スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

ドコモB19対応、IP68防水のスタイリッシュなアウトドア端末「Vernee V2 Pro 」の性能・カメラ・スペックレビュー

香港のスマートホンメーカー Vernee より新端末『Vernee V2 Pro 』が発売となりました。

Vernee V2 Proは、同社のアウトドアスマホ「Active シリーズ」の最新モデルで、IP68の防水・防塵規格に合格したタフネス端末になっています。
アウトドア仕様のモデルにも関わらず スタイリッシュでごっつくないデザインが特徴的で、SoCにMediateckのHelio P23を採用し、2Kスクリーンの5.99インチ大画面ディスプレイに加え 6GBのRAMと64GBの内臓ストレージなど 普段使いでも十分すぎるスペックのデバイスに仕上がっています。
また V2 Proは リアカメラ / フロントカメラに高解像度のデュアルレンズカメラを搭載し「防水カメラ」としてアウトドアでも美しい自然を撮影できる端末を目指しています。

スポンサーリンク

Vernee V2 Pro スペック

【Vernee V2 Pro 仕様】

OS Android 8.1
SoC MT6763 (Helio P23)
Octa Core 2GHz
ディスプレイ 5.99インチ
2160 x 1080 Pixcels
RAM 6 GB
ROM 64 GB
カメラ フロント: 8.0MP + 5.0MP
リア: 21.0MP + 5.0MP
microSD
スロット
最大128 GB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2
バッテリー 6,200mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1 / 2 / 4 / 5 / 8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G: FDD-LTE:
B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41
CDMA: CDMA
BC0/BC1
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 16.42 x 7.94 x 1.21 cm
 重量 259 g
その他 NFC / GLONASS

 

筐体レビュー

ディスプレイは2.5Dの曲面ガラスを採用した5.99インチの2Kスクリーン▼

 

従来のアウトドアスマホに比べてスタイリッシュなデザインです▼

前モデルのVernee Active ( V1 )の5.5インチディスプレイを見るとデザインが洗練されたのが一目瞭然です

端末の背面と側面にプロテクトが施されており1000回の落下テストに合格し前モデル に比べ強度が30 %アップしています。
端末の重さが259グラムと少し重いですが、大容量バッテリーとケース込みの重量だと思えば許容できますね▼

背面には汚れにくく滑らないドット処理をしています▼ちなみに防水・防塵規格「IP68」とは「粉塵からの完全保護 + 水面下で使用が可能」とされています。

背面の指紋認証に加えFACE ID(顔認証)にも対応しています▼

 

内部性能レビュー

SoCにMediatek製のP23(MT6763)を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.0)は約7.5万程度のミドルハイクラスの端末に分類されます。またRAM 6 GB/ROMが64 GBに加え、最大128GBまでの外部SDカードに対応しています。
アウトドアユースのみならず、普段使いでも活躍できるスペックに仕上がっています。

 

OSはAndroid 8.1(Oreo)をベースのVOSを採用し、心拍数モニターや3本の指でスワイプするとスクリーンショットが撮影できるなど、便利な独自機能が搭載されています。

インターフェイスにUSB-Cを採用し, 容量6,200mAhの大容量バッテリーを搭載しています。40時間のスタンバイ、4日間も無充電で使えるとしています▼

9V /2Aのファーストチャージに対応しており、大容量のバッテリーも150分で満充電にできます▼

カメラ性能

V2 Proは「アウトドアの自然を美しく撮影」する事をコンセプトにしており、フロントに 8.0MP + 5.0MP、リア: リアには21.0MP + 5.0MPのデュアルカメラを採用しています。

IP68の防水・防塵性能の端末になりますので「水中カメラ」としても使えるのはアウトドア好きな人間にとっては魅力的です▼

対応バンド / SIM

Vernee V2 Pro  はDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19に対応していますので、山間部や郊外でも電波を拾えます。3G帯のプラスエリア(B6)には対応していないのが残念ですが、プラチナバンドでほぼカバーできます。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:AUのSIMを挿しての使用は対応していません。

 

3G: WCDMA
B1 / 2 / 4 / 5 / 8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G: FDD-LTE:
B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41
CDMA: CDMA
BC0/BC1

まとめ / 価格

Vernee V2 Proは、長時間の連続使用が可能な6,800mAhに加えIP68防水・防塵、また防水カメラとして使えるなど、アウトドアで欲しい機能を全て詰め込んだ端末に仕上がっています。特に衛星測位システムが充実しており、従来のGPS, A-GPSに加え、中国の独自衛星測位システムの北斗衛星導航系統(BDS)、ロシアが運用しているGLONASSにも対応しています。どんなに深い山の中でも位置情報を掴み続けそうなので、山行のGPSロガーやGPSアプリで活躍できそうですね。

V2 Proは海外通販サイトでプリセールが開催されており、6月3日までは$299.99→$244.99で購入可能となっています。ちなみにセール期間中は前モデル(Vernee Active)より安くなっています。

【GearBest】Vernee V2 Pro

割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページから探してみて下さい

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top