LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】Xiaomi Mi Watch Lite日本語対応版!GPS精度が高く単体で使える低価格スマートウォッチ

Xiaomiから2月26日に発売されたスマートウォッチ「Xiaomi Mi Watch Lite(国際版・日本語対応版) 」の実機が手元に来ました。

Xiaomi Mi Watch Liteは、標準価格 6,800円(税別)のエントリーモデルのスマートウォッチです。
エントリーモデルながらに、GPSやGLONASSを使った高精度の衛星測位データの取得が可能で、3軸加速度センサーと3軸ジャイロスコープを搭載しており、位置や速度を把握する事ができます。また心拍数などの各種モニタリング機能も充実しており、230mAのバッテリーで最大9日間利用できる高コスパな端末となっています。

使った印象は、ずばり凄いコスパ!オススメできるスマートウォッチです。
最近はコストパフォーマンスの面で Xiaomi製品が選ばれるだけあって、安いだけではなく多機能・高性能。コストカットの努力の跡は見受けられますが、手を抜いている様子は一切ありません。

正直、下手な数万円クラスのスマートウォッチよりGPSの精度が高く、衛星の補足が早くピンポイントで “ピタッ” とデータログが記録されます。

アクティビティトラッカー機能、睡眠ログも最先端のスマートウォッチに引けを取りません。

Xiaomi Mi Watch Liteスペック

※ 海外ECサイトのGshopperからレビュー用の端末を提供頂いてのレビューとなります

Gshopperについて
Gshopper(G-ショッパー)は、2017年に設立された比較的新しいグローバルEC企業です。
Qoo10(キューテン)に出店するネットショップからスタ―トし、2019年から自営ECショップ“Gshopper”を設立し、世界20カ国でサービスを提供しています。
強いサプライチェーンにより、ガジェット・家電・化粧品など、幅広い商品を破格な値段で提供しているのが最大の強みです。
海外ECサイトの価格が横並びの中、Air Pods Pro を2万円で販売するなど、評判も高く注目のネットショップです。

 

GPS 機能 GPS / A-GPS / GLONASS
ディスプレイ 1.4インチ TFT
320x320 LCD
ストレージ
防水性能 5気圧防水(5ATM)
Bluetooth 5.1
Wi-Fi 非対応
FeliCa 非対応
NFC 非対応
バイブレーター あり
スピーカー なし
搭載センサー 加速度センサー
ジャイロセンサー
デジタルコンパス
GPS
気圧センサー
環境光センサー
活動量計測機能 心拍センサー
消費カロリー
睡眠
移動距離
歩数計機能
バッテリー容量 230 mAh
電池寿命 最長 約 9日間
ボタン数 1つ
サイズ 41 * 35 * 10.9 mm
(心拍センサー部11.9mm)
重さ 35g (ストラップ付き)
21g (ストラップなし)
対応スマホ Android / iOS
価格 6,800円(税別)

開封レビュー

【セット内容】

  • Xiaomi Watch Lite本体
  • 充電クレードル
  • ユーザーガイド

※ ユーザーガイドは日本語表記はありませんでした

 

ザックリしたフラッシュレビュー

お勧めポイント
 超軽量でスポーツに最適
 衛星測位システム精度が抜群
 スマートウォッチ単体でGPSログ計測可能
 最長 9日間のバッテリーの持ち
 日本語対応の通知機能
 低価格で入手可能
 5気圧の防水性能
 必要十分なアクティビティトラッカー機能
 直感的でわかりやすいインタフェイス
 120種類以上のウォッチフェイス
 フェイス上のコンプリケーションの変更が可能
 太陽光の下でも見やすい自動調光
 睡眠モニタリングログの精度が高い
 スマートフォンの音楽操作が可能
 バンドが装着しやすい
 画面操作のレスポンスが高い

 

残念な点
 メニューが日本語対応ではない
 Google Fitと連携不可
 Appple ヘルスケアと連携不可
 画面の有効範囲が小さい
 操作アニメーションが一切ない
 日本語の取り扱い説明書が無い

 

端末レビュー

画面は1.4インチ(320×360)のTFT液晶ディスプレイ。画面の材質は2D強化ガラスを採用。
発色が鮮やかとまではいきませんが、視認性は合格です▼

ウォッチフェイスを見て、少し違和感があると思います。画面が一杯までディスプレイという訳では無く、上下に大きくベゼルが配置されています。画面の有効範囲は小さいです。

上部ベゼルには環境光センサーが埋め込まれています▼

 

ストラップ素材はTPU。一般的なスマートウォッチのバンドに使われる素材です。
筐体はマットブラックで、チープさは感じません。パッと見で低価格のスマートウォッチとは分からないですね▼

 

裏側にはPPG心拍センサーが配置されています▼

 

バンドは一般的な腕時計方式の留め具です。バンド自体が丸く形成されており、真っすぐに伸びないため、片手で装着しやすい。
このタイプの留め具は、腕を机に置いて装着しないと難しいので意外と嬉しい仕様です。

 

バンドを含めた重さは、実測で約33グラム▼※ストラップなしでは21グラムです

 

専用の充電クレードルは、マグネット式ではなくはめ込み式▼

 

USBケーブルはクレードル下側から伸びており、横に倒して充電します。
充電中はApple Watchのように置時計風に表示されます▼

 

ボタンは1つのみ。触った感じではボタンのみメタル製。だと思う▼

ちなみにボタンは右側に配置されており、左右の腕を入れ替える上下逆転機能はありません。1つのボタンなので、特に必要は感じません。

 

防水等級について
5気圧防水(5ATM)という防水等級は、 50メートル潜れるということではなく、水深 50Mの水圧にも耐えられるという意味です。
水仕事や水上スポーツなどに推奨される防水機能です。 水の中にウォッチを入れての使用は推奨されていません。
また勢いよく出した蛇口やシャワーの水圧にも耐えることはできません。

 

カラーバリエーションはブラック、ネイビーブルー、アイボリーの3色展開。ピンクとグリーンはグローバルモデルにはありません

 

装着感

とにかく軽いので、装着に違和感がありません。
一般的なスマートウォッチは、バンドを含まずに30-36グラム程度ですが、Mi Watch Liteはバンド込みで33グラムです。
この違いは結構大きく、ジョギングなどのアクティビティだけではなく、生活していても付けている事を忘れる程に軽量です。

 

スマートフォンにアプリをインストール

専用アプリをインストールすることで、スマートフォンからの操作・設定・管理が可能です。Android端末は「Xiaomi Wear」、iOS端末は「Xiaomi Wear Lit‪e‬ 」を使ってスマートフォンと同期します。
このアプリを使う事で、スマートフォンから文字盤(フェイス)を変更したり、アクティビティや移動ログの管理・詳細表示が可能となります。

フェイスは120種類以上

 

フェイスによっては、コンプリケーションの変更も可能です。
例えばアクティビティ系のフェイスであれば、消費カロリーや歩数、心拍数など、表示項目のカスタマイズが可能です。

 

デバイスの追加方法

アプリを起動したら「デバイス」から「+」をタップして端末を追加します▼

日本語のユーザーガイドが付いておらず、端末のメニューも英語表記です。
しかしながらアプリは日本語対応で、ヘルプも日本語で書かれています。

 

初回起動時には、端末のファームアップデートがありました▼

 

機能と使い方説明

シンプルですが多機能なスマートウォッチです。グローバルモデルはメニューが英語になっていますので、項目について一通り解説しておきます。

画面切替

フェイスをスワイプする事で、様々な機能を直接呼び出す事ができます。
操作方法は、スマートウォッチのスタンダードな方式となっています。使った事ある方はすぐに迷わず使えると思います。

  • 下:コントロールセンター表示
  • 左右:天気・心拍系・音楽リモコンがループ
  • 上:通知センターを表示

コントロールセンター・設定画面

コントロールセンターは下から引っ張り出す事で表示されます▼

  1. フラッシュライト(画面を懐中電灯かわりに)
  2. 腕を上げて画面をオン
  3. 画面ロック(ロック・解除)
  4. DNDモード切替
  5. 5分間画面をオン状態にする
  6. 設定表示

 

設定項目

設定画面(Settings)から設定できる項目について解説します

  • WatchFace:時計の盤面のデザインを変更
  • Brightness:画面の明るさをオートにする
  • DND:夜の時刻設定(通知やバイブがオフ)
  • Raise to wake:腕を持ち上げて画面オン設定
  • Heart Rate:心拍機能についての設定
    ・Heart Rate monitoring-心拍測定の間隔
    ・Heart Rate Aleat- 心拍数が高すぎる時の警告設定
  • Idle Aleat:スタンド設定(アイドル時間による立ち上がり)
    ・エコノミー症候群防止
  • Auto lock:画面が自動で消える時間設定
    ・Cover to sleep:画面を手で覆うと画面が消える
  • Vibration:バイブの強さ設定
  • Password:パスワード設定
    ・Wrist detection:腕に付けていない時に5分画面オン機能の無効化
  • System setting:電源オフ/再起動
  • Bluetooth:ブルートゥースペアリングのリセットなど

Raise to wake機能は、腕を持ち上げる、もしくは腕を回して画面がオンになります▼

 

通知センター設定

電話やLINEアプリなどの通知をMi Watch liteに転送する機能が実装されています。

Xiaomiのスマートウォッチは、「LINEの通知が届かない」という声を聞きますので設定を解説します。

スマートウォッチでXiaomi Wear(lite)アプリを開く。「アプリ通知」をタップし「アプリ通知」をオンにする。
アプリ一覧が表示されるので、LINEをオンにする▼他のアプリも、この項目からオンにする事で通知を受け取れるようになります

 

 

機能呼び出しボタン

右サイドのボタンは、ホームボタンと機能ランチャーを兼ねています。

ここから呼び出せる機能を解説します。

 

左上のランニングアイコンは、エクササイズの記録開始用。ランニングやエアロバイクなど、様々なエクササイズに対応しています▼

対応エクササイズ
屋外ランニング、トレッドミル、屋内サイクリング、屋内サイクリング、フリースタイル、ウォーキング、トレッキング、トレイルラン、プールスイミング、オープンウォータースイミング、クリケット

 

その他のアイコンは▼

  • アクティビティの・睡眠などの各種ログ
  • コンパス、気圧計、心拍計
  • アラーム、タイマー、ストップウォッチ機能
  • スマートフォンの音を鳴らして探す機能
  • 通知の表示
  • 深呼吸コーチング機能
  • 天気予報

バッテリーの持ち

バッテリーは、公称値では最長で 9日間とありますが、アクティビティでGPSを使用したりするとバッテリー消費が高くなります。
GPSを使ったアクティビティは、連続 10時間でバッテリーを使い切ってしまします。

GPSを使ったエクササイズ30分で、バッテリーが約5パーセント減る計算で使っています。
毎日30分のジョギング、ウォーキングに使用して、体感で平均 4-5日間は無充電で使用できるという印象。GPSを使わないのであれば、1週間はバッテリーが持つんじゃないかな。

 

アクティビティ、睡眠ログなどの機能の精度チェック

GPSトラッキング機能

Mi watch liteにはGPS機能が内蔵されているので、スマートフォンを持たずにジョギングやウォーキングのトラッキングを記録できます。

衛星測位システムには、GPS・AGPSはロシアの宇宙軍が運用する衛星測位システムGLONASS(グロナス)が搭載されています。

 

帰ってきてからアプリと同期すると、ピタッと道路に沿って綺麗に記録されていました▼

 

安いスマートウォッチだけではなく、メーカー製の数万円の機種でもブレる事があるので、この精度には驚きました。
雲が厚い日でも、精度はほぼ変わらずに記録できました。細い道を移動してみましたが、綺麗に色鉛筆でなぞったように記録されました。
店に入ってGPS電波が弱くなると、振動で知らせてくれます。

下画像は、某メーカー製の最新スマートウォッチ(約2万5千円)で記録したトラッキング▼

中央にある道を歩いていたのですが、10~15m近く誤差がありますね。

 

睡眠トラッカー機能

睡眠を記録するトラッカー機能の精度について調べてみました。

  • 合計睡眠時間:7時間 22分
  • 深い眠り: 1時間 28分

 

Apple Watchで定評のある睡眠ログアプリ「AutoSleep」での結果

  • 合計睡眠時間:7時間 15分
  • 深い眠り 1時間

2つの計測結果の誤差は、合計睡眠時間で 13分、深い眠り28分の違いがあります。起床時間は完全に同じですが、入眠時間のカウント開始に若干のズレがありますね。
深い睡眠に関しては 約1.5倍。大きく感じますが、個人的にはかなり精度が高いと思います。廉価なスマートウォッチでは、深い睡眠のデータ項目すら無い製品が多いです。

【深い睡眠について】
最近では眠りの質が大切とされており、特に「深い睡眠」の時間によって翌日のパフォーマンスに大きく差がでます。
私は、深い睡眠の時間がなかなか取れず、平均で15分、1時間以上とれる日は10日に1度しかありません。
酒量を減らして、ジムや家での筋トレ、半身浴、就寝前の飲食禁止、暴飲暴食禁止、太陽を浴びる、野菜を多めに食べる、など、色々と対策を取っています。
最近ようやく1時間~1時間半の深い睡眠が得られるようになりました。
例に示した日は良く眠れた日のログです。15分しかとれなかった日は、Miウォッチ側でも0~20分と記録されていました。
深い睡眠の測定方法は、各社独自のアルゴリズムで算出しているので、その日の深い睡眠の多寡が判定できれば良しと考えています。

 

まとめ・価格・販売サイト

ご紹介したとおり Mi Watch Lite は多機能、高性能で、画面が少し小さい点と英語メニュー以外に欠点らしい欠点が見つかりません。
エントリーモデルのスマートウォッチと比較するのが、申し訳ないほどに高パフォーマンスです。

睡眠、スタンド、歩数、消費カロリーなどのアクティビティ機能、ワークアウトの記録、音楽再生中のリモコン用途、LINEやアプリの通知など、スマートウォッチとしての機能は必要十分です。
また夜間は通知を表示しない機能や、パスワードによるロック機能(腕につけていない時)など、意外と見落とされがちな重要機能もしっかりと実装されています。

スマートウォッチの入門機としてだけではなく、スマートウォッチを使った事がある方でも、結局はアクティビティでしか使用しないのであれば、十分に検討対象になる機種だと思います。

LINEの通知が手元に届くのは便利

実は、エントリーモデルのスマートウォッチのレビュー依頼は、良い事が書けないのでお断りする事が多いです。しかしながらXiaomi製の端末は、手を抜かずに作り込まれているものが多いので、今回レビューをお受けしました。

ちなみに今回ご紹介したモデルは、グローバル版(国際版)ですが、Amazonの公式ショップでも日本語モデルはありません。グローバルモデル=日本向けモデルとなっています。

それでもアイコンでの操作がメインですし、通知は日本語に対応しています。慣れれば、英語メニューもサクサク操作できると思います。

Xiaomi Mi Watch Lite グローバル版の価格は 6,800円(税別)。
海外ECサイトの Gshopperでは、現在セール中で 送料無料で4,980円で購入可能です。

 

Xiaomi Mi Watch Lite
グローバル版(日本語対応)
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top