LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

15Wモード対応LEDインジケーター付きMagSafe充電器LS-C07 レビュー

iPhone12シリーズからは、製品に充電器が同梱されなくなりました。その代わりという訳ではありませんが、新たに磁気式のワイヤレス充電「MagSafe(マグセーフ)」形式が導入され、充電タイプのチョイスが増えました。

今回ご紹介するLS-C07は、比較的低価格なMagSafe充電器で、手持ちのUSBアダプターから充電できるお手軽モデルとなっています。

MagSafe充電器

  • 型番:LS-C07
  • サイズ:Φ約57 x 4.3mm
  • 質量:約 50g
  • 入力:5V-2A / 9V-2A
  • 出力:5W / 7.5W / 10W/15W(Max)

※ メーカーの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューします。

筐体レビュー

本体はシンプルで、真ん中にチャージマークがプリントされています。
本家Apple純正とは若干デザインが違いますが、コースターっぽさは似てます▼

 

裏側は艶消しシルバー▼使ってみた印象だと、このメタル部分が放熱するヒートシンクの役割も果たしている感じです

 

iPhoneにくっつけると↓こんな感じ

 

厚さ約 4ミリと薄型です

 

ケーブルの長さはUSBコネクタ部を除いて約 1.2メートル▼

 

USBのタイプはUSB-Cです▼

 

本体重量は約50グラム▼

 

直径は約 56.7 ミリ。純正が 55.9ミリなので 0.8ミリ大きいですが、純正用のスタンドなどのアクセサリーは使えるようです▼

 

USBアダプターは付属していませんので、別途用意する必要があります。
PD規格(PowerDelivery)のほか、QuickCharge(クイックチャージ)にも対応しています。手元にUSB-C出力のUSBアダプターが無い場合、USB-C➡USB-A変換アダプタなんかを使うという方法もあります。

 

充電テスト

MagSafe充電可能なスマートホンは、iPhone 12シリーズとなりますが、モデルにより充電速度が異なります。
iPhone 12、 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxは最大15W、iPhone 12 miniは最大12Wでの充電となります。

手持ちのiPhone 12 miniで充電テストしてみると、9.08 V / 1.04 Aの速度でした。

出力モードは、5W / 7.5W / 10W / 15Wの4つのモードとなりますので、10Wモード(9V / 1.1A)で出力されたようです。
iPhone 12 、12 Pro(max)の場合は15Wモード(9V / 1.67A)で充電できると思います。

 

充電状況は、USBプラグについているLEDの色と点滅で確認できます▼

青点滅:充電中、青点灯:充電完了、赤点滅:異物検出、赤点灯:エラー
この機能は、Apple純正には無いのでパッと見でわかる便利な機能だと思います

MagSafeは、純正品でも熱くなる事が知られています。
充電中の表面温度を計測すると31.6℃。ほんのり温かい程度でした▼10Wモードでの計測なので、15 Wモードだともっと熱を持つと思います

Qi(チー)ワイヤレス充電にも対応しています▼

ちなみにiPhone 12シリーズ以前のモデルでも、ワイヤレス充電対応しているタイプなら充電可能となっています。
通常のワイヤレス充電の場合、iPhoneのスペックどおり 7.5Wモードでの充電となります。

ただし強力な磁力がありますので、iPhone12シリーズ以外を置いても大丈夫なのか?と心配になります。

 

磁力について

MagSafeは、名前のとおりMagnet(マグネット)磁力で、iPhoneにくっつけて充電する事ができます。
そのためQiワイヤレス充電のように少しズレて充電が出来ていない、充電位置合わせが面倒といったストレスがありません。

磁力は結構強く、iPhone 12 miniがぶら下がります▼

 

磁石なのでスチール類にはピタっとくっつけて収納したりできます▼

 

MagSafeに非対応のアラミド繊維のケースでも問題なく使えました▼

 

iPhoneの重さにも耐えられるので、MagSafe用のスタンドでも使えると思います▼

 

まとめ・価格・販売サイト

MagSafeチャージャーは、置くだけ充電のQiワイヤレス方式の進化方式ですね。
置く位置の調整も不要ですし、何より手持ち充電しながら使えるのが非常に便利です。Lightningケーブルで充電しながら使うと、ポートに負担が掛かって故障の原因にもなりますし、挿し込み口付近が傷だらけになります。
いつもiPhoneに充電ケーブルが差さった状態で使っているような方は、MagSafeチャージャーがお勧めです。

Apple純正品のMagSafe Chargerの価格は 税込み4,400円。セット内容はワイヤレス充電器のパッドのみで、性能を最大限に活かすためには、Apple 純正の20Wアダプター(2,200円)が必要となります。合計 6,600円と高額ですね。

今回ご紹介した充電器は、Amazonで ¥3,580(税込み)。USBアダプターは、家にあるPD・QC規格に対応のものが流用できます。

 

magsafe充電器 最大15W出力
iPhone 12 / mini/pro/pro max 対応 マグネット ワイヤレス充電器 急速 磁気充電

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top