スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

「Snapdragon 8150」搭載!折り畳みスマートホン「Royole FlexPai(RY1201)」発売日・価格・性能・スペックレビュー

中国のガジェットメーカー Royole より変形するAndroid端末『 Royole FlexPai (RY1201)が発売されました。

Royole FlexPai は、折りたたみ式のフレキシブルディスプレイを備えた世界で初めての折り畳み式スマートフォンです。
今まで散々、AppleやSony ,サムソンの新端末に採用されると言われ続けて来ましたが、中国の小さい会社から発売されたのには驚きです。

端末のスペックをレビューしてみます。

スポンサーリンク

Royole FlexPai スペック

【Royole FlexPai 仕様】

OS Water OS
Android 9 (Pie)ベース
SoC Qualcomm
Snapdragon 8150
2.8 GHz
RAM 6 GB / 8 GB
ROM 128 GB / 256 GB / 512 GB
MicroSD 最大 256 GB
ディスプレイ 7.8インチ
1920 x 1440 pixels
(展開モード時)
AMOLED
カメラ フロント:16 MP + 12 MP
認証形式 指紋
Wi-Fi 対応(ac不明)
Bluetooth 5.1
インターフェイス USB-C
バッテリー 3,800 mAh
対応バンド CDMA:
BC0
3G: WCDMA:
B1/B2/B5/B8
TDSCDMA:
B34/B39
CDMA: BC0
4G: FDD-TLE:
B1/B3/B4/B7/B8/B12
TDD-TLE:
B34/B38/B39/B40/B41
サイズ 190.35 x 134 x 7.6 mm
重さ 320 g
その他 BEIDOU

筐体レビュー

ディスプレイは開いた常態で7.8インチ( 1920 x 1440 pixels )の有機EL画面▼

畳んだ時の画面サイズは明記されていません。畳んだ時の糊しろやベゼル幅があるので、かなり小さそうです。

畳んだ常態で両画面が使えるようですが、どこを握って操作するか不思議です。
折り畳むとシステム手帳のような形になります▼※ アスペクト比は4:3、16:9、18:9としていますが、どの画面がどのアス比かは不明です

Royoleの「第2世代超薄型フルフレキシブルディスプレイ」で耐久性と柔軟性を兼ね備えているとしています。Royole社では液晶ディスプレイを貼り付けた洋服などを販売している会社で、フレキシブルディスプレイが得意分野のようです。

画面は20万回以上の折り曲げテストに合格しています▼

背面は何も配置されておらずツルツルの常態です。背面画像が公開されていないので、公式動画よりキャプチャーしました。

指紋認証に対応とありますが見当たりませんでした。端末側面にあるのかもしれません?

折りたたんだ時の本の背表紙的な位置のディスプレイには、エッジスクリーン通知機能が搭載されています。
エッジスクリーンの解像度は390 x 1440、アスペクト比は21:6。ここには着信、メッセージ、電子メールが受信が通知されます。
他のアプリ操作を中断することなく作業ができます。

内部スペック

公式ページ上では搭載されるSoCに関して「Snapdragon 8シリーズ」とのみ公表されていました。しかしながらGeekbenchによると「Snapdragon 8150」搭載とされていました。「Snapdragon 8150」は、できたてホヤホヤの Qualcommの次世代フラッグシップSoCで、現行モデルの「Snapdragon 845」から飛躍的に処理能力が上がっています。
この最新SoCを1番乗りで搭載したハイエンドモデルと言うことでも話題になりそうです。

カメラ性能

カメラの部品構成は、ディスプレイ上に20MP望遠カメラ16MP広角カメラのデュアルレンズ仕様。折り畳んで使うのでフロントもリアも関係ないのでしょう。1箇所のみです。デュアルビューカメラモードという機能が搭載されており、端末の常態に関係なく撮影したセルフィー写真を見る事ができます。ここが良く判らないのですが、折り畳んだ常態でリアカメラのような使い方はできないのでしょうか?

まとめ / 価格 /発売日

折り畳んでコンパクトになるスマートホンというより、ポケットに入れて持ち運べるタブレットと言った方がピッタリ来る端末ですね。
ただしハンドオンした方の評価を見ると「世界で一番乗りをゲットするためだけに造られた端末で、デザイン(造り)は非常に粗い」としています。
一流メーカーならプロトタイプとして扱うような製品を、無理やり発売しているという印象を受けました。

発売日は2018年10月30日で、公式サイト上では既にプリセールが開始されています。価格は128GBモデルが$1,588(約17万9000円)、 256GBモデルが$1,759(約19万9000円)、512GBモデルは未発売となっています。

公式サイト:Royole Flexpai

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top