スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

「Huawei Honor 9x」グローバル版と中国版のスペックの違い

先日「Huawei Honor 9x」の実機レビュー記事を投稿しましたが、私がレビューしたモデルは中国版で、この端末には後発されたグローバル版が存在します。

読者の方から「中国版(Cn)とグローバル版のどちらが良いのか?違いは何ですか?」というご質問を頂きましたので、2つのモデルの違いについてまとめて記事に起こしてみます。

中華スマートホンの多くは、中国版とグローバル版、インターナショナル版というモデルに分かれています。モデルによる違いは、採用OSや GooglePlayストアがインストールされているか否かというソフトウェア上の違いがほとんどです。
稀に対応バンドが違う「Global band model」という特殊なケースもありますが、処理性能や搭載カメラなどのベーススペックが異なる端末は滅多にありません。

しかしながらHonor 9xはレアケースにあたり、中国版とグローバル版のスペックに大きな違いがありますので、購入の際にはご注意下さい。

 

中国版とグローバル版スペック

  チャイナ版  グローバル版 
モデル名(型番) HLK-AL00 / HLK-TL00 STK-LX1/STK-LX3
発売日 2019年 7月 2019年 10月
OS EMUI 9.1.1
Android 9.0 (Pie)
SoC Hisilicon Kirin 810 HiSilicon Kirin 710F
ディスプレイ 6.59 インチ
2340 x 1080ピクセル
FHD+
RAM 4 GB / 6 GB
ROM 64 GB / 128 GB
MicroSDカード 最大 512 GB
フロントカメラ 1,600万画素(F/2.2)広角
リアカメラ 4,800万画素(F/1.8):広角
300万画素(F/2.4)深度用
4,800万画素(F/1.8):広角
800万画素(F/2.4):超広角
300万画素(F/2.4)深度用
アンロック 指紋
防水 非対応
Bluetooth 5.0 4.2
Wifi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n
対応バンド 2G:GSM
B2/B3/B5/B8
3G:WCDMA
B1/B5/B8
TD-SCDMA
B34 / B39
4G:FDD-LTE
B1/B3/B7/B8/B20
TDD-LTE
B38/B39/B40/B41
バッテリー 4,000 mAh
サイズ 163.1 x 77.2 x 8.8mm 163.5 x 77.3 x 8.8 mm
重さ 206 g  196.3 g

中国モデルの実機レビュー記事▼

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

 

2モデルの仕様の違いについて

デザイン的にはアウトカメラが1つ追加された程度の違いですが、サイズ的にグローバルモデルの方が0.4ミリ、幅が 0.1ミリ長くなっています。
チャイナモデル: 163.1 x 77.2 x 8.8mm
グローバルモデル:163.5 x 77.3 x 8.8 mm

重さに関しては、中国版が206グラムに対してグローバルモデル版 196.3グラムと約 10グラム軽くなっています。

指紋認証

中華モデルは端末サイドの電源ボタンが指紋認証と兼用ですが、グローバルモデルの指紋認証は端末背面に配置されています▼

 

上:中華モデル、下:グローバルモデル▼

 

カメラ

ディスプレイ周りやフロントのポップアップ式カメラなど、前面に関してはスペック差はありません。
ちなみにポップアップ式のフロントカメラは 1600万画素(F/2.2)のセルフィカメラを採用しています。

フロントカメラのポップアップ▼

 

リアカメラが中国版はデュアルレンズなのに対して、グローバル版はトリプルカメラを採用しています。

ベースの2つのカメラは同じで、SONYのイメージセンサーIMX 586を採用した4800万画素(F / 1.8)のメインカメラと、被写界深度用の200万画素(F/ 2.2)のサブカメラを採用しています。グローバル版はそれに加えて800万画素(F/2.4)の超広角カメラが追加されています。

通常モードでの撮影は基本的に48MPのメインカメラを使うので、超広角撮影モードが追加されたと考えると分かりやすいと思います。

 

内部スペック

どちらのモデルも、メモリ構成は、RAMが4GB/6GB、内部ストレージ容量が64GB/128GB。外部ストレージは、最大512GBまでのMicroSDカードに対応しています。

一番の差はプロセッサー。中国版はSoCにはHisilicon 製「Kirin 810」を採用したミドルアップアッパークラスの端末に対して、グローバル版は「Kirin 710F」を搭載したミドルクラスの処理性能となります。
Antutuベンチマーク総合スコアv8で比較すると、Kirin 810が約 28万ポイント、グローバル版に積んでいる Kirin 710Fは約 16万ポイントと大きく差がでます。
どちらの端末でも出来ないゲームはほとんどありませんが、処理の重いゲームをプレイすると中国版が搭載している Kirin 810の方が圧倒的に快適です。
普段使いに関しても処理性能の差は顕著で、2つのプロセッサーを並べて使うとKirin 710Fの方がモッサリ感じてしまうレベルです。

またBluetoothのバージョンも異なり、中国版は v5.0に対してグローバル版は v4.2となっています。
Wifiまわりも異なり、中国版はac(5GHz帯)に対応していますが、グローバル版は非対応です。

 

CnモデルとGlobalモデルまとめ

Honor 9Xのグローバル版は、9X中国版をベースにしているのではなく、Honor 9X ProのSoCを積み替えたモデルのようです。

9X 中国版:2カメラ + Kirin 810
9X グローバル版:3カメラ + Kirin 710F
9X Pro中国版:3カメラ + Kirin 810
※ちなみに9X Proグローバル版は、スペック的に中国版Proと同じでHuawei AppGallery がインストールされたモデルとなります。

個人的には9Xグローバル版の製品名は、同じ9Xとするのではなく「Honor 9X Pro LITE」と言う表記が相応しいように思います。
商品名が同じでは紛らわしいですからね。

どちらのモデルを選ぶのが良いのかというご質問に関しては、広角レンズ1枚少ないですが圧倒的な処理性能の差がありますので、Play ストアをインストールした中国モデルをお勧めします。
万が一Playストア未インストール版を購入してしまっても、自分で後からPlayStoreをインストールする事は可能です。

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

追記:グローバルモデルに触れる機会がありましたので、実機を使って2モデルの違いを記事にしました▼

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top