スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

中華スマホの「インターナショナル」と「グローバル」のバージョンの違いについて解説

GearBestなどの海外ECサイトでスマートホンをチェックしていると、製品名の隣に「インターナショナル・バージョン(International Version)」「グローバル・バージョン(Global Version)」などの表記が添えられている事があります。
グローバル(世界的な)もインターナショナル(国際的)も似たようなものなので、どちらでも日本で使えて問題なさそうに感じます。
なので、あまり気にされていない方も多いと思います。しかしながらチョイスを間違えると、ファームウェアのアップデートが出来なかったり、日本のアプリが起動しないという事態も起こり得ます。
今回は各バージョンの違いについて解説します。

※ Version(バージョン)がEdition(エディション)となっている場合もあります。

スポンサーリンク

バージョン・エディションの違いについて

製品名の隣や副題にバージョンの表記があります▼

特にシャオミ(Xiaomi)の端末に多く見られる表記で、これは中国当局の規制が関係しており、中国国内ではGoogle PlayストアやGoogle Map、YouTubeなどのGoogleサービス系アプリの多くが禁止されています。メーカーによっては多言語対応用のロケール情報も入っていません。

そのため オリジナルの「チャイニーズバージョン」では、それらアプリや言語ロケールがインストールされていない状態で販売されています。
たまに中国版と国際版で、対応バンドが違う場合もありますが、その場合「Global Band Version」と表記されている事が多いです。

販売されているチャイニーズバージョン↓。GearBestなどでは「 English and Chinese Version」と表記して取り扱っています▼

この中国版ではGoogle Play ストアがインストールされていません。製品のスペック欄の「Other Features」には「Google Play Store:NO」と書かれています。

グローバルとインターナショナルバージョンの違いについて

「インターナショナルバージョン」は、「中華版端末」として製造されたスマートホンに、ショップが後からGoogleサービスやロケールをインストールして販売したものです。ショップが公式グローバルROMをインストールして販売している場合も多いです。

それだけなら良いのですが、場合によってはECサイトが「ショップカスタムROM」とも呼ばれるオリジナルのROMを書き込んだ端末があります。最近では少なくなくなりましたが、ショップによっては稀にポップアップ広告が表示されたり、消せないアプリが入っている悪質なROMもあります。

関連記事

Android端末を使っていると、ある日突然ロック解除画面や待ち受け画面上に広告が表示される事があります。または、ケーブルを挿し込んだ充電中のみ広告が表示される、ロ…

 

インターナショナル版などをショップがインストールした場合、箱の封印シールが切れて届くので簡単に判ります▼

一方「グローバルバージョン」は、最初から中国国外向けに調整された製品で、Googleプレイストアなどがインストールされた状態で出荷された製品となります。Aliexpressなどの「メーカーの公式ショップ」でも取り扱われており、「Official Global ROM」と表記されています。

どちらのバージョンが良いのか?

同じ製品で「グローバルバージョン」と「インターナショナルバージョン」が販売されている場合、迷わず「グローバルバージョン」を選びましょう。

「インターナショナルバージョン」のデメリット

「インターナショナルバージョン」は後からGoogleサービス系アプリやロケートをインストールしていますので、場合によっては メーカーのオリジナルOSやファームウェアが「OTAアップデート」出来ない可能性があります(もしくは OTAアップデートのサポート外)

またPlayストアを利用した時、端末性能がアプリの起動条件を満たしていても、ダウンロード対象外と見なされダウンロードできない事も考えられます。ショップカスタムROMが入っていた場合、アプリによってはRoot化した改造端末と見なされてしまい、アプリが起動できなかったりゲームデータが消えてしまう危険性もあります。

※ これらのデメリットは、数年前に「ショップカスタムROM」端末にて 全て私が経験しました

怖がらせるような事を書いていますが「インターナショナルバージョン」は国際版として販売されています。最近では、あまり神経質になる必要は無いと思います。ちなみに GearBestなどの大手海外ECサイトでは、インターナショナル版にショップROMはインストールしていないとしています。

インターナショナルバージョンにグローバルROMは書き換えられる?

これはスマホ会社によりますが、例えばXiamomiの場合は新製品が出て少し経つと公式Global ROMがリリースされます。
少し手間が掛かりますが、MIUIの公式サイトから入手して書き換える事でグローバルROM化する事が可能です。

Xiaomi以外のグローバル版について

Xiaomi以外の多くのスマホメーカーでは、グローバル・バージョンを別にリリースしています。
多くのメーカーでは、チャイナ版と国際仕様のバージョンを型番で区別しており、例えばOnePlus 6では中国版( A6000)、国際仕様(A6003)として型番で区別して販売されています。
ちなみに中国向けのOnePlusのA6000はCN ROMである「Hydrogen OS」というOSがインストールされて販売されています。OnePlusの公式ウェブサイトから「Oxygen OS」をダウンロードしてインストールする事でグローバル版にする事が可能です。
インターナショナル・バージョンとして販売されているOnePlusは、既に国際仕様(A6003)と同じinternational Rom(Oxygen OS)が入っています。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top