外出先から家のPCの電源をオンにしてリモート操作するアプリ【iPhone/Android】

      2017/08/29

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

外出先から電源ON

 

スポンサーリンク

外出先からパソコンの電源を入れて操作

居間から仕事部屋のパソコンを操作したい、外出先から自宅パソコンの中のファイルを参照したい。などと思った事は誰でもあると思います。私は、寒い日は自室のパソコンまで行くことすら煩わしく感じる事が多々あります。そんな時にはコタツの中からスマホで自室パソコンを遠隔操作しています。

そこで、今回は「遠くからパソコンの電源をオンにする方法」と「パソコンを遠隔操作する方法」の合わせ技のエントリーです。

 

遠隔操作でパソコンの電源を付けるアプリ

LANを利用してパソコンの電源を付ける事を「 Wake on Lan 」と呼びMac/Windows共に利用する事ができる機能で、簡単にスマホアプリからPCの電源をオンにする事ができます。

Wake on Lan(wol)を使って電源をオンにする事ができるアプリはAndroid/iPhone共に、ストアにたくさん有りますが、どれも設定、使い方は変わりませんので今回は下記Androidアプリでご説明します。

wol Wake up lan

Wol Wake on Lan Wan

開発:Brobble
無料

カテゴリー:ツール

Google playからダウンロード

iPhoneはこちらのアプリ

2016-07-07_16h22_28_R

Screens VNC – コンピュータに遠隔操作
開発: Zuvola Apps
評価:

 無料

パソコンのWOLの設定方法

Windowsの場合、コントロールパネルより「デバイスマネージャー」を起動し「ネットワークアダプター」を右クリック

「詳細設定」よりWake on Magic Packetを「Enabled」にします▼

デバイスマネージャー

 

「電源の管理」タブでも「Magic packetのみスタンバイ状態の復帰を解除できるようにする」を選択します

BIOSでWAKE ON LANを可能に

動かない場合、PCのBIOS画面より「Wake UP ON LAN」をEnabledに変更します

 

WOLアプリの設定方法

WOLアプリを起動したら名前をつけて「MACアドレス」と「IPアドレス」「SUBNET」を指定し「SAVE」します

c

 

「MACアドレス」と「IPアドレス」「サブネットマスク(subnet)」はWindowsの場合、プログラムのアクセサリー内にあるコマンドプロンプトを使用する事で確認できます

コマンドプロンプト起動後「ipconfig /all」と打ってEnter

ipcontif

 

PCの電源を切って起動するかテストしてみます

先ほど設定したスマホのWOLアプリを起動して設定した名前をタップするだけです

このアプリは、デフォルトで5回起動パケットを送ります。PCが起動するか確認してください

 起動しない場合、パソコンの起動時にBIOS画面を表示して「Wake-On Lan」設定を許可(Enabled)にしてください

BIOS画面はメーカーによって表示が違います。

遠隔操作アプリ

PCを遠隔起動する事に成功したら次は遠隔操作です。パソコンの遠隔操作アプリもたくさんありますが、私がAndroid/iPhoneともに使用しているアプリをご紹介します

スマホにSplashtop Remote Desktopをインストール

splashtop remote

Splashtop Remote Desktop

開発:Splashtop
評価:
¥240
※無料化されました

カテゴリー:ビジネス

Google playからダウンロード

icon-itunes

MAC・iPhoneユーザーにはTouch ID、3D Touchなどの機能や1Password連携も可能な▼アプリもあります

2016-07-07_16h01_55_RScreens VNC – コンピュータに遠隔操作
開発: Edovia Inc.
評価:

 ¥2,400

パソコンにもインストール

パソコン側のソフトは無料でダウンロードできます▼

Splashtop

splashtop desktop

インストールしたらアカウントを作成して「セキュリティコードを作成」します

 

スマホから遠隔操作してみる

スマホ版のSplashtopを起動して上の「+」をタップしてパソコンの設定します

パソコンを追加

完了するとLan内の接続可能なPCがカラー表示されますのでタップすると接続できます

スマホ起動

リモート操作可能

 

インターネット越しWANからPC起動

今まではLAN内でのPC起動から遠隔操作の説明ですが、インターネット越しでも起動・操作が可能です

fafe

Wan越しのWolアプリの設定

ルーターに接続して「ブリッジモード」に設定します

※ルータが周辺環境に合わせて自動的にブリッジモードになって動作しているケースや、ルーターのメーカーによって設定方が違います

こちらよりグローバルIPアドレスを確認します:確認くん

WOLアプリとPC遠隔操作アプリのルーターのポートを解放します▼

ポート解放

WOLの設定はUDPで、ポートは2304

splashtopの設定は

プロトコルを「TCP」「UDP」
WAN側ポート番号「6783」-「6785」(splashtopのデフォルトの値は変更してもOK)
LAN側ポート番号「6783」-「6785」

これで外出先からのパソコン操作が可能となります

LAN内と同様にWOL、SplashtopアプリにグローバルIPアドレスを指定することで起動・接続・操作することができるようになります

 

WOLの設定はルーターをブリッジモードにしたり面倒ですが、Spalahtopはポートを解放するだけで簡単です

どうしてもWOLがダメなら、PCをスリープモードにして外出してもSplashtopで接続した瞬間に復帰するので操作できます。

また、グローバルIPアドレスは変わってしまうので、フリーのダイナミックDNS(DDNS)サービスを使用するのが得策です。

お勧めは「Mydns.jp
また、IPアドレスが変更した時に自動的にDDNSに通知を送ってくれる「DICE」というアプリとセットで使うと手間いらずです

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 外出先から家のPCの電源をオンにしてリモート操作するアプリ【iPhone/Android】"

 - Android端末, iphone, アプリ情報・レビュー ,