LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

OnePlus Nord N10 5G!性能・カメラ・スペックレビュー

中国メーカーOPPO傘下のスマートフォンメーカーOnePlus(ワンプラス)より、新Androidスマートフォン「OnePlus Nord N10 5G」が発表されました。

OnePlus NORD N10 5Gは、OnePlusの最新8シリーズのライトモデル「Nordシリーズ」の5G対応新モデルという位置付けです。

OnePlus Nord N10 5G スペック

OS Oxygen OS
Android 10ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 690
GPU Adreno 619L
ディスプレイ 6.49 インチ
2,400×1,080(FHD+)
RAM 6 GB
ROM 128 GB
外部ストレージ MicroSD
最大 512 GB
リアカメラ 6,400万画素(f/1.79):メイン
800万画素(f/2.25):119°超広角
200万画素(f/2.4):マクロ
200万画素(f/2.4):モノクロ
フロントカメラ 1,600万画素(f/2.05)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋認証、顔認証
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth  5.1
バッテリー 4,300mAh
充電 有線充電:30W(5V/6A)
ワイヤレス充電:非対応
対応バンド 2G GSM:
850/900/1800/1900
3G WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8
CDMA:
BC0
4G LTE-FDD:
B1B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/66
LTE-TDD:
B38/39/40/41
5GNR:(Sub6)
n1/3/7/28/41/66/78
GPS GPS/ A-GPS / GLONASS / GALILEO / BDS
インターフェイス USB-C
サイズ 高さ: 163 mm
幅: 74.7 mm
厚さ:8.95 mm
 重量 190グラム

 

筐体レビュー

ディスプレイはパンチホール型のノッチを採用しています。
画面サイズは、6.49インチ、解像度2,400×1,080の(FHD+)スクリーン。IPSを採用しており、リフレッシュレートは90Hz

 

指紋認証は端末背面に配置され、顔認証システムも搭載しています。通常OnePlus端末にはiPhoneのような、マナーモード用のスライドスイッチが配置されていますが、N10には採用されて無いようです。物理ボタンは通常のAndroid端末と同じく、ボリュームボタンと電源ボタンのみとなっています。

 

カラーバリエーションは、ブルー系(ミッドナイトアイス)のみ▼

 

バッテリー容量は、 4,300 mAh。USB-Cを使った有線充電は 30W(5V/6A)の急速充電に対応しています。Qi(チー)ワイヤレス充電には非対応です。
Oneplusのオリジナル技術のワイプチャージ30Tにより、30分で空の状態から一日使えるだけの充電が可能としています。

 

スピーカーはデュアルスピーカーを採用。OnePlusの端末は、随分前から3.5mmイヤホンジャックを排除していましたが、N10では復活しています。

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーにはクアルコムのチップセット「Snapdragon 690」を搭載しています。Snapdragon 690は、6シリーズとしては初めて5Gに対応しました。QSD690は、CPUにKryo 560、GPUにAdreno 619Lを搭載し、Snapdragon 675と比較してパフォーマンスは最大20%向上しています。AnTuTuスコア(v8)は現在不明です。Snapdragon 675は、21.0万ポイントでしたので、24-26万ポイント前後と予想されます。

ミドルレンジの最上位クラスですね。ハイエンドモデルには少し及びませんが、これだけの処理性能があれば、動かないゲームはありませんし、どんな作業もストレスフリーで行えます。

メモリ/ストレージの組み合わせは、(RAM / ROM )6 GB + 128 GB 構成のみです。またOnePlusでは外部SDカードには非対応でしたが、N10では、最大512 GBのMicroSDカードに対応しています。

 

Oneplus 8 Proのメモリは新世代LPDDR5規格を採用していますが、こちらは無印Oneplus8/無印NORDと同じLPDDR4Xとなっています。ストレージの規格に関しても、8/8PlusはUFS 3.0規格を採用していますが、NORDファミリーはUFS2.1です。

公式サイトのスペック表には、Oneplusシリーズ独自の「Fnatic Mode」に関しての記述はありませんでしたが、Oxygen OSの機能なので搭載されていると思われます。
Fnatic Modeは、端末内の全てのリソースをゲームだけに集中する事で、3Dグラフィックがグリグリの重いゲームであっても、より快適に低遅延で遊べるようになるOnePlus独自の機能です。
画像はOneplus 8 plus

 

カメラ

インカメラは、ディスプレイ内の左上に配置されたパンチホール内に格納されています。1,600万画素(F/2.05)を採用。ポートレートモードで背景をボカシた、美しい写真撮影が可能としています。

リアカメラは、クアッド(4眼)カメラの構成

構成は、6,400万画素(f/1.79)のメインカメラ、サブカメラには800万画素(f/2.25)の119°超広角カメラ、200万画深度撮影用(F/2.4)モノクロレンズ、200万画素(f/2.4)マクロカメラのクアッド構成となっています。

 

夜景モード+119度の超広角撮影は美しくて壮観です。色々と楽しめそうなカメラですね▼

動画録画は、インカメラ(セルフィ―側)が1080p/60 fps、アウトカメラは4K/30 fpsまで対応しています。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)。また5G(Sub-6)にも対応しています。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。プラチナバンドB19には非対応なので、高い建物の影や地下、郊外での通信で若干弱くなります。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴み難くなります。
5G帯に対しては、Sub6のn78のみに対応していますが、ミリ波(n257)非対応です。一応ドコモ端末で5Gバンド回線は使えます。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
5G帯に対しては、Sub6/ミリ波ともに非対応です。

AU:LTEバンドB1には対応していますが、プラチナバンドB26(18を内包)非対応なので利用できるエリアは限定的です。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。
Sub6のn78のみに対応していますが、ミリ波(n257)非対応です。au端末で5Gバンド回線は使えます。

【 対応バンド 】
2G GSM:
850/900/1800/1900
3G WCDMA:
B1/B2/B4/B5/B8
CDMA:
BC0
4G LTE-FDD:
B1B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/66
LTE-TDD:
B38/39/40/41
5GNR:(Sub6)
n1/3/7/28/41/66/78

 

OnePlus  NORD N10 5G まとめ、価格

  • OnePlus NORD N10 5G(6GB + 128GB)329ユーロ(約45,000円)

OnePlus  NORD N10 5Gは、7月発売の無印Nordと比べ(399ユーロ)より安いです。
それでいて搭載プロセッサーがグレードアップしており、OnePlusが排除していた外部ストレージや3.5インチステレオジャックを搭載するなど、使いやすい端末となっています。
しかしながら、無印Nordが有機EL液晶に対して、N10はIPS液晶を採用しており、フロントカメラ性能が大きくスペックダウンしています。

ちなみに無印NORDのフロントカメラは、SonyのIMX616を搭載した3,200万画素+800万画素超広角レンズの2眼カメラを採用していました。

ライトモデルの位置付けの端末ですが、ゲームをプレイするには十分な処理能力を備え、高リフレッシュレート画面など、バランスの取れた良い端末に仕上がっていると思います。

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top