スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Realme 6i発売!Helio G80搭載お手軽ゲーミングスマホ!スペックレビュー

中国メーカーOppoのサブブランド「Realme」より、ミドルレンジクラスのSIMフリー端末「Realme 6i」が発売されました。

Realme 6iは、MediaTek 社がゲーミング向けに開発した新プロセッサー「Helio G80」を搭載したお手軽ゲーミングスマホです。

Realme 6i スペック

OS Realme UI
Android 10ベース
SoC MediaTek Helio G80
(MT6769U)
ディスプレイ 6.5 インチ
1600×720
RAM 3 GB /4 GB
ROM 64 GB/ 128 GB
外部ストレージ 最大 256 GB
MicroSD
リアカメラ 4,800万画素(f/1.8):広角
800万画素(f/2.3):超広角
200万画素(f/2.4):マクロ
B&Wレンズ(f/2.4)
フロントカメラ 約 1,600万画素(f/2.0)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11 b / g / n 
Bluetooth 5.0
バッテリー 5,000 mAh
対応バンド GSM
850/900/1800/1900
WCDMA
B1/5/8
FDD-LTE:
B1/3/5/7/8/20/28
TD-LTE:
B38/40/41
GPS GPS / AGPS / Glonass / Beidou
インターフェイス USB-C
 サイズ 164.4 x 75.4 x 9mm
 重量 199 g

 

筐体レビュー

ディスプレイは水滴型ノッチを採用した6.5インチの画面。解像度は1,600×720のHD+画質。大画面スマホとしては少し荒めです。アスペクト比は20:9、画面占有率は89.8パーセント

 

ディスプレイはGorilla Glass3でコーティングされています

 

 

カラーバリエーションは、ホワイトミルクとグリーンティーの2色▼

 

ボディは縦にストライプ模様が浮き出るホログラフィックカラーを採用しています▼

 

内部スペック

 バッテリー

バッテリー容量は5,000 mAh搭載しており、18Wまでの急速充電に対応しています。

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーは、今年MediaTekからリリースされたSoC「MediaTek Helio G80(MT6769U)」搭載しています。
G80のGは、Gamingの頭文字から取っており、MediaTek HyperEngine Game Technologyを搭載したゲーミングに最適化したチップセット。
64bit対応のオクタコア(8)CPUで、デュアルコアのARM Cortex-A75とヘキサコア(6)のARM Cortex-A55で構成されます。AnTuTu(v8.0)の総合性能スコアは約19.5万ポイント。

RAM 3 GB + 内部ストレージ(ROM)64 GBとRAM 4GB + ROM 128 GBの2種類の構成があり、256 GBまでの外部ストレージ(MicroSD)に対応しています。

カードスロットは、 NanoSIM2枚のスロットとは別にMicroSDスロットが独立して用意されています。SIMカードを2枚挿してDSDV運用しながらでも、外部ストレージを挿して追加容量を利用できるのは大きいですよね。

 

カメラ

リアのクアッドカメラは、 4,800万画素(f/1.8)の高精細メインカメラ、800万画素(f/2.3)の119度の超広角レンズ、200万画素(f/2.4)のマクロレンズ、200万画素(f/2.4)B&W(白黒)深度撮影用ポートレートレンズの4 枚構成。ビデオ撮影は1080P/30fps(FHD)までに対応しています。

 

Realme独自の夜景モード「Super Nightscape」を搭載しており、暗所でも明るい画像撮影が可能です▼

 

マクロレンズは4cmまでの接写に対応しています▼

 

フロントカメラは1,600万画素のポートレートレンズを採用しており、あらゆるセルフィーシーンを自動判別して撮影ができます。
搭載しているAIビューティーアルゴリズムは、顔を認識し、自然で美しいエフェクト(カスタマイズ)を可能にしています▼

 

対応バンド

Realme 6iは、2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE待ち受けも可能です(DSDV)

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。しかしながら 高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンドB19、および3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴みにくくなります。

SoftBank:LTEバンド1,3,8 に対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEバンドを使用するVoLTE SIM、および通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMともに未対応です。

【 対応バンド 】
2G: GSM:
B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA:
B1/B5/B8
4G: FDD-TLE:
B1/B3/B5/B7/
B8/B20/B28
TDD-LTE:
B38/B40/B41

まとめ / 価格

Realme 6iはミャンマーとインドで先行発売されており、標準価格は、3GBのRAMと64GBのストレージ構成モデルは、249,900ミャンマーチャット(約19,000円)。
4GB RAM + 128GBストレージ構成モデルは、 299,900ミャンマーチャット(約23,000円)で販売されています。

海外ECサイトでもグローバルモデルの取り扱いを開始されており、Banggoodでは4+128GBモデルが$ 219.99→$ 199.99でセール販売されています。

商品名 クーポン 価格
BangGood
Realme 6i
4+128GB
BGRM6I4 $ 219.99
$ 199.99

 

ECサイト/割引クーポン

今回ご紹介した端末は、セール対象になっている事が多く、割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top