【レビュー】GoProがマウントできて撮影旅行に使えちゃう本格派!三脚・一脚と1台3役の『AGPtEK アルミ製Bluetoothセルカ棒』

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ガジェットショップの MamBate の方からレビュー用に商品提供いただきました 新製品の『AGPtEK Bluetoothアルミ合金 自撮り棒』をご紹介します。

こちらの製品はスマートホンはもちろん、GoProをマウントする事ができる自撮り棒です。また一脚・三脚としても使えますので、本格的な撮影旅行にも耐え得る万能ガジェットセットとなっています。

スポンサーリンク

AGPtEK Bluetooth 自撮り棒

●材質:アルミ合金
●重量:175g
●Bluetoothバージョン:3.0
●対応:iOS6.0以上/アンドロイド4.2.2以上
●バッテリー寿命:CR2032×1セル/10時間の作業で約6ヶ月
●使用距離:10メートル(30フィート)

【セット内容】
1×アルミ自撮り棒
1×Bluetoothシャッターリモコン
2×GoProアクセサリーアダプター
1×ハンドストラップ
2×リモコンバッテリー
1×日本語取扱説明書

取説は日本語対応▼

 

製品レビュー

本体には取っ手にクッション材が巻いてあるので、アルミの冷たさから手を護ってくれます。
また取り外しが可能なリモコンも付属しています▼

 

重さはリモコン・ハンドストラップを含めて約147g▼

 

電源、ズーム、インアウトカメラ切り替え、ビデオ撮影モード、シャッターボタンの多機能リモコン▼

 

三脚パーツは別に付属しています▼

この部分の重さは約168g▼

 

本体のみを伸ばすと約98cm▼

 

伸ばして反時計回りに捻ると棒部分が固定されます。

自撮り棒バージョン▼

 

三脚の脚パーツをネジで付けてみます▼

 

こんな感じで三脚として使え、リモコンを使う事で集合写真などを撮影する事も可能です▼※三脚を付けた状態で地上からレンズまでは約104cm。立派に三脚として使えます。

 

この自撮り棒はGoProのマウント用アイテムも付いているので撮影三脚として使えます▼

GoProのみならずコンデジも付ける事が可能です▼

 

GoPro風のアクションカメラをマウントした様子▼

三脚の下部にはゴムが付いているので一脚としても使えます。ただし長さが1m程度なので一脚として使う場合、机の上などに固定する事になると思います。

 

本体を付けずに三脚だけを使うとミニ三脚として使えます▼

 

多機能リモコンは、そのままではシャッターのみしか働きません。全ての機能を使いたい時には専用のカメラアプリをインストールする必要があります▼

 

まとめ

こちらの自撮り棒は三脚として高さ1mまで伸びますので、かなり本格的な撮影用途にも使えそうです。このガジェットはセルカ棒というよりは、コンパクト撮影セットとも呼べる便利な撮影支援製品だと思います。三脚として使う事が多い撮影旅行などでは、最初から本体に三脚脚パーツを装着した状態でザックやカバンに入れて出掛けても良いかもしれません。

つなげた状態で約42cmでした▼

【Amazon】

今回はメーカーの方から割引クーポンを発行して頂いております
クーポンコード: BVVVAN9L
割引:10%OFFオフ
有効期限:11月29日~12月6日まで

【楽天市場】

楽天スーパーSALE
自撮棒特典限定:2999円*0.89%=2669円 -100円(クーポン) =2569円
+ポイント*5倍
ここから1,500円(税込)以上のお買い物に使える100円OFFクーポンをゲット

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【レビュー】GoProがマウントできて撮影旅行に使えちゃう本格派!三脚・一脚と1台3役の『AGPtEK

 - ガジェット/端末レビュー ,