スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

感圧画面に進化した最強ゲーミングスマホ「XIAOMI BLACK SHARK 2」発売日・性能・カメラ・スペックレビュー

中国メーカー Xiaomi が出資した会社「Black Shark Technology(黒鲨科技)」から、ゲーミングスマートフォン『 Black Shark 2 』がリリースされました。

Black Shark 2は、Qualcomm 社の最新フラッグシップSoC 「Snapdragon 855」を搭載したハイエンド端末です。
今モデルからは、感圧式のディスプレイを採用しており、スマホの画面をアナログ・コントローラー風に操作する事を可能としたのが最大の特徴です。

更にブラックシャークシリーズ独自の「液体冷却システム」に特大の冷却プレートを追加しており、熱を持ったコアを最大14度下げる事を可能にしています。ゲーム中の電話やLINE通知などを無視する専用ゲームモードに加え、端末の状態をリアルタイム表示する「オーバーレイモード」が追加され、ゲームプレイに特化したゲーミングスマートホンが大幅に進化しています。

Black Shark 2 スペック

【Black Shark 2 仕様】

OS JoyUI
Android 8.1ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 855
GPU Adreno 640
ディスプレイ  6.39 インチ
2340 x 1080 Pixcels
AMOLED
RAM 6 GB / 8 GB / 12 GB
LPDDR4x
ROM 128 GB / 256 GB
UFS 2.1
カメラ フロント: 20.0MP
リア: 48.0MP + 13.0MP
microSD
スロット
なし
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 4,000 mAh
Quick Charge 4.0対応
対応バンド 3G  WCDMA:
B1 / B2 / B5 / B8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G  FDD-LTE:
B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 163.61 x 75.01 x 8.77(9.57) mm
 重量 205 g
その他 Beidou / GLONASS

筐体レビュー

2340 x 1080ドットの6.39インチの有機EL(AMOLED)ディスプレイ
アスペクト比19.5:9の縦長画面で、非ノッチスクリーン▼

周囲の光量に合わせて、明るさと色温度を自動的に調整するBlack Shark 2の「TrueViewディスプレイ」を採用▼

アンテナはX型にデザインされて埋め込まれています。旧モデルではX字部のみでしたが、2ではX部に加えサイドにもアンテナが配置されました▼

指紋認証はインディスプレイ(画面内)▼

インターフェイスにUSB-Cを採用。有線のイヤホンジャックはありません▼

カラーは「シャドーブラック」と「フローズンシルバー」の2色▼

内部性能レビュー

SoCにはクアルコムの新型高性能チップセット「Snapdragon 855」を搭載しています。スナドラ855は、GPUに独自コアの「Adreno 640」を採用しており、従来の845と比べゲーム性能が20%向上しました。また7nmプロセスとなったことで、演算性能が45%、AI性能が3倍向上しており、Antutuベンチマーク スコアは、約34万と言われています。他社の7nmフラッグシップ SoC(Kirin 980、Apple A12 Bionic)と比較しても、最高のパフォーマンスを発揮します。現在最高クラスのチップセットです。
メモリオプションは、(RAM / ROM)6GB / 128GB、8GB / 128GB 、12GB / 256GBの3つのバリエーションが用意されています。

OSはAndroid 8.1ベースの JoyUIとされていますが、Xiaomi独自OS「MIUI」がベースとなっているようです。バッテリー容量は4,000mAh。27W / 4.8A急速充電に対応しており、30分で最大60%充電することが可能です。

カメラ

カメラ構成は、メインにソニーのイメージセンサーIMX586 採用の4,800万画素(F1.75)レンズと、サブには2倍望遠カメラ1,300万画素(F2.2)のデュアルレンズ仕様。フロント(セルフィーカメラ)は、2200万画素を搭載しています。

搭載しているソニーの積層型CMOSセンサー「IMX586」は、1/2インチ4800万画素という超高解像の積層型CMOSセンサーで、スマートホンが苦手な望遠域・ズームを画素数で補う事ができてしまいます。

1/2インチに4800万もの画素が並ぶ 0.8μm画素ピッチなのでデジタルズームを掛けても被写体がクッキリ写ります。また写真解像度は 8,000 × 6,000ピクセル、4K 90fps、フルHD 240fpsの動画も撮影可能です。

ゲーミング機能

ダイナミックオーディオ

2つのノイズキャンセリングマイクが付いており、ゲーム内ボイスチャットをクリアに伝える事が可能です。また平均的なスマートフォンのスピーカーと比べ、最大25%の大音量に対応しています。
Black Shark 2の正面デュアルスピーカーは「Black SharkのAIテクノロジ」により、ゲーム、映画、音楽などのオーディオを自動的に検出して最適化します。

ゲーミングライト

Black Shark 2には、1680万色を超える色を生み出すデュアルRGBライトが付いています。このライトは、ゲーム内のエフェクトや音楽、ダンスと同期させ、ゲームやエンターテイメント没入型を深めます。

冷却システム


Black Shark 2には、液体冷却システムが導入されています。すべての主要部品をカバーする特大の冷却プレートにより、最大14°Cまでコアの温度を下げるとしています。

空冷ファンとヒートシンクを搭載した冷却専用のカバーも用意されていいます(別売り)▼

マスタータッチディスプレイ

Black Shark 2では、iPhoneの3D Touchと同様の感圧式のディスプレイを採用しています。この感圧ディスプレイの最大の特徴は、2点同時に操作する事が可能で、画面左右に置いた指を同時に感圧操作する事ができます。
この機能はゲームをプレイする時には、アナログコントローラーのような役目を持たせる事を可能とします。例えばFPSゲームでは、左側を十字キーとして操作しながら、右側でエイムを定め、左指を押し込むことで射撃といった操作することができます。

専用ケース, コントローラー

Black Shark 2には別売りのオプションパーツが用意されており、コントローラーを使ってのゲームプレイに対応しています。

コントローラーは「Black Shark Gaming pad 2」▼

Pro Kitには、コントローラーのほか、ケース(Black Shark Protective Case)が付属しています▼

外部画面プレイモード

付属のUSB Type-C → HDMIケーブルを使うことで、テレビや大型ディスプレイなどの画面に映し出してゲームをプレイすることができます。

操作は専用コントローラーを使います▼

その他ゲーム機能

車のエンジン音や銃の発射に合わせて振動するバイブレーション機能も搭載されています(対応ゲームのみ)

ゲーム中にゲームのセッティングドック機能が搭載されており、ゲーム専用のメニューバーを呼び出して通話拒否・通知などの独自設定が可能です。またフレームレートやシステム温度などのリアルタイムデータをオーバーレイ表示する機能も搭載されています。

対応バンド / SIM

Black Shark 2はDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

SIMカードスロットにMicroSDカードは挿せません▼

ドコモ:プラチナバンド4G帯の Band19に対応していません。山間部や郊外エリアでの使用は難しい地域がありますが、街中での使用では問題ありません。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。

AU:AUのSIMを挿しての使用は対応していません。

対応バンド:
3G  WCDMA:
B1 / B2 / B5 / B8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G  FDD-LTE:
B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41

まとめ / 価格

Black Sharkシリーズのゲーム機能には、電話やLINEの通知を無視できる「SHARK SPACEモード」が実装されています。またゲームを起動と同時にメモリーやキャッシュをクリアしますので、即時にゲーム環境が作り上げることができてしまいます。
考えうる限りの技術を詰め込んだハードに加え、ソフト面でもゲームを快適にプレイする事に特化した端末に仕上がっています。

「Black Shark」 と「Black Shark 2」の間には「Black Shark Helo」というモデルが発売されています。Amazonなどでは「Black Shark Helo」を2として販売している場合もあります。購入の際には注意して下さい。

「Black Shark 2」は既に中国国内では販売開始されています。価格は、6GB+128GBモデルが3199元(約5万3000円)。12GB+256GBモデルで4199元(約7万円)。海外ECサイトでもプリセールが開始されていますが、記事執筆現在チャイナモデルのみでグローバルモデルの発売は未定となっています。

【Etoren】Black Shark 2
【GearBest】Black Shark 2
【Geekbuying】Black Shark 2
【公式サイト】Black Shark 2

海外ECサイト各社から割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top