スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etoren】3眼カメラの端末「 Samsung Galaxy S10/10 Plus」取り扱い開始!性能・カメラ・スペックレビュー

ECサイト大手の「Etroren」では、Samsung のフラッグシップ端末「 Galaxy S10 / S10 Plus」の 取り扱いを開始しています。

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」は、今年2月に発表された「Galaxy S10」シリーズの最上位モデルです。両端末は、プロセッサーに「Snapdragon 855」を搭載した最新ハイエンド端末です。にも関わらず、価格設定が7万円台~となっており、ライバル機に比べて高いコストパフォーマンスの お得スマホに仕上がっています。

Samsung Galaxy 10|10 Plus スペック

10 + 10
OS Android 9.0 (Pie)
One UI
SoC Snapdragon 855 Snapdragon 855
RAM 8GB 8GB
ROM 128GB / 512GB 128GB / 512GB
MicroSD 最大 512 GB
ディスプレイ 6.4 インチ
1440 x3040
AMOLED
6.1 インチ
1440×3040
AMOLED
カメラ リア:
12+12+16 MP
フロント:
10+8 MP
リア:
12 + 12 MP
フロント:
10 MP
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 4,100 mAh 3,400 mAh
対応バンド 3G: HSDPA
850/900/1700(AWS) /1900/2100
4G:FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13
B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28
TDD-LTE
B32/B38 / B39 / B40 / B41 
サイズ 157x74x7.8mm 156x68x8.4mm
重さ 175g 157g
その他 NFC

筐体レビュー

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」のィスプレイは「Infinity-O Display」と名付けたパンチホール・デザイン。画面は1440×3040ピクセル(QHD+)のSuperAMOLED(有機EL)。「HDR10+」規格に準拠する高ダイナミックレンジの再生に対応しています。

画面サイズはS10が6.1インチ、10+が6.4インチ▼前モデルの「Galaxy S9 / S9+」と比較してブルーライトを42%カットされています。

指紋認証はインディスプレイ(画面内)に配置され、顔認証システムも搭載しています。この指紋認証方法は、超音波式の指紋センサーを使用しており世界初のFIDO認定生体認証となっています。

IP68規格の防水防塵に対応しており、完全な防塵加工が施されており水面下での使用が可能な端末です。
(画像はS10+)

USBインターフェイスは Type-Cで、USB PD(Power Delivery)での急速充電にも対応しています。また日常生活や使用パターンを学習し、不要なアプリの電源を切ることができ「Adaptive Power Saving モード」では、1日の予測に基づいてバッテリーの寿命を管理します。
またQi認定のデバイスおよびワイヤレス充電に対応しており、充電のみならず端末側から給電する「リバース充電」に対応しています。

ステレオスピーカーは「Dolby Atoms」にも対応しています。

内部スペック

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」のSoCには、現在最強クラスのクアルコムの新型高性能チップセット「Snapdragon 855」を搭載しています。スナドラ855は、GPUに独自コアの「Adreno 640」を採用しており、従来の845と比べゲーム性能が20%向上しました。また7nmプロセスとなったことで、演算性能が45%、AI性能が3倍向上しており、Antutuベンチマーク スコアは、約36万-38万と言われています。他社の7nmフラッグシップ SoC(Kirin 980、Apple A12 Bionic)と比較しても、最高のパフォーマンスを発揮します。現在最高クラスのチップセットです。
RAMは8GB。内部ストレージ(ROM)は、日本国内モデルでは128 GBのみとなっていますが、グローバル・バージョンではROM 512 GBモデルも発売されています。外部ストレージ(MicroSD)は最大512GBのmicroSDXCに対応しています。

またベイパーチャンバー冷却システムを搭載しており、AIベースでパフォーマンス向上しており、ゲームプレイ中でもスマートフォン本体が過熱して動きが遅くなるのを防ぎます。

カメラ

Galaxy S10 / S10+の一番の違いはカメラ構成。S10 Plusのリアカメラの構成は、メイン1,600万画素(F/1.5-F/2.4)の 123°超広角カメラ + 1,200万画素(F/2.4)の2倍光学レンズ、さらに16,00万画素(F/2.2)のウルトラワイドレンズ のトリプルカメラ仕様。
一方S10のリアカメラの構成は、メイン1,200万画素(F/1.5-F/2.4)の 123°超広角カメラ + 1,200万画素(F/2.2)の2倍光学レンズのデュアルカメラ仕様。
フロント側はS10が10MP(F/1.9)80°の広角レンズ。S10+は10MP(F/1.9)80°の+8MP(F/2.2)の2枚の広角レンズを使ったデュアルカメラ。

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19に対応しており、都市部及び地方での使用に問題はありません。3G帯のプラスエリア(B6)への対応は不明です。

SoftBank:LTEバンド1,3,8 に対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEバンドB1,18(26)に対応しており、VoLTE SIMでの利用は可能です。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。

【 対応バンド 】
3G: HSDPA
850/900/1700(AWS) /1900/2100
4G:FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13
B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28
TDD-LTE
B32/B38 / B39 / B40 / B41

 Galaxy S10 / S10+ まとめ・価格

Etorenでの価格は、「Galaxy S10」ROM 128 GBモデルが7万7500円。ROM 512 GBモデルは9万4600円。
「Galaxy S10+」は、ROM 128 GBモデルが8万990円~(カラーによって異なります)。ROM 512 GBモデルは11万5900円。

ファーウェイ問題以来、Android端末のハイエンドユーザーはPixel 3に流れたり、GalaxyやXperiaに回帰するユーザーが急増しています。
価格的に言えばライバル端末の「Xperia 1」は、スペックに大差が無いにも関わらず10万3,900円とGalaxy S10シリーズより1段高い設定になっています。
最新・最高クラスのSoC搭載フラッグシップモデルが7万7500円!という高いコストパフォーマンスのS10シリーズはとても魅力的です。

Galaxy S10 / S10 Plus【Etoren】

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top