2千円切る価格でハイレゾ!dodocoolの高コスパ Hi-Res イヤホン【レビュー】

      2017/02/12

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

dodocoolの方からレビュー用に商品提供をして頂いた『dodocool Hi-Res イヤホン ハイレゾ対応 ス3.5mmカナル型 』をご紹介します。

こちらの商品は、2,000円を切る低価格にも関わらずハイレゾ対応しており、アマゾンでも高評価で話題の有線イヤホンとなっております。

スポンサーリンク

dodocool Hi-Res イヤホン

周波数特性:20〜45,000 Hz
マイラー厚さ:
ノーマルインピーダンス:16Ω±20%の@1kHz
通常の定格電力:3mw
最大入力:5mw
出力S.P.L:100±3dBのSPL@1kHz
入力S.P.L:126mVrms SPL@1kHz
R/ L出力差:≦1.5デシベル@1kHzの1mw以下
歪み:2%(最大1kHz/1mw以下)
BUZZE&ラトル:50〜3Kヘルツ(0.28V)

18ヶ月の交換保証

同胞物:収納ケース/イヤホン本体 x1/交換用イヤーピースSx2・Lx2

 

製品レビュー

イヤーピース部
私の耳には今までで一番フィットしていて、長時間装着していても痛くないイヤホンでした▼

背面は冷たいのでアルミ素材だと思います▼

 

たるみ取りのスリーブ部▼

 

操作ボタンは1個+マイク▼

  • 【音楽再生時】
    • 1回クリック:再生/停止
    • 2回クリック:次の曲
    • 3回クリック:前の曲
  • 【電話着信時】
    • 1回クリック:応答
    • 2回クリック:切断
    • 長押し:応答拒否
  • 【他の機能】
    • 3秒長押しで音声コントロール

Androidでボタンを3秒押すとGoogleアプリが起動します▼

マイクに向かって「今どこ?」「今何時?」など「OK Google」同様の機能が使えます。iPhoneではSiriが起動します。

 

音質

誰も居ない書斎でひたすらエージングしました(40時間ほど)

2千円以下なので期待はしていなかったのですが、音質はクリアで迫力があり、高音から低音までバランスが取れたメリハリのあるサウンドで正直耳を疑いました。一番の特徴としてはボーカルの声が際立つという印象です。腹に響くような重低音が感じられないので、低音域は若干弱い気がします。
あまりに綺麗な音だったので、慌てて普段使っている4千円台で購入したJVCのイヤホンと聴き比べましたが、どのジャンルの音もこちらの音の方が好きでした。今まで気に入って使っていたJVCのイヤホンがドンシャリ系の寂しい音に感じてしまう程に賑やかで迫力があるサウンドです。

普段使いのイヤホンと聴き比べ▼

実際に使ってみてAmazonレビューでの高評価の理由が実感できました。この値段でハイレゾが聴けるなら、断線しても買い直せば良いので何本も持っておきたいですね。本当に高コスパ製品だと思います。

メーカーさんより期間限定のクーポンコードを出して頂きました。

期限:~3/31
割引:35%オフ
クーポンコード:UCKLXTRY

 

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

 - ガジェット/端末レビュー , ,