LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【注意喚起】 Amazonを装ったフィッシング詐欺メール[必要なアクション – ID:0000] あなたのアカウントは一時的にロックされています

「必要なアクション – ID:0000」の件名で送られてくるフィッシング詐欺メール被害が増えています。

その内容と対処方法について解説します。

詐欺メールの情報

  • 件名: 必要なアクション – ID:0000(IDの数値はランダム)
  • 差出人:Amazon.co.jp
  • 差出人のメールアドレス:mail@iqwing.in
    メールアドレスは、他にもsupport@njsasoccer.com など数通りあるようです。

このメールはフィッシング詐欺と呼ばれるメールなので、絶対にメール内のリンクをクリックしないで下さい

フィッシング詐欺とは

送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。

海外から送られている事が多く、メールの本文は日本語が不自然なので、落ち着いて読めばインチキメールだと分かる内容の事が多いです。

 

メール内容

実際に送られているメールです

【件名】必要なアクション – ID:0000(IDの数値は何通りもあるようです)

確認できているIDは、ID:5417 / ID:5283 / ID:5660 / ID:5529

本文

あなたのアカウントは一時的にロックされています。

お客様各位,

アカウントの有効期限が切れており、24時間以内に停止されます。 問題を解決するために情報を更新してください。
ありがとうございました.

アカウントを更新する

敬具,
Amazon.co.jp

 

稚拙で直接的な文章ですね。引っ掛かる要素が無いように感じますが、私の身近でも叔父などはフィッシングメールが届くとパニックになって、私のもとに相談の連絡が来ます。
お年寄りだと慌てて入力してしまうケースもあり得ると思います。

 

迷惑メールの送り主

メールのヘッダー情報から送信元をチェックしてみました。

  • Received: from unknown (HELO server.njsasoccer.com) (66.154.14.232)
  • Return-Path: <system@server.njsasoccer.com>
  • Date: Tue, 4 May 2021 19:50:01 -0400 (EDT)

ドメイン「njsasoccer.com」のを調べると、PDRLTDという米国のレジストラで管理しているドメインのようです。
所有者は、インドのケララのテクノパークにある「SubHosting Innovations Pvt Ltd」という会社になっていました。同じ詐欺メールの別パターンのメールアドレス「iqwing.in」というドメインも、インドの会社で登録されていましたので、インド方面からの迷惑メールと思われます。

正規のAmazonからのRecived:fromヘッダーは、「〇〇〇〇@bounces.amazon.co.jp」となっています。
それ以外にもAmazonからのメールには、独自のヘッダー(X-AMAZON-METADATA:、X-AMAZON-MAIL-RELAY-TYPE: notification )が付いているので、ヘッダーをチェックすれば偽物は簡単に見抜く事ができます。

このメールのタイムスタンプは、-0400 (EDT)となっています。通常日本国内から送れば+0900となるのですが、Amazonが使用しているサーバは GMT/UTC+0000 (グリニッジ標準時)の時間のタイプスタンプが付きます。
-0400 (EDT)は、東部夏時間となっておりカナダ・アメリカの標準時となっています。偽装していないのであれば、北米のメールサーバーを利用して送られたメールとなりますね。

インドの詐欺集団が、アメリカのメールサーバを使って送ったフィッシング詐欺メールと思われます。

 

飛び先ページについて

試しに飛び先ページを開いてみました。
「https:// ascspynet.com/2020/05/」となっていました(安全のためにURLを加工しています)

ぺ―ジを開くとURLの最後にIPアドレスを追加して、ログイン時に記録するようになっていました。飛び先URLを開くと、Amazon.co.jpを巧妙に偽装していました。

適当なメールアドレスとパスコードでログインしてみました。

するとクレジットカードの番号と有効期限、セキュリティコードの入力を求められます▼

 

これも適当に入力してみると、クレジットカードのパスワードまで求めてきます▼

不思議な事に入力フォームの下には「ソフトバンク株式会社」と署名があります。他のフィッシング詐欺で使ったフォームを使い回しているのでしょう。
全ての入力が終わると、正規のAmazon.co.jpに移動しました。

すでにGoogleの方に「フィッシング詐欺の報告」としてURLを送っておきましたが、記事執筆時はまだ該当URLに対策されていません。

Googleフィッシング詐欺報告ページ

このURLは一例です。フィッシング詐欺グループは、次々とドメインを変更しますので、Goolgeやセキュリティソフトのブラックリストに掲載前の新URLで届く可能性があります。
また古いパソコン(ブラウザ)をお使いの場合、フィルターでブロックする事ができない場合もあります。

フォームに入力してログインすると、アマゾンのアカウントが乗っ取られる恐れがあります。また今回の詐欺メールでは、支払いカードの情報の入力を求めています。カード情報を入力してしまうと、不正使用・送金される恐れがあります。

決してログイン・情報の入力をしないようにして下さい

 

対処法

このメールは無視して破棄するだけで構いません

万が一間違えて、ログインフォームにユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力してしまった場合、即時にパスワードを変更して下さい。
カード番号を入力してしまった場合は、カード会社にその旨を伝えて対策を取ってもらってください。

フィッシング詐欺の犯人は、得た認証情報を使って楽天などの他のECサイト、証券会社、銀行など、その組み合わせ(ID/パスワード)でログインを試行して悪用する可能性があります。

同じパスワードを使いまわしている場合、全ての登録パスワードを変更する必要があります。

またフォームに入力していない場合でも、サイトを閲覧した事でウィルスやマルウェア、ワームに感染している可能性があります。
スマートホン、パソコン内のウィルスチェックを実施するようにして下さい。

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top