LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

3年ぶりの新型!Sonyのネックバンドスピーカー発売「SRS-NB10」スペックレビュー

9月3日、Sonyのネックバンドスピーカー「SRS-NB10」が発売されました。

旧モデルの「SRS-WS1」は、ウェアラブルスピーカーというジャンルを切り開き、ネックスピーカーの原型ともなったモデルです。
SRS-NB10は、2017年以来の新型の発売となります。

 耳をふさがない「オープンイヤースタイル」なので、生活音を聞きながら音楽やオンラインミーティング、テレビ音声を聞くことができます。
巣籠もり環境では、ネックバンドスピーカーや骨伝導ヘッドホンの需要が伸びていますので、このSRS-NB10も注目が集まりそう。

SRS-NB10スペック

スピーカータイプ フルレンジ
ネットタイプ ファブリック
素材、構造 ファブリック&モールド
対応コーデック SBCとAAC
マイク
電源 リチウムイオンバッテリー
電池容量 600mAh
電源タイプ DC
電圧・周波数 5V
Bluetooth 5.1
最大通信距離(m) 30m
伝送帯域(A2DP) 20 Hz – 20,000 Hz
(44.1 kHzサンプリング時)
スピーカー φ30mm
内蔵電源
インターフェイス USB Type-C
オートパワーOFF
連続使用時間 約20時間 
充電池充電時間 約4時間 
最大外形寸法 (幅 x 高さ x 奥行) 約191mm x 49mm x 185mm
質量  約113g

 

筐体

筐体のデザインは、 人間工学に基づいて設計されており、身体への接地点を考慮し重さを分散させた設計。軽量(113g)で1日中装着しても疲れにくい。

 

 

フルレンジスピーカーユニットを斜め前向きに配置し、背面にはパッシブラジエーターを搭載しています。

 

2つのマイクによる音声信号処理をする「高精度ボイスピックアップテクノロジー」を搭載。自分の声を正確かつ鮮明に集音し、生活音下でも相手にクリアな声を届けることができます。また、オンライン会議で発生する不快なハウリングやエコーを抑え、音途切れのない快適な通話を実現します。

 

首元でかんたんにマイクのオンオフができる、マイクミュート(消音)ボタン搭載。

 

防滴仕様 IPX4、汗や雨、キッチンでの水しぶきくらいは大丈夫

 

約20時間の長時間再生が可能なバッテリーを内蔵。また、10分充電で60分使用の急速充電にも対応しており、バッテリーを気にせずに使用できます。

 

 

SRS-NB10まとめ・価格・販売サイト

SRS-NB10は、旧モデルの「SRS-WS1」と比べて、小さく邪魔にならないデザインに生まれ変わっています。しかしながら、このデザインと用途のネックバンドスピーカーは、氾濫しておりSONYの個性が感じられません。
長時間使っていて疲れないというコンセプトでしょうが、音楽やゲームを楽しむという観点では旧モデルの方に魅力を感じます。

SRS-WS1はゴッツいんですけどね。

旧モデルの「SRS-WS1」

 

標準価格は1万5400円。SonyストアとAmazonで購入可能です。

ソニー ワイヤレスネックバンドスピーカー SRS-NB10
ワイヤレス首掛け式スピーカー/2つの高性能マイク搭載
 
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top