スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【レビュー】800円の激安の軽量カメラ三脚が全部入りだった 「オーム電機 OHM OCT001-K」

秋葉原「ジャンク通り」で良く見かける激安アイテム衝動買い!記事の続きです。
「OHM OCT001-K4段階調節」というカメラ用三脚を800円(税抜き)で買ってきました。

私はミラーレス一眼と三脚を持って登山に行くのですが、ザックの横に入れた三脚を落としてしまったり、立てたまま忘れて下山してしまったり、タイムラプスを撮影していて盗難にあったり、と持ち運び用の三脚は消耗品です。ホント自分でも呆れるほど良く無くします。
何より傷だらけになるので、カーボンファイバー製の高価な三脚を持って行くのは抵抗があります。

普段はネットで買った廉価な中華三脚を山に持って行くのですが、1回で壊れてしまったり当たりハズレもあるので、リピ買いできるお気に入りの廉価三脚を探していました。

秋葉原の街をぶらついていると、 750円から1000円くらいの価格帯の軽量カメラ用三脚を大量に見かけます。メーカーや種類も様々なので目移りしましたが、日本メーカー製という事でコチラを選びました。

帰宅後に調べてみると、この三脚もネットで購入すると倍の価格で販売されているんですね。最近では店舗よりAmazonで買った方が安い事が多いのですが、三脚に関してはアキバで店舗から直接買った方断然安かったです。ちなみに店舗は「あきばお~八號店」の店先で販売されていました。

さっそく実用に耐え得るのか?三脚をレビューしてみます。

オーム電機 OHM OCT001-K仕様

積載制限質量:2,000グラム
最伸高:約 1,060 mm
最縮高:約 365 mm
質量:465 グラム
ティルティング角:前傾:90°/後傾:90°
パンニング角:約 360°
脚部:4段階調節

 

製品レビュー

縮めた時は、ガタつく箇所もなくコンパクトです▼

 

重さは実測で443グラム▼

 

付属の収納ポーチは肩掛けストラップも付いています▼

 

脚の固定方法は、レバーを開閉して脚を固定するレバーロックのタイプです。レバーロック

 

脚はアルミ製で、一番太いパイプの直径は約16.6ミリ、先端の細い部分は約 7.5ミリ▼

 

高さは最縮長は約 350 ミリ▼

 

最伸高は約 1,060ミリ▼

 

パンハンドル

パンハンドルが付いているのでビデオ撮影にも使えます▼

 

パン、チルトの挙動は、少し引っ掛かりがあってスムースとは言えませんが、一定速度で動かす事はできます▼

 

プラスチッキーな雲台には、どの種類の潤滑剤を使うのが正解か分かりませんが、KUREのドライファストルブをスプレーすると随分軽く動くようになりました。私は金属以外は、ドライファストルブを使う事が多いです。

 

雲台

雲台はクイックシュー式で取り付けが便利です。安価な三脚だと 取付が面倒な ネジ式が多いので、超廉価三脚でクイックシュー式は嬉しい仕様です▼

 

垂直 1方向のみ水平器が付いています▼

 

雲台のタイプは、水平・垂直に加えて横から縦方向にも動かせる「3WAY雲台」を採用しています▼

 

センターポール

三脚の高さは雲台下のセンターポールでも調節できます。センターポールの長さは約 170ミリ。さすがにハンドル付きのエレベーター機能はありませんでした。

 

オーム電機 OHM OCT001-Kまとめ

高級感はありませんが、雲台がクイックシュー式+脚の伸び縮みがレバーロック式という私の条件は全てクリアしています。そして水平器付きで、アルミ軽量コンパクトで安い!必要十分です。まだ1回しか持って出かけていませんが、強度も問題なさそうです。
アキバの近くを通った時にでも、数本追加購入しようと考えています。

私は、三脚がパッと取り出せないと億劫で撮影枚数が極端に少なくなります。専用袋に入れずに、直接ザックのサイドポケットに突っ込める安さが魅力です。八百円三脚なので、乱暴に扱っても気になりません。

今回買ったOHM OCT001-Kは、 2015年08月に発売されたモデルのようです。メーカーの公式販売ページは既に販売終了となっていますが、通販サイトなどでは取り扱いがあります。
日本アマゾンでは、なんとAmazon Choiceステッカーが貼ってありました。

 

オーム電機 カメラ三脚 [OCT001-K]
**黒/4段階調節**

 

KURE(呉工業) ドライファストルブ (300ml)
** 1039 [HTRC2.1]**
The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top