背面にE-inkの2画面スマートホンのYotaシリーズの新機種『YotaPhone 3』が発売【スペック・レビュー】

      2017/10/04

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

裏面がE-ink画面のAndroid端末Yotaシリーズの新端末『YotaPhone3』が発売が開始され、スペックの詳細が明らかになりましたのでご紹介します。

旧端末のYotaPhone2は当ブログでもご紹介しましたが、背面がKindle同様の電子ペーパーになっている2画面端末です。YotaPhone3ではSoCはQualcommのSnapdragon 625を採用し、E-ink画面を4.7⇒5.2インチにするなど日本でも人気がでそうな端末です。

スポンサーリンク

YotaPhone3スペック

YotaPhone3スペック

CPU Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 オクタコア2.0 GHz Cortex-A53
GPU Adreno 506
OS YotaOS 3.0
Android 7.1.1ベース
RAM 4GB
 ROM 64/128 GB
画面サイズ 5.5インチ
1920 x 1080 (FHD)
有機EL
E-ink画面 5.2インチ
720 x 1280
 カメラ画質 リア: 12.0MP(f/1.9)
フロント:13.0MP(f/2.2)
デュアルLEDフラッシュ
micro SD スロット なし
SIMカード nano + nano
(DSDS対応)
Bluetooth  v4.2
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
 バッテリー 3,300mAh
 入出力端子 USB Type-C
 サイズ 153.6 x 75.2 x 7.9 mm
 重量 170g
ネットワーク
2G bands GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2
3G bands HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bands LTE
その他 Gorilla Glass 4/NFC

4Gに関してはLTEとだけ表記されています。参考までにYotaPhone2では「4G: WCDMA 800/1800/2100/2600MHz」LTEのBand 1(2.1GHz)が接続可能でした。

中国の販売サイトに対応バンドが表示されていましたが、携帯キャリア名が漢字表記で書いてあるだけでした。

4G:移动(TD-LTE);4G:联通(FDD-LTE);4G:电信(FDD-LTE);4G:联通(TD-LTE)
英語訳すると↓
4G:China Mobile(TD-LTE)、4G:China Unicom(FDD-LTE)、4G:Telecommunications(FDD-LTE)

中国の各キャリアの4G使用BANDを調べてみました。

移动TDD-LTE B38/41 B39 B40
联通FDD-LTE B3 B1、TDD B41
电信FDD-LTE B3 B1、TDD B41,
另外需:CDMA2000
これで言えば、B1は対応していそうな感じですね。B3であれば東名阪地域の都市部は大丈夫そうです。

 

製品画像レビュー

指紋認証は前面▼

 

2画面にも関わらず7.9mmと薄型です▼

性能は、SoCにSnapdragon 625ということでAntutuベンチマークは6万前半というスコアでしょう。ミドルレンジクラスの上といったレベルですね。ROMは64/128GBの2タイプが用意されます。

肝心のE-ink画面ですが、YotaPhone2のサイズでもブックリーダーとして十分使えました▼

2016-10-28-15-06-01_r

 

5.2インチに大きくなり、液晶もくっきり見やすくなっていそうです▼

64 GB版はRUB21,500 / 2,398元 / $ 360、128 GB版はRUB27,900 /3,098元 / $ 465

まとめ

YotaPhone2は発売当時としては破格のスペックで、NFCやQi充電にまで対応しておりAntutuスコアも5.6万ありました。しかし発売された時には日本円で10万円しましたので、日本では一部のマニアにしか人気が出ませんでした。Android4.4の時代にも関わらず、今でも通用するスペックです。
今回のYotaPhone3の仕様も期待していましたが、少しお高めなミドルレンジ端末に仕上がっています。Yotaphoneを販売しているYotaDevicesはロシアのメーカーでしたが、香港企業に買収された事から販売戦略を変えたのでしょう。

しかしながら旧YotaPhone2は日本ではバンドが掴み難く、OSをアップデートするとLTEのBand1にすら接続できませんでした(その後、色々イジる事でB1に接続できました)
YotaPhone3の対応バンドの詳細が知りたいところです。多バンド対応の国際版が発売されれば、日本でも人気になりそうです。現在は中国の「JD.COM」で販売されおり10月25日から出荷されます。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 背面にE-inkの2画面スマートホンのYotaシリーズの新機種『YotaPhone

 - Android端末, ガジェット/端末レビュー , ,