スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【iPhone】標準の「株価アプリ」だけで為替レートをウィジェット内に表示する方法

海外旅行や海外ECサイトでの買い物の時など、ちょっと為替レートを調べたい時って結構ありますよね。
FXや株の取引を行っている人は、取引会社の公式アプリを使ってドル/エンやユーロ/円、株価などをリアルタイム表示していると思います。
しかしながら積極的に投資をしていない一般の人にとっては、それだけの為に外部アプリをインストールする必要性を感じません。

そこで今回は、iPhoneに標準でインストールされている「株価アプリ」を使って、ウィジェット(通知センター)内に為替レートを表示する方法をご紹介します。

株価アプリに為替レートを表示する方法

iPhoneの株価アプリを開く▼

右下のメニューを開く▼

「ウォッチリストを管理」の+をタップし、米ドル / 円(1ドルあたりの円)の場合は検索窓に「USDJPY」と入力。
「JPY=X」の左側の+をタップして追加する▼

「JPYUSD」とすれば、逆に円/米ドルが表示される。

JPYUSD=X▼

  • 米ドル / 日本円:「USDJPY」と入力 →「JPY=X
  • 欧州ユーロ / 日本円:「EURJPY」と入力→「EURJPY=X
  • 欧州ユーロ / ドル:「EURUSD」と入力→「EURUSD=X
  • 中国元 / 日本円:「CNYJPY」と入力→「CNYJPY=X
  • 香港ドル / 日本円:「HKDJPY」と入力→「HKDJPY=X
  • オーストラリアドル / 日本円:「AUDJPY」と入力→「AUDJPY=X
  • カナダドル/日本円:「CADJPY」と入力→「CADJPY=X
  • 英ポンド / 日本円:「GBPJPY」と入力→「GBPJPY=X
  • ニュージーランドドル / 日本円:「NZDJPY」と入力→「NZDJPY=X
  • スイスフラン / 日本円:「CHFJPY」と入力→「CHFJPY=X
  • トルコリラ / 日本円:「TRYJPY」と入力→「TRYJPY=X

※ ¥1に対する各国の通貨額は逆にするだけ。要は3文字の通貨コードの組み合わせです。

「BTCUSD」と入力すれば、ビットコインの価格を表示する事も可能です▼

ウィジェットに為替レートを表示する方法

知りたい通貨のレートを一通り株価アプリに為替レートを追加したら、画面を右スワイプしてウィジェットを開く。

一番下の「編集」をタップ▼

「株価」の右側の+をタップ後、右上の「完了」をタップ▼

これでiPhoneのウィジェットを開くだけで、いつでも為替レートを確認する事が可能になります▼

株価アプリは、為替レートと米国株に関してはリアルタイムで表示しますが、日本株は20分のディレイ(遅延)があります。リアルタイムの日本の株価も表示したい場合、証券会社などの専用アプリをインストールする事をおすすめします。
ただし、ディレイに関してiOSのバージョンによって変更される事があります。要注意です。

まとめ

“為替を常に確認できる”というだけの小技ですが、これが意外と便利です。
海外ECサイトは、為替レートが反映されるまで数日から1週間くらいのディレイがあります。セール品以外であれば、それを利用してお得に買い物する事ができます。
例えば急に円高に振れた場合、為替レートが反映されるのを待ってから購入し、逆なら反映される前に購入してしまった方が得です。

昨年はトルコリラ・ショックから始まって、年末の急激な円高で強制ロスカット+追証まで追い込まれたFXプレイヤーが多発しているようです。
円高は、海外ECサイトで買い物するには良いですが、海外と取引している人にとっては非常に厳しい状況ですね。ドル/円だけでも表示させておくと何かと役に立ちますよ。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top