スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

コンパクトで高コスパな青軸 87 キー のメカニカルゲーミングキーボード『AUKEY KM-G9』【レビュー】

ガジェットメーカーの Aukey の方からレビュー用に商品提供いただきました新製品の『AUKEY 青軸 87 キー メカニカルキーボードKM-G9』をご紹介します。

こちらの製品は、USB接続の青軸のメカニカルゲーミングキーボード。キーボードはUS配列のテンキーレスの87キー。コンパクト設計にする事で、マウスとの連携が必要なFPSなどのゲームをスムースにプレイできる仕様になっています。

スポンサーリンク

メカニカルゲーミングキーボードKM-G9 スペック

キーの数:87
動作電圧:DC 5V 200mA
インターフェース:USB
接続方式:有線
ケーブル長さ:1.5m
スイッチ型:青軸(クリック音)
キーの寿命(約):5000万回
互換性:Windows10,Windows 8,Windows 7,Mac OS X,Windows XP, Windows VISTA
サイズ:355 x 122 x 37mm
重量(約):830g

 

【セット内容】

・キーボードKM-G9本体 *1
・キートップ引き抜き工具*1
・保障カード(ステッカー)*1
・取扱説明書*1

取扱説明書は日本語対応▼

 

製品レビュー

テンキーを省いた87キー設計でコンパクト。私は初めて手にしたので凄く小さく感じます▼

 

私が普段使っているロジクールの108キーの日本語ゲーミングキーボードと比べてみます

 

Cherry MXメカニカルキースイッチ「青軸」を研究・改良を施したオリジナル軸とあります。US Amazonの商品説明欄を見るとOutemu製のクローン青軸と書かれていました▼

 

キートップを外してスイッチをマクロレンズで接写するとOUTEMUと逆さに読み取る事ができました▼

 

当モデルはバックライトを省略したエントリーモデルとなっており、光るのは右側のAukeyロゴ部にあるCaps LockとScrLKのLEDのみ▼

ファンクションキーと数字キーの間は狭めにする事でコンパクト化しています▼

 

数字キーのみが高く押しやすくなっています▼

 

キーボードを傾ける足にはゴムが装着されていました▼

 

キーボートの底面には3つ排水口がある防水加工▼

 

排水穴は恐らくコレ▼※キーボードにコーヒーをこぼしてしまっても安心ですね

実際に手を置いたときのサイズ感▼

私は普段は比較的静かなRomer-G(オムロン軸)を使っています。こちらのキーボードの感想は、青軸なのでスイッチが多少固めで打鍵感は青軸そのもの、「チャカチャカ」と小気味よいクリック音が癖になります。キーピッチは数字キーとファンクションキーの間隔が狭い事以外は、一般的なメカニカルキーボードと変わらずミスタッチや二度押しなどもありませんでした。むしろキーの起伏のデザインが練られているので、打ちやすいと感じます。
また複数キーを連続で押した時の信号認識不良を防ぐアンチゴースト機能が搭載され、Nキーロールオーバー対応で、複数キーを同時に押しても正しく迅速に認識されます。

コンパクトさと低価格が魅力

ゲーミングメカニカルキーボードとしての基本的な機能を備えつつ、バックライトやUSBパススルーなどの余計な機能を排除する事で低価格を実現しています。ビジネスユースなどでの使用に関しては、数字キーは恋しくなりますが、PCやPS4のゲーム専用キーボードとしては良い感じに仕上がっていておススメです。

ゲームではキーボードが単なる「ゲームパッド」としての認識となるのでコンパクト化は必須ですね▼

既に販売されているドイツや欧米のAmazonでは、コスパが良い事からベストセラー1位を取っているようです。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top