストレスト US配列 国内正規品
 
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top