LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】TECLAST の新フラッグシップ2K画面タブレット「T40 Plus」!また人気機種の予感

中国のタブレット、ラップトップPCメーカーのTECLAST から、新タブレット「 T40 Plus」が発売となりました。
さっそく手元にやってきましたので、実機レビューをしてみたいと思います。

TECLAST T40 Plusは、10.4インチのディスプレイを搭載した大型画面のタブレット端末。高コスパプロセッサーと言われているUnisocの Tiger T618を採用することにより、高性能+低価格を実現しています。さらにVoLTE通話対応で、RAM 8GB・内部ストレージ 128GB、超売れ筋だった同社の「Teclast M40」の上位モデルとなっています。

レビュー・フラッシュ

お勧めポイント
 ハイスペックで低価格
 クアッド(4)スピーカーで臨場感あふれる音質
 SIMを挿して単独使用が可能
 VoLTE通話対応のデュアルSIM
 顔認証システム対応でロック解除が簡単
 最新OSの Android 11搭載
 2000×1200解像度の2Kスクリーン
 6,600mAhの大容量バッテリー
 余計なアプリが入っていないピュアAndroid

 

残念な点
 衛星位置システムが掴み難い
 大容量バッテリーにもかかわらず充電速度が12Wどまり

 

TECLAST T40 Plusスペック

※ ECサイトの「Banggood」の方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューします。
OS Android 11
SoC UNISOC T618
GPU Mail-G52 3EE
ディスプレー 10.4 インチ
2000 x 1200 ピクセル
IPS液晶
RAM 8 GB
LPDDR4
ROM 128 GB
外部MicroSD 最大 512 GB
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
生体認証
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
GPS GPS
Bluetooth 5.0
対応バンド GSM:
B2/3/5/8
WCDMA:
B1/2/5/8
TDS:
B34/39
FDD-LTE:
B1/2/3/5/7/8/17/20B
TDD-LTE:
B38/39/40/41
バッテリー 6,600mAh
 サイズ 幅:159 mm
高さ:241 mm
厚さ:92 mm
 重量 455 g

 

開封の儀

【セット内容】
TECLAST T40 Plus本体、USBアダプタ、USB-Cケーブル、取り扱い説明書などテキスト一式

 

取り扱い説明書は日本語に対応しています▼

 

付属のUSBアダプタは海外仕様でしたが、変換アダプタを付けてくれました▼

 

付属のUSBアダプタは 5V/ 2.5A程度で、メーカー独自の急速充電システムもありません。無理して使う必要はないでしょう。

ちなみにメーカーサイトでは、「※始めて使用する時に弊社が附属している専用充電器を使って、3時間以上充電してください」とあります。

 

筐体レビュー

ディスプレイは10.4インチのIPS液晶を採用。2000×1200解像度の2Kフルスクリーン。

 

ボディはメタルとプラスチックで形成されています▼

 

しっかりと技適マークも付いています▼

 

背面左上には8.0MPのカメラが配置されています。少し出っ張ってますので、カメラ保護フィルムなどの対策は必要かも。

 

ディスプレイは 10.8 インチ(2560 x 1600)IPS液晶。ベゼル幅は上下・左右の全てが約10ミリ。公称スペックではベゼル7.8ミリとなっていますが、フチのRを入れると1センチになります。

画像では分かり難いですが、鮮やかで視野角の広い綺麗なディスプレイです▼

 

インカメラは端末を縦に持った時は左側に配置されています。これは横向きでビデオチャットする事を想定しての位置でしょうね。ちなみに保護ガラスは最初から貼られていました

 

端末右の側面にはボリュームボタンとスピーカーが2つ配置されています▼

 

左側面には操作ボタンは無く、スピーカー2つのみ▼

 

本体上部にはSIMカードスロット、USB-Cポートと電源ボタンを配置▼

 

端末の底面にはコーナーに3.5インチステレオジャックが配置されています。少しユニークですね
縦持ちの時に右手下。横向きで持つ時は右手上にイヤホンジャックが来ます▼

 

端末の頭についているSIMカードスロットは2枚挿しが可能で、スロット2の方はMicroSDカードと排他利用する形式です。

 

重さは実測で約450グラム▼

 

 

内部性能レビュー

バンドルアプリ

バンドルアプリは、Google系の基本アプリのみのプレーン状態でした。
メーカーのアプリが入っていないので、容量、動作ともに余計な負担がありません。

 

ベンチマークテスト

AnTuTu Benchimark (v9.1.3)を使って処理能力をテストしてみます

総合スコア: 235,512ポイント
CPU:68,594ポイント
GPU:59,965ポイント

搭載するプロセッサーは、6コアの「Unisoc Tiger T618」。製造プロセスは12nm FinFETを採用、CPUは2xARM Cortex-A75(2.0GHz)+6xARM Cortex-A55(1.8GHz)
他の端末では20万~21万ポイント程度なので、かなり高い数値を叩き出していると思います。

タブレットとしてはハイエンド寄りのミドルハイクラスのスコアです。ほとんどのゲームは動きますし、これだけの処理能力があれば、日常使いでモタつく事はありません。パズルゲームやビジネスアプリ程度ならサクサク動く環境です。

 

カメラ

Teclast T40 Plusのカメラは、フロント5MP・リア8.0MPを搭載しており、タブレットとしては高解像度です。
設定できる項目は少な目ですがオートフォーカスに対応しており、ピント合わせも早くソコソコ綺麗な写真が写せます。

 

画質はそこそこですが、彩度が高い盛った写真を撮影する機能やフィルター類はありません。盛りたいならばスノーなど、外部アプリを使う必要があります。

 

クアッドスピーカー・動画視聴

 

4スピーカーの迫力は最高で、動画視聴の没入感が違います。

バッテリーの持ちは良い方で、動画のオンラインストリーミング再生で10時間、ローカル保存の動画なら14時間としています。
しばらくNetflixでドラマを視聴してみましたが、1時間半くらいで数パーセントしか減ってませんでした。

 

ゲームプレイ

とりあえずウマ娘を遊んでみましたが、全くストレスは無し。端末が少し熱くなる程度で、長時間遊んでもカクつく事はありません。

PUBGでも端末の描画遅延などによる不利は一切感じませんでした。またここでもクアッド・スピーカーが良い仕事をしてくれて、イヤホンなしで敵の位置関係が把握しやすいです。

 

対応バンド・GPS

GPS機能に関しては、BDS, A-GPS, GLONASS, GALILEO, みちびきなどの衛生管理システムに対応していないので、室内などではGPSの位置補足が結構厳しいです。

LTE回線に関しては、2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE待ち受けに対応しています。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。しかしながら 高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンドB19には非対応です。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴みにくくなります。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。

AU:主要バンドのB1に対応していますが、プラチナバンドB26(18を内包) に未対応なので、ごくごく狭いエリアでの使用に限られます。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応となります。

楽天モバイル:主要バンドLTEのB3に対応していますが、パートナー回線のプラチナバンドB18、B26に未対応です。楽天回線エリア内であれば使えます。

【 対応バンド 】
GSM:
B2/3/5/8
WCDMA:
B1/2/5/8
TDS:
B34/39
FDD-LTE:
B1/2/3/5/7/8/17/20B
TDD-LTE:
B38/39/40/41

 

Teclast T40 Plus価格・発売日・まとめ

売れまくった下位モデルのTECLAST M40は、ALLDOCUBE iPlay40と激しいバトルを繰り広げていましたが、T40 PlusにもiPlay 40Hというライバル機が存在します。またシェアを奪い合いながら売れ続けるのは間違いないでしょうね。

ちなみにAlldocube iPlay 40Hとは、ディスプレイのサイズ・解像度、SoC、ROM、RAM、カメラ構成、対応バンドに至るまで同じ仕様。T40 Plusのみクアッドスピーカーが搭載されており、実売価格で20ドル近く安いです。2端末を比較するとT40 Plusに軍配があがります。

「外出先でちょっと仕事」という時、ノートパソコンでは重くて嵩張るので、こんな端末が欲しい人は意外と多いのではないでしょうか?
家ではブックリーダーやマルチメディア端末としても使えますし、応用範囲の広いタブレットだと思います。
特にスピーカーシステムが秀逸なので、マルチメディア専用端末として価値のある端末だと思います。

Teclast T40 Plusの価格は$239.99。現在、海外ECサイトのBanggoodではフラッシュセールを開催しており、$189で販売しています。

商品名 クーポン 価格 期限
Teclast T40 Plus
8 GB + 128 GB
BG9fbea1 $ 239.99
$ 179.00
9/30
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top