LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】強力水拭き+掃除機のローラー自動洗浄コードレス電動モップNeakasa PowerScrub II

電子製品の企画・製造・販売会社 MadSpace JAPANで開発された、水拭き掃除機 「Neakasa PowerScrub II」がクラウドファンディングmakuakeに登場しました。

Neakasa PowerScrub IIは、水拭きと掃除機の機能を併せ持ち、拭き掃除とバキューム掃除を一度にこなせる電動モップです。掃除後は、「セルフクリーニング機能」が搭載されており、内部パイプとモップをオートで洗浄してくれます。

ざっくり感想

お勧めポイント
 一度に拭き掃除・掃除機が同時にできる
 人力掃除並みの強力な拭き掃除性能
 本体を自立させると電源オフ
 自動洗浄機能で内部が常にクリーン
 充電ステーションに収納が可能
 バッテリー残量が数値で表示される
 自動ローラー洗浄機能で手間いらず
  HEPAフィルターでPM2.5などの汚れも除去
  18,000Paのパワフル吸引
 食べ物、飲み物などのウェット汚れに使える
 力が不要な自走式

 

残念な点
 重く大きいので床以外への使用が困難
 毎回メンテナンスが必要
 自走式なので、動きながらトリガー操作が必要

 

スぺック

製品モデル HN0080W
サイズ 310*320*1130mm 
重量 4.7kg 
電源入力 35V 0.5A 
消費電力 350W
バッテリータイプ リチウムイオンバッテリー 
バッテリー容量 3000mAh
バッテリー電圧 28.8V 
浄水タンク容量 780 ml 
汚水タンク容量 700 ml 
作業時間 20~30 分 
充電時間 6 時間 
作業モード Ecoモード / Maxモード

 

筐体・機能

モップ部は、洗浄後に乾燥するので取り外しが簡単な仕様になってます。

硬さの違う2種類の素材をローラーモップに採用。やや硬めのソフトファイバーにより、効率よく床の溝にあるごみをかきだし、ソフトベルベットローラーで水拭き(モップ掛け)することで、効率的に掃除をこなしてくれます。

 

汚水タンクは、ダストボックスを兼ねておりHEPAフィルターがついています▼

 

バッテリーは取り外しが可能で、予備のバッテリーと交換がワンタッチでできます。バッテリー容量は3000mAh。6時間の充電で20~30分の使用が可能です。

 

背中の上部には給水用のウォータータンクを装着します。汚れが酷い床などは、ここに中性洗剤を入れる事もできます▼

取っ手部には電源ボタンとロー、ハイ切替スイッチが配置されています▼

 

取っ手の内側には水を噴射するトリガースイッチが配置されています▼

 

充電ステーションには、左右に乾燥用のスタンドを装着して使います。モップのゴミ取り用のブラシも立てておけます▼

 

画面にはバッテリー残量%と給水確認、ローラー回転の強弱などが表示されます。右下にはセルフクリーニングボタンが配置されています▼

 

掃除機能レビュー

テスト掃除は、普段掃除機のみで拭き掃除は滅多にしないリビングで使ってみました。

最初にモップを水に浸すため、トリガーを8秒押してからスタートします。
床がびしょ濡れになるのが心配でしたが、程よく濡れるくらい。スグに乾きました。

 

掃除後、充電ステーションに戻して「セルフクリーニングモード」を起動します。
すると水が出て来てモップを自動的に洗います。その後、吸い込んで汚水タンクに収まります。

 

水を吸い込んだ後に残った水滴はコレくらい↓。ティッシュでひと拭きするか自然乾燥でもスグに乾きます。

 

「HEPAフィルター」は閲覧注意レベルでゴミが溜まっていました。ウチは汚い…拭き掃除どころか掃除機も掛かってるのか?▼

 

汚水タンクの中は、水と固形ゴミが分類されて格納されます。

 

汚水タンクの各部品を水洗いして、モップとHEPAフィルターは充電ステーションに置いて乾燥させます。

 

食べ物を床にこぼす事に抵抗があったので、今回はテストしませんでした。デモではパスタもグイグイ吸い込んでます▼

 

まとめ・感想

前述しましたように、普段は拭き掃除は滅多にしていません。今回、掃除後の汚水の汚れで、雑巾がけの大切さが分かりました。
濡れたモップ掛けの威力は凄いですね。かなり強力なので、掃除機がついたポリッシャーといった感覚です。

グイグイと自走しますので、人間はハンドルを切る程度の操作です。ワイヤレス掃除機と変わらない労力でした。
強モードで20分というバッテリーに関しては、我が家の場合は10分もあれば十分。使い切るという事もありません。
メンテナンスは汚水タンクを綺麗にするだけですが、やはりそれでも毎回洗浄が必要なので手軽さには欠けます。

フローリングだけではなく、カーペットやタイルなどでも使えます。水を使いたくない所では、最初に水を噴射する前に掃除すれば使えます。
特にフローリング面積が広い住まいには、これだけで全部が1度にできるのでオススメの電動クリーナーです。

価格・販売サイト

電動クリーナー Neakasa PowerScrub IIの価格は 53,790円。クラウドファンディング makuakeで購入可能です。
標準セットの最安値が 32,690円から、予備のモップ/バッテリー/HEPAフィルターが付いた「プレミアムセット」は43,590円から購入可能です。

makuake:Neakasa PowerScrub II

※ メーカーさんの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューしています。
The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top